タグ:日本一周 ( 110 ) タグの人気記事

日本一周&キャンプツーリング 持ち物編 その2  

2010 3/7 投稿   前回 からの続きです。


キャンプツーリングのすゝめ。

(あと数カ月で…)夏だ一番!キャンプツーリング祭り!!
ってことで。

ツーリング好きならば、一度はやってみたい"キャンプツーリング"

例に漏れず、ワタクシもやったことありませんでした。
(日本一周が初めてのキャンプツーリングでした)

いつかはやってみたいなあ~、今年こそはっ!と、毎年思い続けて、
結局やらず終いだったのを思い出します。でも、やってみると意外とカンタン・快適。
遠出も出来るし、何より楽しい!これに尽きます。

ってなわけで日本一周時に使用してきた装備品をまとめてみました。
キャンプツーリングを始める方の参考になればと思います。
※本格的な装備等を求める方には何の役にも立ちません。
 手軽に揃えられる物ばかりです


僕はほとんどの用品をナチュラム 楽天市場支店(楽天AF)にて揃えました。
今回紹介する物の他にも様々なグッズを扱っているので、大抵のものはここで揃うかと。

今回は、最も基本的な"衣・食・住"の「住」をメインに。



テント・・・自立式ツーリングテント。
e0183804_1265931.jpg


まずはテント。キャンプに欠かせないアイテムですね。

夏場などは無くてもどうにかなりますが、蚊が多かったり雨が降ったりしたら大変。

最近は小さくて設営・撤収も簡単なものが安く手に入ります。

ソロツーリングテントは大体が自立式(ペグ無しでも立つ)。
不安定な場合はペグを打つことも可能。
ポールは"三節棍"の様に、伸ばして使う。収納時はとってもコンパクト。
e0183804_744578.jpg



僕が購入したのはこちらのテント。

ツーリングテントだけあって、収納時はそこそこコンパクト!
あと、充分な機能なのにとにかく安い!!

キャンプツーリング、特にカブの様な小さいバイクで実行する場合は、畳んだ時の大きさがポイントになってきます。よく言われるのが"実際の使用人数+1人分の大きさ"というもの。1人で使うならば、2人用の物を選びましょう、って事なんですが、そこは期間や持ち込む荷物によって違うので何とも言えません。このテントは2人用ですね。自分が横になる分と持ち込むべき荷物(貴重品とか衣服とか)の分。このスペースが確保出来れば良いです。



e0183804_7461177.jpg僕は、アルミのツールケース
(充電器や洗面用具入れ)と、
小さなショルダー
(財布・ケータイ・デジカメ)
ギターと上着を中に入れて
眠っていました。

※中央に転がってんのは
死体じゃないよ。
僕です



それでも充分なスペースを確保出来るし、また、荷物はテントの四隅や端を押さえて
風や寝返りでテントが動かないようにする重石としても使えます。
ペグが打てない場所ではとても有効です。

収納時は 横40×縦16×高16(cm)と、そこそこコンパクト。
タンデムシート部分にゴムロープでくくりつけて走っていました。

e0183804_74645100.jpg


インナーは、天井部分にメッシュが有り、空気もこもりません。
出入口は両辺に付いていて二重です(内側はメッシュ。暑い時は開けて使用)
寒い日や雨の時は、付属の"フライシート"を被せて使います。
e0183804_1265931.jpg
福島県、山間部の冷え込み。フライを装着


完全に遮断してしまうのも少し不安なので、ちょっとだけ入り口を開けておくと
安心かも(もちろんメッシュは閉めてね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考:ツーリングテントいろいろ

e0183804_7473376.jpge0183804_7475535.jpg

  老舗:モンベル ムーンライト             収納時の形状が微妙な ポップアップテント





楽天市場などを見るだけでも、価格の違いや種類の多さに驚きます。



寝袋/シュラフ
e0183804_852147.jpg
封筒型・マミー型の2種類がメイン。


肩口まで覆われる"マミー型"の方が保温に優れているというのが一般的な意見です。
最近のものは両タイプとも"掛け布団"の様に、平面に開いて使うことができます。
また、"高級品"として、「ダウン素材」のシュラフもあります。
湿気に弱いとの事ですが、保温性は抜群で何より収納時はとても小さくなります。
(袋にクシャクシャーっと入れて終わり。めちゃコンパクトだった)
ちなみに普通の素材では、クルクル巻いて収納。意外とでかい。(上の方の画像参照)

これを衣類用の圧縮袋に入れればもう少し小さくなります。雨にも濡れないし(湿気などには注意)
さらにオプションとして"シュラフカバー"や"エアピロー(枕)"等もあり、
こだわりや季節、必要に応じて準備しましょう。
僕は安い封筒型(800円くらい?)のみで敢行しましたが
特に寝苦しさや不便を感じませんでした。(秋口からは流石に寒いです)
春夏秋用の"スリーシーズン"から雪山でも使えるものまで色々有ります。

冬以外で、ちょっと使うぐらいなら安い物で充分、というのが僕の感想。


ロゴス(LOGOS) 丸洗いアリーバ...

ロゴス(LOGOS) 丸洗いアリーバ...
価格:3,780円(税込、送料別)





銀マット

表面がアルミでコーティングされた銀色のウレタンマットです。
シュラフの下に設置し、敷布団の役割を果たします。保温効果もアリ。
地面がゴツゴツしていても快適に眠れます。

また、テントを設営しない時(道の駅などのベンチや地面で寝る時)には
これがとっても役に立ちます。(裏表は状況によってテキトーに使い分けてました)

e0183804_293442.jpg
テントを設営しない例。ネコは別売りです。



アルミ ロール マット M BD-341 【関連ワード】 アルミマット ロールマット アルミロールマット レジャーシート クッション 断熱 アルミシート、アルミマット、...

アルミ ロール マット M BD-341...
価格:880円(税込、送料別)

ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・シ...

ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・シ...
価格:2,980円(税込、送料別)

ヨガマットや、エアーベッドタイプのマットも人気です。僕は数百円の物を使用していましたが、とても快適でした。エアータイプはお値段が数千円~1万超えと、割高で"パンク"の危険も有ります。しかし、収納時は非常にコンパクトで、寝心地もかなりのものです。銀マットタイプは、コンパクトには出来ませんが、その分安くて荒く使っても大丈夫。ただし、あまりにペラペラな物を買うと寝心地がイマイチ。



大きさは、自分の体格に合わせて!。脚を伸ばしても余裕があるサイズかな?
僕は175cmなのですが、縦180cm×横60cm物でずいぶん余裕があります。

また、自分の腰くらいの長さのところで切断して使うという方もいました。
脚の分は無くてもいいや、という方・荷物を減らしたい方はアリかも。

e0183804_1311532.jpg
サイドにくくりつけた銀マット

ぐるぐる巻にするタイプだけではなく、折り畳むタイプもあります。




レジャーシート

地面が湿っている時やほこりっぽい時に活躍。ちょっと座りたい時なんかにも便利。
テントの下に敷いたりも出来ます。
(テント専用のグラウンドシートという商品も有ります)

眩しい時はカーテン替わりにしたり、"微妙に涼しいい夜"なんかは、この様に・・・。

e0183804_892954.jpg


付属のフライシートを装着するのが面倒な時にも使えますね。
薄くて邪魔にならないので、おすすめです。
簡易的なバイクシートの代わりにもなります。

e0183804_810167.jpg
近所のホームセンターで500円でした




照明器具
e0183804_810449.jpg
ヘッドライトとランタン


テーブルランタンは、暗い中での食事や目印に使えます。
テントの上部にはリングが付いているので、そこに引っ掛ければシーリングライトに早変わり。
リモコン付きや薄型の物もあります。
e0183804_8124964.jpg
これは、電池式のLEDです。


※ランタンは荷物の関係上、北海道にいた時に送り返してしまいました。

ガスやオイル式の物は、手間も掛かるし火災も心配ですが、
大自然の中でゆらゆらする「本物の炎」は、やはり良いものです。

ヘッドライトは、両手が自由になるのでとっても便利。
日が暮れてからのテント設営や自炊の際に不可欠でした。
トイレや炊事場に照明が無いことも多いので、是非持って行きたい装備。キャンプ場を使わない野宿ならばなおさら。


マルシン漁具(Marushin) ...

マルシン漁具(Marushin) ...
価格:980円(税込、送料別)

BUNDOK(バンドック) LEDヘッド...

BUNDOK(バンドック) LEDヘッド...
価格:580円(税込、送料別)





これだけ有ればそれなりに快適な夜を過ごせるかと思います。
宿泊場所が、キャンプ場なのか、道の駅等なのか、東屋なのか、森の中なのか、
それぞれ場所や積載量と相談して決めてゆきましょう。


■前回 その1 もご参照願います。
[PR]

by t-r-cub | 2010-01-11 07:35

日本一周&キャンプツーリング 持ち物編 その1  

実家から帰って今の今まで風邪で寝込んでおります。
その隙に、以前更新し忘れた持ち物編をUPしようかと。

(ウェスの上で撮ったのでちょっと見た目が悪いのですが)

日本一周をしようというかた。
キャンプツーリングをしようというかた。
アウトドア用品をお探しのかた。


上記に当てはまり、かつこのブログにヒットしたという稀有なお方にのみ役立つ記事ですが。。。

今回は衣食住のうちを一部紹介いたします。
※僕はナチュラム 楽天市場支店(楽天AF)で全て調達しました。
キャンプ・アウトドア用品がなんでも揃う(と言っても過言ではない)お店です。



・調理器具

e0183804_975096.jpg


バーナー(ストーブ)…小型のガスコンロみたいなもんです。
カセットコンロ用ガスタイプ、専用ガスタイプ、ガソリン式、固形燃料、多種多様です!

イワタニ カセットガスジュニアバーナー2という、小型のバーナーを使っていました。最大のメリットは家庭用のカセットコンロのガスボンベが使用できるという点でしょうか。非常にコンパクトですが、お湯を沸かしたり、お米を炊いたり、網焼きを楽しんだり、小さなフライパンで炒めものをしたり、と、何の苦もなくこなしてくれました。
またガスボンベがコンビニや百均でも調達できるというのも大きなメリットです。使い方にもよりますが、普通サイズのガスボンベなら朝晩使用しても1週間くらいは軽くもつのではないでしょうか。

しかし・・・アウトドア用のバーナーに関しては、左の商品のようなアウトドア専用のガスを使うタイプが主流です。僕が旅の最中で見かけたのは圧倒的に左のタイプでした。スノーピークやコールマンといったメーカーが代表的でしょうか。
このタイプの利点としてボンベ自体が安定した脚となっている事、また、火力も強くて広範囲に熱を伝えられる事なども挙げられます。デメリットは入手のしづらさと大きさでしょうか。このガスは大型のホームセンターやアウトドア用品店等でしか見かけた事がありません。旅慣れていないうちは特に残量に気を配っておく事が大切です。


中華鍋を振るう予定でもなければ、どんなに小さなバーナーでも事足りるかと思います。
予算や積載スペースと相談しながら!!



コッヘル・・・小さなお鍋の事です。
食器代わりにもなるし上記のストーブと共に自炊派には欠かせないアイテムと言えます。
安いアルミ製から高価なステンレスやチタンまで。熱の伝導率や耐久性、コゲ付きにくさ等、素材によって様々な特徴があるようです。アルミは最も安価で手に入る物です。僕が使っているのもアルミのセットの安物ですが、とくに焦げ付きも少なく、耐久性も充分でした。安いのでガシガシ使えるのも利点(笑)
炊飯・湯沸し・湯煎・コップの代替・煮込みに炒めものにと、万能なヤツです。重ねて収納できるので限られた荷物しか積めないバイク旅でも、持っておいて損は無いはずです。最近はチタン製も随分と安くなり始めたので是非お好みの素材でコッヘルデビューを!


その他 こまごましたもの

計量カップ・・・炊飯時に使用、まあ実際はほぼ目分量でしたが。無くてもおk。

・・・無くても問題ないのですが、実はコレ、非常に便利です。百均の物ですが。
コンビニのパンも、軽く焼けば格段に美味しくなります。■ホタテも焼けます
その他、スルメやらウインナーやら、何でも焼きました。小さめの物がオススメです。


e0183804_9372479.jpg折りたたむとここまでコンパクト!
スペースに余裕がある場合なんかは、
家庭用のカセットコンロや普段使っている
普通の鍋やらフライパンや各種食器を
使えますがバイクや自転車や徒歩旅行、
車中泊でも荷物を減らしたい場合なんかは
上記のようにコンパクトなアウトドアアイテムが
いろいろな局面で役に立つはずです。





・調理器具 2
e0183804_1074821.jpg


耐熱グローブ・・・火を扱う場合は持って行くとかなり役立ちます。
軍手でも代用可能でしょうが、かなり熱い思いをしますし、タオルとかだと不安定で危険です。
熱いコッヘルを持ったりバーナーを動かしたり、そんな時にはこの耐熱グローブを!
ホームセンターとかで数百円です。世界が変わります(いや、ホントに!!)
ロゴス(LOGOS) 耐熱レザーグローブ(ナチュラム:楽天AF)

包丁・・・安くて小さなフィッシングナイフを代用しています。
果物を向いたり食材を切ったりする機会がある場合は必携でしょうか。
ベルモント(Belmont) フィッシング小出刃包丁(ナチュラム:楽天AF)

まな板・・・紙パックを切り開いてたたんだ物の裏側を使用。
昔ながらのキャンパーの知恵ですね~。汚れも付かないし、邪魔にならない。

水筒・・・ペットボトルを代用するのが便利です。捨てられるし。
水は可能な時に必ず補給しましょう(けっこうタイミングが無かったりします)
600ccのシグボトルを持って行ったのですが、結局使いませんでした。
ホットドリンクのペットボトルならば、沸かしたお茶やコーヒーも可。
■キャプテンスタッグ 水筒 CS+アルミボトル 600 マットブラック(ナチュラム:楽天AF)




食器類

e0183804_109344.jpg


余裕があれば欲しいけど・・・
多くの人はコッヘルから直接食べていました。僕も同じです。なくても何とかなるレベルですね。(あれば便利、って程度)スプーン・フォーク・ナイフもセットになっていましたが実は出番はありませんでした。お箸が大活躍なのでした。カトラリー(フォークとかスプーンとか)がひとまとめになっているアイテムや非常にコンパクトな食器セットも多いので、ファミリーや複数人でキャンプされる場合は必需品です(人数分)


e0183804_109205.jpgコンパクトに収納できました。
子ども会とかのキャンプでお馴染みだった
黄色い袋に入った樹脂製のプレートです。
実際はカレーの時に使ったくらいでしたが、
このセットの懐かしさが気に入っています。



割り箸はかなり便利です。溶けないし・・・。
しっかりとしたカトラリーがあっても、割り箸だけは数本でもいいので携行しましょう。

シャモジは必携と言えます(経験上、本当に便利です!)
コッヘルの炊飯では、どうしてもご飯が底にこびり付いてしまいます。
スプーンでは金属の嫌な味を誘発してしまうし、割り箸ではなかなか取れない。
食べ物を残したり雑に扱うのが嫌いなので、シャモジで綺麗によそっていました。
炒め物や、洗い物の際にも活躍します。(炊飯や炒め物をするなら・・・ね)





基本食料編
e0183804_15384674.jpg


は基本です。水の確保が難しい旅でしたので無洗米です。
袋に小分けしている方、ペットボトルに詰めている方、
専用のパッケージを持っている方と、様々でしたが、
僕は百均のパスタ入れでした。防水もカンペキ!!
また、一度洗ったお米を完全に乾かしてから詰めれば無洗米と同じように使えます。

調味料とかそういうの。
小さな醤油、塩コショウ、マヨネーズ、ふりかけ。
コンソメや小分けの味噌なんかあると広がります。

インスタント食品・乾麺・缶詰など
これらはある意味で必需品でした。緊急時の食料(非常食)として必ず準備を!ってレベルで。
体調不良や疲労感から自炊する気力が残っていない日、野営地で台風や突然の雨に襲われた夜
ファミレスもコンビニもスーパーも商店も全く無い場所、などなど活躍の場は意外とあるもんです。
ちなみに外で食べる袋ラーメンはかなりいける。鯖缶やパスタ、レトルトカレーもオススメ。

野菜や肉、魚介類などの生鮮食品は現地調達が基本&理想です。
栄養バランスを考え、必要な時に必要な物を買い足していくのが賢い方法かも。




カブの後ボックスに積んでいた食品関係はこんなもんです。
こんだけあれば日本一周くらい余裕だってことになるでしょうか(外食すりゃもっと減らせますが)

キャンプツーリングならば、地元のお店やファミレス等で済ます方も多いはず。
その時は、食材やら調理器具やら、上記の物は一切必要ありません。
また、僕自身、"絶対的に自炊の方が楽しい・素晴らしい"とは思いません。

積載出来る荷物にも限度がありますし、手間も掛かります。
自分はもともと料理が好きなので苦になりませんが、
それでも「料理がメンドイ」という状況は幾らでもありましたし。

"旅のどこに重きを置くか"で、必要な物も変わってきます。
お湯が沸くだけで楽しい人もいれば、薪や炭を使わないとキャンプじゃねーよという人、
本格的な装備を求める人もいれば、如何に簡素化するか、という人もいるわけで。

地元のお店はもちろん、ファミレスでもコンビニでも良いと思っています。

私の場合は「とにかくコンパクトに、最低限で」臨んだ日本一周ですが、
こだわる方はとことんこだわって装備を整えればいいし、
面倒に思う方は外食で済ませれば良い話です。

こんなもんです、好きな事なので好きな様にやるべきですから。

※その他必要な物がある方や、興味の湧いた方はナチュラム 楽天市場支店(楽天AF)
あたりをご覧ください。見ているだけでキャンプツーリングがしたくなります。




続く かも・・・■その2 続きました!!
[PR]

by t-r-cub | 2010-01-10 10:14 | Trackback | Comments(2)

旅にギター       

日本一周の際、後半からは小さなギターを積んで走っていた。

e0183804_25334.jpg


MAKWAY(マクウェイ??)という謎のメーカーのアコースティックギターです。
お茶の水で6~7千円、新品でソフトケースも付く激安品です。
おまけでピックなんかもつけてもらって。。。

値段に反して、音はとてもよく、膨らみ・奥行きのあるサウンドです。
ボディは小型化され、ネック(指でおさえる長いところね)は
普通のギターよりちょっと短めの580mmと、扱いやすいサイズです。

よくあるオモチャにもならんミニギターとは違います。

e0183804_1611363.jpg

(MAKWAY FG-20/YW)

旅をする多くの方は"音楽"を持ち歩いていました。
今は i-podに代表される小型プレーヤも廉価になってきましたし、
充電式や電池駆動のアクティブスピーカーもたくさん出回っています。

平素から自室や移動中に音楽を聴いたりしない僕ですらMP3プレーヤを
持ち出していましたし。"音楽ずき"ならなおさらでしょう。

しかし、普段ギターを手にしない日がないので旅の最中にも
弾きたくなってしまうものです。と、言うわけで購入に至ったのです。


旅をする方、楽器を携帯することはかなりのおすすめですよ。

ギターは割とかさばりますが、吹奏系の楽器、例えば・・・我が家にある物なら
ティンホイッスルやハーモニカ、他にもオカリナ、ケーナ(吹ければね)
などなど、持ち運びやすいものはたくさんあります。
(エレキだからギターベースキーボードは厳しいわな)

満天の星空のもと、あるいは月明かりに手元を探りながら
楽器を鳴らすのは本当に気分がいいものです。

★楽天市場で「ミニギター」をさがす★

旅行や出張、ちょっとしたお出かけにはもちろん、
ツーリングやキャンプなどアウトドアのお供に!
カブにだって積めました!ミニギターはオススメですよー
[PR]

by t-r-cub | 2009-12-10 00:15

アドレスの .fr が羨ましいぞ   

フランス人のバックパッカー、Mathieuから写真を頂きました。

e0183804_2291050.jpg

(Mathieu:マチュ おフランスから来た生粋の旅人。
 Toulouse在住で、帰国後もアメリカ・オーストラリアと世界をうろついている!)

男鹿半島で出会った時の記事は ■こちら 7/28 in Oga Peninsula ■click





(メールで送ってくれました)

e0183804_10334717.jpg



e0183804_1034234.jpg

(川原のDIOに乗って)

e0183804_10344331.jpg

(大玉さんはこの日何度も轢かれてくれました。
 素敵な轢死職人です)

Mathieuは男鹿半島で出会ったナイスガイです。

帰国後、アメリカを車で旅をし、今はフランスに戻っていますが、

来年からニュージーランドを旅するそうです。

うらやましいやつめ!!!


僕も次は海外進出してみるか。
[PR]

by t-r-cub | 2009-12-10 00:00 | Trackback | Comments(3)

日本一周の燃費とか     

スーパーカブは、とにかくよく走る。実際、走った。

カブは、日本一周をするならば極々オーソドックスというか
定番というか、最も分かりやすいバイクです。

燃費はだいたい 50~60km/l くらいをキープ。
ガソリンスタンド泣かせの走りっぷり。

というわけで、日本一周中の給油データをupいたしました。
(綺麗に表示出来なかったので別ページに置いてあります。)

記録ミスも幾つか有りますが、気にしないで下さい。
2回分の給油がまとまっていたり、ガソリン缶の分も
分けていなかったりと、手抜きが多いです。

■■燃費一覧表■■

カブってこんな走るんだ~と、イメージしていただければ。
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-30 17:48 | Trackback

帰宅して・・・   

と、言うわけで少しずつですが旅のまとめをしていきたいと思います。


総走行距離
18138.9 km

全給油量
303.47 L

給油回数
88回(プラスα:記録ミスとか)

平均燃費
60.27 L/km


改めて、燃費データをまとめました。

■コチラ■


結論:カブはよく走る!



とりあえず、サイドバッグやらボックスやらを外し、ノーマルに戻しました。

e0183804_520112.jpg


すべてを外して走行してみると、軽すぎて逆に怖い。

e0183804_5201538.jpg

e0183804_5202868.jpg


4ヶ月、フル積載でしたので、ギャップに慣れるまでもう少しかかりそうです。

e0183804_5204610.jpg


もうこのバイクに「日本一周」の文字はありません。
なんだかさみしい感じもしますね。


頑張った自分へのご褒美(笑)
e0183804_521146.jpg
スイーツ(笑)

友人と焼肉に行ってきました。

そういえば、練馬に到着した日、水道が止められていました。
これは水道管の劣化により、うちのパイプから水が漏れるという理由でした。
翌日、約2時間の工事を経て復旧しましたが、
わかってるならさっさと直しておいてくれよ、管理会社。。。
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-29 00:00

カブ90で日本一周 11月27日 (114日目) その② 望郷編   

いよいよ東京都です!!

e0183804_19432013.jpg


八王子や日野を通過すると、

e0183804_19434132.jpg


青看板にも"新宿"の文字が!!


目にした瞬間、こみ上げてくるものがありました。

都会。

明るい道が延々と続く。


そしてついに。



練馬到着!!

e0183804_1944222.jpg



気が抜けたせいか、透けてます、僕が。

e0183804_19442664.jpg




何はともあれ、

日本一周、達成!


e0183804_19444770.jpg


思うところは後日まとめるとして、

色々と、よくやった。と思う。

まだまだ楽しみは続きます。


やったー!!


今日の走行距離 282.4km

総走行距離・・・日本一周全行程
18138.9km
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-27 23:53 | Comments(8)

カブ90で日本一周 11月27日 (114日目) その① 佐久~富士五湖編  

快晴続きが怖くなるほど。信州甲信越という寒さの厳しい土地において、
日が照るということがどれほどありがたいか。


e0183804_1963383.jpg
うっすら雪化粧の山々。



まずは141号を使って南下。甲府方面に向かいます。

e0183804_1965140.jpg

美人どころか、人がいません。歩行者ゼロ、たまに犬。

小海町→南相木村→南牧村→野辺山高原。
e0183804_199825.jpg


カブで野辺山に来るのは3度目です。
過去にも3年前リトルカブで1度、2年前に今のカブで1度。

夏でもひんやりする避暑地ですので、体も冷えてきます。
JR最高地点だけあります。

e0183804_1994840.jpg


なのに、、、どうしても食べなきゃならぬソフトクリームがありまして。
141号沿いにある"のぞいてIN"というドライブイン。

e0183804_19101670.jpg



===== 以下、お下品 注意 =====



ク・ソフト・・・。
e0183804_19111886.jpg


と、まあ、お下品なものなんですが実物はもっとアレですね。
e0183804_1911469.jpg


食べ終わった後の容器が最も下品です。
===注意 見ないほうが身のためですよ===
e0183804_1912940.jpg

e0183804_19133964.jpg


ちなみに、フィギュアスケートの安藤美樹選手もいらしたようです。
e0183804_19122776.jpg


昔と比べて巻き方やスナックが変わっていますね。
こっそりバージョンアップしているようです。

以前は「ク・ソフトにまつわるエトセトラ」というク・ソフト通信なるものを
もらえたのですが、なくなったのかな・・・?

さて・・・・・・

まあ、そんなこんなで山梨県に入り、甲府駅です。

特になにかあるわけではないので武田信玄と。
e0183804_1913850.jpg


富士山が良く見えます。
e0183804_1914357.jpg


2年間にも敢行した「富士五湖制覇ツーリング」ですが、
今回もついでに寄っておきましょうか。
e0183804_1916594.jpg


精進湖(しょうじこ)
e0183804_19162590.jpg


少し静岡方面へ行き、本栖湖(もとすこ)
e0183804_19172770.jpg

e0183804_19174012.jpg

よってけし!寄ったし!写真撮ったし!!

上九一色村です。
e0183804_19322914.jpg



西湖(さいこ)
e0183804_19194954.jpg


河口湖(かわぐちこ)
e0183804_1920510.jpg


山中湖(やまなかこ)
e0183804_19202635.jpg

暗くて何も写りませんでした。案内板で勘弁してね。

いつの間にか真っ暗になっていますね。


途中の富士急ハイランド。行ってみたい。。。
e0183804_19221077.jpg


この後は413から道志村(どうしむら)に入り神奈川をかすめ、
いよいよ東京都へ!!


続く
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-27 19:33

カブ90で日本一周 11月26日 ( 113日目 )  

今日も快晴、空気は冷たいが。それでも陽の暖かさを感じられる。

まずは松本駅
e0183804_7585888.jpg

e0183804_7592371.jpg

e0183804_7593627.jpg

池袋の西口を思い出させるような街。


約80km程東京から遠ざかってしまいますが、
松本市から北上して長野市に向かいます。

国道沿いは割りと栄えているけれど、常にアルプスの山々が
目に入る、走っていて楽しい、きれいな国道。

道の駅で御焼きを食べました、いささか硬すぎました。
e0183804_7595520.jpg


途中のローソンでホッカイロをいただきました。

長野駅
e0183804_801228.jpg

e0183804_802236.jpg

どことなく上品なたたずまい。

目的地の善光寺
e0183804_804063.jpg


大きい、思ったより大きいぞ善光寺!!

e0183804_805763.jpg


e0183804_81158.jpg



ど派手な缶に入った唐辛子を買います。
e0183804_813331.jpg

             (参考画像)

我が家はもう5年位、この八幡屋磯五郎の唐辛子です。
香りがとてもよく、見た目もかっこいいので。

再び南下し、佐久市まで下りました。

あー地方だなあ。。。カマキリハンドルを、絞って上げてありますよ。
e0183804_82980.jpg


可愛いもんです、地元の中高生も。


上山田温泉にて入浴し、明日:最終日に備えます。
e0183804_822575.jpg

ブレまくり



本日の走行距離 151.2km

総走行距離   17856.5km
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-26 07:34

カブ90で日本一周 11月25日 (112日目)  

快晴 058.gif 久しぶりに暑いくらいの太陽光を浴びて出発。
まずは高岡駅に向かいます。

e0183804_7192018.jpg



実は2~3日前からチェーンが完全に伸びきってしまい、
ケースからカランカランと音が出ていたのです。
調べてみると完全に伸びて、チェーンがケースに
置いてあるような有様

エンジンオイルもすっからかんの一歩手前。
能登半島ではバイク屋を見つけられなかったので、
都市部である高岡駅の近くでバイク屋さんを探しました。
e0183804_7194626.jpg


オイルもチェーンも空気圧も万全な状態にしていただき、
Myカブ・鹿の子号(かのこごう)もご機嫌です。

「使いかけだけど良かったら持ってって」
と、チェーンルブまで頂き、再出発です。


今日は白川郷を通って高山を目標に走ります。

にしてもいい天気、空模様も夏を思い出させる。
e0183804_720814.jpg


砺波市(となみ)から南砺市(なんと)に。
このあたりから、先のような都会っぽさは消え、山村に変わります。

五箇山(ごかやま)に。

「合掌造り 村落」 の看板を発見!!気になって行ってみます。
駐車料金というより、保全の為の協力金100円を払い、いざ村落へ!!

e0183804_7204723.jpg


うわーーーーー。

e0183804_721244.jpg


これは素晴らしい!!

e0183804_7212411.jpg


白川郷だけじゃなかったんですね、合掌造り。
五箇の合掌造りは、白川郷とともに世界遺産に登録されています。


入り組んだ県境、富山を抜けたり入ったり。
e0183804_7215720.jpg


そのまま156号を南下して岐阜県に入ります。
e0183804_7221136.jpg


白川村に。もちろん見に行きます。

五平餅と飛騨牛の串焼きを堪能して、見学。

e0183804_7222361.jpg

e0183804_7223678.jpg


白川郷(こちらは200円)。

e0183804_7225949.jpg


きれいだなあ。

住んだこともなければ、全く身近でもないのに、どこか懐かしい感じがします。

e0183804_7321024.jpg


これがノスタルジーってやつなのか、そうなのか!?

e0183804_7232013.jpg

白川郷は、全景を見渡せる展望所があります。

いつかは雪化粧の集落を見てみたい!!

※ 合掌造りの集落には、今でも生活が営まれています。
  近年、観光客が勝手に戸を開けたり、植物を採取したりする
  良識のない行動が問題になっているそうです。
  だめ、ぜったい。



山々は雪化粧です。

e0183804_72421.jpg


158号に変わって高山駅を目指します。

e0183804_7242880.jpg


毎日同じことを思いますが、日が暮れると寒い。
最近は防寒着としてレインウェアを着こんでいるのですが、
今日は出発時の暖かさのため、着ないで走っていました。
震えるほどの寒さ、そのときすでに気温は3℃でした。
でも、レインウェアを着てフェイスマスクを着ければ意外と走れます。


今のカブで2年前にも訪れた高山駅、相変わらず夜は閑散。

今日はテント泊する気力も場所もないのでネカフェに泊まるつもりでしたが…
無い。正確には、高山市に1件のみ存在しますが23時に閉店する・・・。
ビジネスホテルもないし。

しかたない!松本まで走りますか!!

というわけで158号を西へ。

くねくね山道を1時間半程走ったでしょうか。
安房峠(あぼうとうげ)に差し掛かったあたりです。

ここから長野県松本市に抜けるには3つの方法があります。

1、158号で安房峠を越えて松本方面へ。

2、自動車専用道路「安房トンネル」こと、中部縦貫道の
  安房峠道路という有料道路で抜ける。

3、乗鞍(のりくら)の山中をダイナミックに越える峠道、
  「乗鞍スカイライン」を通って大回りで松本方面へ。



必然的に選択肢1を採るのですが、、、なんと、通行止め!!

残雪
e0183804_7262270.jpg


まさか雪を目にするとは。もっともっと先の事だと思っていたが、
ここはスキー場もあるし、当たり前か。

冬期通行止めですので5月半ばまではゲートも開きません。
乗鞍スカイラインもマイカー規制&冬期通行止め。もともと走れません。


e0183804_7264482.jpg


残された選択肢は、安房峠トンネルに突入すること。
これ以外には松本に行く方法がありません。

しかし、にっくき「自動車専用道路」の標識もあります。

だが、よく見てみると「軽 自二等 600円」とあります。
ここは、どう解釈すればよいのだろうか??

90ccはあくまで「原付2種」。
50ccの「原付1種」のように30km/h規制や二段階右折などの
制限はありませんが、あくまで「原付」扱いです。

しかし、「自二等」の「」に、原付も含まれているかもしれないし。

幸い?料金の収受はすべて自動で無人です。

いちかばちか!ここは勝負に出ます。

しまなみ海道で高速道路を走った思い出がよぎります。
あの時はパトカー2台、国交省の車2台、計4台に囲まれました。

ええい、ままよ!!とゲートに行くとしっかり感応します。
光の速さで600円を投入し、一気に通過します。

知らない間に長野県に入り、トンネルも終わり、元の国道158号です。
※問い合わせてみたところ、やはり原付の通行は不可らしいです。
 今回はお咎めなしでしたが、充分に注意したいと思います。
 ちなみに原付が迷い込むことは割りと多いそうです。


松本駅に行く手前で自遊空間を発見したのでとりあえず非難。
明日はいったん北上して善光寺に行ってから南下します。
もうすぐ旅も終わりですが、気が抜けません(雪とか凍結とか)


オマケ・・・

e0183804_7271029.jpg


シッタカ橋。インパクトのある名前だったので思わず。。。


本日の走行距離 262.6km

総走行距離 17705.3km
[PR]

by t-r-cub | 2009-11-25 00:47