タグ:旅日記 ( 141 ) タグの人気記事

懲りずに奥多摩ツーリング。カブでダート!日原林道に。

時間が出来たので、懲りずに奥多摩の林道へ!!
前回の倉沢林道から少し進んだ先にある日原林道(林道日原線)へ。


今回もPCsite に、写真をUP致しました。



e0183804_21463176.jpg午前9時過ぎ。ちょっと寝坊しました。
雲が無く、明るい朝です。
青梅街道もスムーズに流れていて、
かなり良いペースで進めました。




e0183804_21465493.jpg奥多摩駅 到着
2時間ちょいで着きました。
途中のコンビニで地元の人
間違えられる(カブだからね・・・)
おじいちゃまに道を教えました。




e0183804_21472766.jpg日原川
渓流は青くて綺麗です!
白妙橋の袂にて。





e0183804_21475221.jpg下に降りてみました
木製の細い階段があったので。
コケで滑る足元に気をつけて、
河原まで降りてみました。
水は非常に冷たく澄んでいます。




e0183804_21481135.jpg紅葉
秋の渓谷然とした様子。
絵に書いたような風景でした。




e0183804_21483012.jpg日原林道入口に。
倉沢のバス停を更に越えて、
いよいよ日原林道開始です!
都内で最も長い林道らしく、
全長約8キロのダートです。





e0183804_2149419.jpgダート開始!
最初はフラットで走りやすい。
少々ぬかるんではいますが、
砂利や落石も少ないダートです。




e0183804_21492680.jpgとか調子こいてたら・・・
いや~ん!ボッコボコじゃないかい!!
更に水が溜まっていてどんどん悪路に!
この"クレーター"の度に酷い縦揺れが。




e0183804_21494723.jpgバー
ゲートではなく遮断機みたいな棒。
谷に降りる道や、分岐にはゲートが
あり、通行止めになっていましたが、
この遮断機は開いていました。




e0183804_215048.jpg広場へ
小高い山と広場の様なスペースが
現れました。焚き火の跡も確認。
確かに、幕営に向いていそうです。




e0183804_21502548.jpgそして、終点へ
車が展開できる程度のスペースで、
林道は終点を見せました。
カモシカらしき偶蹄目の足跡も。
なんだか呆気無く終了。





ここで昼食をとるつもりでしたが、どうにも殺風景・・・。
奥には花束が置いてあるし・・・ここはやめておこう。



e0183804_21511713.jpgってことで広場まで
今日はカレーうどんです。
バカの一つ覚えです。
鍋焼きうどん、おいしいです。



e0183804_21514469.jpg入り口まで戻る
体を温めて、復路に就きます。





林道日原線を走ってみて・・・
何となく寂しい林道、これが率直な感想です。
オフローダーも何台か通りましたし、紅葉や小さな滝等もありましたが、
(カブでも)難所らしき難所も無く、眺望のきくスポットも少ない。

しかし、先の広場は日当たりも良く、空も見渡せる素敵な場所です。




e0183804_21521019.jpg鳩ノ巣駅へ
前回はここが通行止めでしたが、
今日は看板が出ていません!!
この道が登山口への林道入口です。
峰集落への再訪、叶うでしょうか?




e0183804_21522946.jpgまたまたダート
■年明けの訪問時
この道は雪に覆われていました。
二人がかりでバイクを押して進んだ、
なかなか急な道だったのです。



e0183804_21525074.jpgこ、ここは・・・!
見覚えの有る坂道。

かつて、バイクで登るのを諦めた場所!



e0183804_21531935.jpge0183804_19291698.jpg
記憶を頼りに、同じポーズを心掛けましたが・・・。微妙なライン。
あと少しすれば、また雪に覆われてしまうことでしょう。



e0183804_21535187.jpg悪夢、再び
工事車両・・・
作業の方曰く
「倒木が酷くて現在撤去作業中です。
 登山口にも入れません、すいません」


ショベルとトラックが、
ゆっくりと登って行った。




またもや峰集落再訪に失敗してしまいました。
作業員の兄ちゃんも参っていました。彼らに礼を述べて、
無念を引きずりながら踵を返す(白目を剥きながらな)




e0183804_21541220.jpgカラスが鳴くから
帰ります。夕方だし。





メインの林道日原線は走破できたし、紅葉も綺麗だったし、
充分に楽しめたので、良しとしましょうかねぇ。
峰…集落…廃村…峰…何でだよッ!ちくしょー!!


明日(土曜日)の予報は雨です。週末のダートは厳しそうです。

ダート&森の中であったかい食べ物のパターンにドップリです。
奥多摩・秩父には、まだまだ(僕でも走れる)林道がたくさんあります。
雪が積もって道が凍るまでに、もっと走っておきたいと思います。




■奥多摩「峰集落」(今回行けなかった廃村)

■倉沢林道(林道倉沢線)(日原のすぐそばにある林道)

■PCサイト(別窓)/写真の紹介&補完。




総走行距離・・・165.8km   燃費・・・51.7km/L
[PR]

by t-r-cub | 2010-11-19 22:08

カブでダートを。林道倉沢線(倉沢林道) 奥多摩日帰りツーリング

久しぶりの奥多摩ツーリング。紅葉の中ダートを満喫してきました。
なんだかんだで久しぶりの奥多摩。日帰りツーリングも久しぶりだったり。


今回も、紹介しきれない写真は ■別冊ホームページ にまとめておきます。(別窓で開きます)
最近は携帯でも見れるのかな?僕のauじゃ厳しい!PCサイトビュワー使わないし…。



e0183804_1132544.jpg
朝7時半過ぎに出発
天気は曇り。そんなに寒くない。
今回は「寒さ対策」のデータ取り?がメイン。
(のハズでしたが、すっかり忘れて)
いつもより厚着しての出発です。
行き先は奥多摩方面です。



練馬→新青梅街道→青梅市→奥多摩町。割とスムーズに進めました。

e0183804_1135086.jpg
御嶽橋。渓谷と紅葉
川も紅葉も綺麗でしたよ。
観光バスまで停まっていました。
この時9:30。陽も照ってきて気持ちいい。
コンビニでお茶を買って出発。



e0183804_11442.jpg
奥多摩駅到着
10時過ぎ。駐車場は満杯です。
山ガール(笑)もどきみたいなのが
たくさん歩いていました。
紅葉狩りハイキングでしょうか?
民家も車もまだ多い地区です。
もうちょっと奥のが良くないか?



e0183804_1141989.jpg
日原街道入口
方向的には日原鍾乳洞に向かう感じです。
狭い生活道路なので対向車に注意。
もちろん地元車両が優先です。



e0183804_1143861.jpg
コンビニ終点
ここでお昼ごはんを調達。
林道を走ってから食べようと思います!



e0183804_1152061.jpg
白妙橋
渓谷に掛かる吊り橋です。



e0183804_1153674.jpg
渡ってみました
「三人以上で渡らないで下さい」と
警告文が貼ってあります。
ゆらゆらして面白いです。眺めもなかなか。



e0183804_1155363.jpg
素掘りのトンネル
■三国峠・中津川林道にもあった素掘隧道。
この先も、一応は踏み固められてます。
トレッキングコースなのでしょうか?



e0183804_116629.jpg
大きな一枚岩?
一枚岩かどうかは分かりませんが、
とにかくデカい!!
切り立った岩肌も迫力があります。





お気づきになっただろうか・・・?




e0183804_1162373.jpg
写真上部にご注目いただきたい
人が登っているではないか!!
この辺りはロッククライムの定番スポット・・・
とでもいうのだろうか?
初めて見ましたが、ビックリしますね!




e0183804_1163676.jpg
倉沢橋
都内一の高さを誇る倉沢橋。
61mと書いてありました。
下を覗き込んでも木々で地面が見えません。
木々を見下ろすんだから凄い高さです。



e0183804_1164966.jpg
倉沢林道入口
10時45分。入り口までやって来ました。
ダートが始まるので気を引き締めて・・・



e0183804_117496.jpg
なんか濡れとるぞ!
岩肌から染み出した水が
道に流れを作っていました。
大きめの石も多く、ガタガタ。



e0183804_1172273.jpg
石ゴロゴロ
だからカブはノロノロ。
少し進むと「土の部分」が無い!!
常に岩の上を走る感覚でした。



e0183804_1173393.jpg
落ち葉も深し。
見えないんだが、地面が・・・。
秋は秋で危険要素がいっぱい!
落ちた葉は、滑るし落石も隠してしまう。
かなり慎重に進みます。



e0183804_1175296.jpg
不法投棄。
びっくりします。



e0183804_118480.jpg
行く手を阻む「盛り土」
橋の先に、土が盛られています。
ブルーシートも見えるので車止めでしょうか?
一度カブを停めて念入りに下調べ。
ちなみに、写真で見るよりかなりです。



e0183804_1182212.jpg
イメージ
いや、割と本気で。
ジャンプ台みたいになっとる!!
しかも全体的に谷側へ傾いています。
下手すりゃ転倒&滑落のダブルオドロキです。




軽く加速して、1速のまま越えました。「ぅおひょひょおおぇぃ」という声が出ました。
(ケータイの電波は届きません。お越しの際は色々と気をつけて下さい)


e0183804_1185419.jpg
半身に構える橋
ぢぞうばし(地蔵橋)とありました。
谷側に崩れてかなりの傾斜。
細いルートを進むしか道は無い。



e0183804_1191544.jpg
ここで打ち止め。
ちょっと広いスペースに出ましたが、
この先はガレ放題&倒木のオンパレード。
少し先まで歩いてみましたが似た様な状態。




e0183804_1193643.jpg
行けねえ・・・
倒木はこんな感じ。
完全に道を塞いでしまっています。




e0183804_1195035.jpg遠景
長靴を履いていたので、対岸から。
中央に写っているのが私のカブです。
写真では分かりにくいのですが、
その先の傾斜も大きくて流石に無理。
地面が捻れている様な感覚でした。




e0183804_1110915.jpg
なので、スーパー食事タイム!!
最終のコンビニで購入した鍋焼きうどん。
シートを敷いてバーナーの準備です。
途中で謎の虫が鍋にダイビングしましたが、
気にしない。楊枝で救出しておきました。
(念入りに沸騰させたのは内緒だ)



e0183804_11102065.jpg
ハイパーくつろぎタイム!!
「うゎぁ!落ち葉の布団なり~!」
    
石ゴッツゴツで痛い…。上着を敷き布団に。

でもかなり快適で、病みつきになりそう。
うどん美味いし、気持ちいいし、サイコー!!!
と、叫んでも、
白い目で見られない心地良さ。





豪華なうどん(厚焼・どんこ・鶏肉・つみれ・揚げ・ほうれん草・エビ)を堪能してのんびり。
容器や袋はきちんと回収。その後は一眼レフを構えたり周囲を散策したりして、再出発です。





e0183804_11103514.jpg
オフローダー3人組
先の地蔵橋で滑落しかけたそうです・・・!
かなりギリギリだったそうです。
彼らはここでUターンし、麓のラーメン屋へ。
プラグが被り気味だったのか、
エンジンがかからない様子。
しかし、走りだすとあっという間に
視界から消えていきました。



e0183804_11104918.jpg
鳩ノ巣駅に
以前も探索した
■峰集落跡地に向かいます。
前回は積雪で地面が見えなかったので再訪!
のつもりでしたが・・・



e0183804_1111086.jpg
行けませんでした。
集落に伸びる唯一の林道が通行止め。
ショベルカーが作業の真っ最中でした。
11月中旬までとなっていますが・・・
もう中旬だろ!と一喝しておきました(心の中で)






その後、地図に載っていた名栗渓谷を通って帰る予定でしたが、
いつの間にか飯能市まで出ていました。

道を間違えたのか、渓谷自体に気がつかなかったのか、分かりません。
そうこうしているうちに日も暮れて、練馬に到着

西所沢駅・所沢駅の開かずの踏切&大渋滞にやられ、帰りは随分時間がかかりました。

満タンにしていかなかったので正確な燃費は分かりませんが、
50km/Lを下回る超悪燃費です。うわー。



e0183804_11111996.jpg
帰ってみると、レッグシールドのステーがぐにゃりと曲がっておりましたとさ。


■取り付けた際に、足元をカットしておいたお陰でダメージは少なめ。

ちょっと前につけたハンドルクロックがいつの間にか吹っ飛んでいました。

最高気温も15℃程まで上がったので、寒さはありませんでした。
レインウェアや予備のフリースも出番なし。ハンドルカバーも大活躍!
真冬の寒さには程遠いのですが、まだまだ走れそうです。



日原林道を走っているつもりでしたが、後で確認すると、私が走ったのは
「倉沢林道(林道倉沢線)」でした。

自分にとってはかなりの難所でしたが、なかなか面白いダート走行でした。
奥多摩や秩父辺りの林道を色々と調べてみようと思います。

次は「廃村 峰」「日原林道」に再チャレンジしたいと思っています。


総走行距離 約170km



関連記事

■奥多摩の廃村 「倉沢集落」(倉沢林道入口のすぐ近く)

■奥多摩「峰集落」(今回は通行止めで行けなかった廃村)

■三国峠ダート走破(埼玉・長野を結ぶ唯一の道です。鹿もおるでよ)

■PCサイトで写真を補完いたします。
[PR]

by t-r-cub | 2010-11-14 11:29

秩父キャンプツーリング 排気量差1110cc!

土日に奥多摩か秩父にでも行ってキャンプツーリングをする予定でした。
ちょうどタイミングの合ったミナガワ氏が同行という形に。楽しみです!!



e0183804_2312877.jpg先ずは練馬で合流
1200ccのZRXと、90ccのmyカブ!
その排気量差1110ccというコンビです。
行き先は秩父方面。目的地は未定です。



e0183804_232024.jpg天気は晴れ!絶好のツーリング日和。
練馬から所沢・入間・飯能と進みます。
土日ということもあり渋滞気味です。



e0183804_2322055.jpgまたまた東吾野のサンクス
いつもと比べて少な目のバイク。
毎回僕が「一番小さいバイク」になる。



e0183804_2323411.jpg顔振峠(かぶり峠)へ
景色が良いと知りつつも
行ったことが無いので。
R299から分岐しています。



e0183804_232487.jpg峠の頂上へ!
細い山道ですが舗装路なので走りやすい。



e0183804_2325860.jpg峠からの眺望
遠く連なる山々がいい感じです。
雲がかかっていますが、なかなかです!



e0183804_2331215.jpg正丸峠
せっかくなのでトンネルを使わずに
峠を走って越えてみました。



e0183804_2332758.jpg頂上の奥村茶屋
峠は頭文字Dの舞台にもなったそうです。
オリジナルステッカーを推してました。
限定物なので全国から買いにくるそうです。
僕は1度も読んだことがないのでわかりません。



僕の中の「頭文字D」イメージはこの2つしかない。

e0183804_2318857.jpge0183804_23183029.jpg





e0183804_2334974.jpgおしるこ
冷え始めていたので生き返る心地。
かなりの絶品でした!



e0183804_234360.jpgお店からの眺め
雲の無い日はスカイツリーも見えるらしい。
初日の出も最高とのことでした。
元旦は朝5時から営業してるみたいです。



e0183804_2341234.jpg果樹公園あしがくぼ
そのままR299で道の駅へ。
ここは美味しいものが多いから好きです。
駐輪所が便所臭いのは改善して欲しいけど。



e0183804_2343067.jpg武甲温泉に!
日が落ち始めて体温も低下。
土日価格で100円増し800円…
ちょっと高いけどなかなかいいお風呂。



e0183804_2344472.jpg浦山ダムへ!
近場のダムを色々調べて、
一番近かった浦山ダムへ!!
秩父さくら湖を堰き止めるダムです。
秩父・小鹿野の素晴らしい夜景。
ここはリピート確実です!



e0183804_234571.jpgテントを並べて。
青森で出会ってから実に1年以上振り。
夜景を堪能しながら野営の準備。
トイレ完備で周辺環境も良い。



e0183804_2351194.jpg夕食の準備だ!!
芦ケ久保のスーパーで買い出した食材。
鍋焼きうどんが食べたかったので・・・。
道の駅で買ったみそポテトや照り焼き。
夜の宴が始まります。



e0183804_2352461.jpg大正解!鍋焼きうどん!!
本気で美味かった!感動する程!
寒い中、熱いうどんを啜る贅沢感。
鶏肉・卵の投入で更にグレードUP



e0183804_235397.jpg超高級!セレブ(笑)御用達のたまご
ミナガワ氏が奮発して購入したタマゴです。
1パック888円という貴重な逸品。
濃厚で味も抜群!高いだけあるわーー。
アローカナという種類の鶏卵で、
青みがかった殻が特徴的な高級品!



e0183804_2355258.jpg分厚い雲と月。
明日の天気が心配です。
ひざ掛けを持ってきたのが功を奏して
ぐっすり眠ることができました。
夜半にちょこちょこ人が来てましたが
平和で静かなテント泊でした。



e0183804_236585.jpg朝焼け
おはようございます。
さくら湖側は綺麗な朝の色でした。
5時半に起床し、外に出てみると
かなりの冷え込み。



e0183804_2361918.jpg朝霧の浦山ダム
山間部は霧がよく動きます。
流れては戻って散っては集まって。
しばらく深い霧に包まれてダムを眺める。



e0183804_2363223.jpg朝ごはんです。
パンを頬張りながら湯沸し。
ミナガワ氏購入の道の駅のこんにゃく。
寒い朝ですが、体が温まりました!!



e0183804_2364643.jpg高級ゆでたまご
アローカナのタマゴを茹でてみました。
色も味も素晴らしい!!
写真で見るよりもっと綺麗ですよ。
是非実物を食べてみて下さいね!
(ミナガワ氏が買ったのに、僕まで自慢気味)



e0183804_237117.jpg出発!!
朝からハイテンションの我々。
管理の方に色々と話を聞いたり
湖を一周したりとのんびり出発。
行き当たりで決めた野営地でしたが
本当に良い場所でした!!





影森駅近くのコンビニで行き先の相談。地図も忘れて来るほど全くのノープランな我々。
廃墟・廃村でもいいね、という流れになり、近場のスポットへ行くことに。

僕が分かる秩父の廃墟系スポットで確実なのが「日窒鉱山」だけだったので
そこで決定!!再びR299へ入って秩父の奥へと進んで行きます。



e0183804_2382199.jpgループ橋を見上げる
三国峠ツーリングとよく似たルートですが。
広場でループ橋を下から見上げる。
奥には滝沢ダムが控える。



e0183804_2384133.jpg滝沢ダム。デカい
!高い!

よくもまあこんな大きな物を
作ることが出来ますよなあ。



e0183804_239144.jpg天端から下界を見る。
高い。これは高いぞ!!
観光バスやドライブ客も多いダム。
これからは紅葉シーズンですし。





e0183804_2391797.jpg中津峡の売店へ。
しし鍋、おでん、うどん等々。
味噌が美味しいこんにゃく串は
ミナガワ氏も認めるうまさです!
10半ば~11月半ばの期間限定。
出店中は是非お立ち寄り下さい。
(回し者を買って出たくなるほどいいお店!)



e0183804_2392979.jpgたらし焼きを頼むと
大沢たかお似の男前が焼いてくれます!
平たいお好み焼きの様な料理です。
杓子菜・みそポテト等と並んで
秩父近辺の名物です!



e0183804_2394331.jpgご馳走様でした・・・
いのししに説教されてみた。
せっかくだから、ね。






e0183804_2310795.jpg210号からの分岐
ここから志賀坂方面に向かって登る。
地図には"金山志賀坂林道"とある。
雁掛トンネルを抜けると・・・








ここで紹介しきれなかった画像は■ホームページで補完いたします。






e0183804_23102788.jpg鉱山は近い!
道路脇にニッチツの建物がありました。
手描きの看板がいい味してます。
どこかが鉱道に繋がるのかな?



e0183804_23103820.jpg秩父鉱山簡易郵便局
有名な建物ですが、廃屋ではありません。
(株)ニッチツの方が業務にあたるそうで、
平日ならば開いているそうです!
それにしても趣のある建物です。



e0183804_23105488.jpg大きな木造の集合住宅(?)
随分と雰囲気のある建物でした。
紅葉の時期や雪の日も似合いそう。
近くでみるとかなり傷んでいます。
ハイライト的存在と言えるでしょう。



e0183804_2311713.jpg売店"供給所"
商品用の冷蔵庫やダンボール。
肉や魚も扱っていたようです。
意外と大きな建物で、奥にも
幾つかの部屋が確認できました。



e0183804_23112178.jpgたばこのカタログ
今月の頭に値上げされた煙草。
デザインも値段も違いますね。






秩父の山奥にひっそりと佇む鉱山集落跡。
工場は今でも稼働中で、現役の施設も多い。

また、県道210号に沿っているので登山客等の行き来も見られます。
ツーリング中のバイクやドライブに来た家族連れもけっこう多い人気のスポット。

廃墟探索はあまり褒められたモンじゃありませんが、
とても見ごたえのあるものとなりました。

以前訪れた奥多摩の峰集落・倉沢集落は、ほとんど取り壊されて
何も残っていなかったので、自分にとっては非常に新鮮でした。

各廃墟廃村探訪記 ■峰集落・奥多摩ロープウェイ  ■倉沢集落  


※ここで紹介しきれ無かった写真は ■Website版 で公開しております。



e0183804_23113891.jpg八丁峠に
日窒鉱山を過ぎて210を進む。
写真の通り、ドライブスポット。



e0183804_23115123.jpgそれもそのはず
ここからの眺めはかなりのもの。
色付き始めた山の木々。



e0183804_2312582.jpg眺望も素晴らしい
さすが小鹿野観光八景(謎)です!
折り重なる山々が目に沁みる程だ。



e0183804_2312221.jpg小鹿野と群馬の県境
峠を進むとR299にぶつかります。
群馬側から抜けてくる人も多い。
志賀坂トンネルが県境となっている模様。



e0183804_23123961.jpgせっかくだからね
群馬の標識にも立ち寄る。
といってもトンネルの反対側だけど。



e0183804_23125127.jpgあしがくぼへ戻る
R299がとても空いていたので
かなりスムーズに走れました。
道の駅あしがくぼで遅めの食事。
焼肉のタレカツ丼という正直なネーミング。
ボリュームも味も二重丸です。
寒くなってきたのでレインウェアを着る。



e0183804_2313561.jpg強雨に打たれて
秩父のあたりから雨が降り出す。
ミナガワ氏はかなりの薄着。
寒さに強い人が羨ましい。
大雨になってレインウェア装着の氏。
ZRXの大きな荷物も防水対策。



e0183804_23131743.jpg遂に練馬到着~!!
所沢-西東京-練馬と抜けて
遂に練馬駅に着きました!!
ミナガワ氏はもうちょい走るけど、
ひとまずここで記念撮影!!






いや~!すごく楽しいキャンプツーリングでした!!
やはり1泊すると行動範囲が増えるのでいいもんです。
リッターバイクと原付。遅いのに一緒に行って頂いてありがとう!!
次は毛無峠・湯釜が待っています。早く行かなきゃ寒さが・・・。



総走行距離 295.9Km 燃費 52.3km/L
(渋滞やたくさんの峠越えで随分と燃費が落ちましたが、それでもよく走るカブ)
[PR]

by t-r-cub | 2010-10-26 00:10

奥秩父で断念ツーリング

友人のリトルカブを■旅仕様に改良し、ツーリングへ。
当日の朝までは結構な雨量。Hさんは雨の神様と呼ばれるほどの雨男。
しかし、私は生粋の晴れ男です。昼前には晴天に!暑いくらいの晴れ。


e0183804_948111.jpg  大雨から晴天へe0183804_9482996.jpg



e0183804_954188.jpg出発!!
大きな箱に変えたので、積載方法も変化。
リアボックスの下段にはキャンプ用品と
シュラフがすっぽり!!
タンデムシートにはテントのみ。
箱のリングにバッグをつないで
とっても使いやすくなりました。


e0183804_102420.jpgリトルカブも頑張っています。
いつぞやに、キャリアを増設したリトル。
ツーリング準備で箱をつけて積載もバッチリ。


e0183804_10391869.jpg雨が上がった昼過ぎに出発。
渋滞の所沢手前。3連休だからね。


e0183804_10432454.jpg暑いくらいの快晴!
秋晴れというより、夏の暑い日みたい。
友人の温度計は28度を指す。
所沢→入間→飯能と進む。


e0183804_1045372.jpg定番?東吾野のサンクス。
たくさんのバイクが停まっていました。
2台とも前輪が跳ね上がっています。

他のバイクは400とかリッターとか。
僕らが一番小さいバイクでした。


e0183804_10471026.jpgラビットのオーナーになった!(つもり)
富士重工の旧車「ラビットスクーター」です。
初めてみました!ほんとカワイイ!
おじちゃん達が自らレストアしたラビット。
本当に楽しそうでした。ここで解散だそうです。
シルバーピジョン(三菱)とかラビットとか、
オールドルックのバイクって魅力的ですよね?


e0183804_10505075.jpg難関!正丸トンネル!
僕もリトルに乗っていた頃は苦労しました。
2km近くあるのに、片側1車線で怖い。
みんなガンガン飛ばすうえトラックも多い。
後続車が来なくなったのを確認し、
タイミングを見計らって友人を送り出す。
何とか無事に抜けられました。


e0183804_10545177.jpg美味の宝庫!果樹公園あしがくぼ。
この道の駅には美味しい物がたくさんあります。
たらし焼きは売り切れでしたが・・・。
みそポテト、磯辺餅、ちまきで腹ごしらえ。


e0183804_1058569.jpg秩父駅到着!
18時過ぎ。出発から5時間半程経過。
喉がガラガラする気がしたのでのど飴購入。
不安なのでついでにセデスハイも。


e0183804_1115570.jpg1時間後、道の駅 両神温泉に到着。
薬師の湯という温泉が併設されています。
体を温めて、走行の疲れを癒します。


ここから目的地である南相木ダムまでは、約2時間強・・・。
22時過ぎに到着では、ちょっと厳しいうえ、体調がやはりすぐれない。
とりあえず今日はここで野営することにしました。

e0183804_1161313.jpgキャンプ時の袋麺は至高。
高熱が出てしまい、ガタガタ震えていました。
友人曰く「救急車を呼ぶレベル」だったそうです。
軽トラ型の救急車…という謎のうわ言を
何度も繰り返していたらしいです。



e0183804_11121259.jpg気付けば朝。こんなにも晴天なのに。
ベンチで寝てしまいました。
大量の衣服が掛かっていました。




買っておいた薬のおかげで、何とか自走で帰ってくることが出来ました。
友人は「初キャンプで充分楽しかったからまた行こう!」と言ってくれていますが
申し訳ない気持ちでいっぱいです。記事編集をしている現在も39度オーバー。


e0183804_11205751.jpg次はもっと綺麗な星空を。
だから許して下さい・・・。
来週末には完全復活していると思うので
また計画を立てたいと思います。

季節の変わり目です。
皆様も体調にはお気をつけ下さい!




総走行距離 196.1km  燃費:近日中に確認します(泣
[PR]

by t-r-cub | 2010-10-12 11:31

カブで三国峠(中津川林道) 鹿&ダートのキャンプツーリング。

数年前の事、岐阜方面へのツーリングの最中、どこかで道を間違える。
迷い込んだ先は中津川に沿う、真っ暗で険しい未舗装路でした。
引き返せば良かったのに、妙な高揚感と興味で走破。

ガードレールも街灯も無い、断崖と小川に挟まれた細い道。
野生の鹿軍団が飛び出してきてカブを囲み幅寄せをかましてくる。

そんなトラウマ峠に再挑戦!久方のキャンプツーリングです。
(ここを「走りやすいダート」とか言える人は、モトクロスとかの選手、きっと)


ひたすら長いので注意!クリック出来るものはちょっと拡大します。


8/30(月)


11:45 出発!
予定より遅れての出発です。
テント、シュラフ、銀マット、コッヘル、ストーブ、
水と袋麺と米といった食料等々、簡単な装備での
キャンプツーリング。一眼レフも上箱に積載。
練馬-所沢-飯能方面へと抜けていく。

曇ってはいるが、じっとりと暑い日です。


14時半頃 東吾野のサンクス

R299沿いのサンクスで一休み。
ここはよくバイクが停まっている。
広い駐車場や休憩用のベンチがある。
秩父方面へ向かう際はよく立ち寄ります。





e0183804_12281631.jpg秩父駅前 R140との分かれ道
15:40、出発から実に4時間も経過している。
目白通り・所沢周辺は軽く渋滞していたが、
随分と時間が掛かった様に思える。


e0183804_12354020.jpg猿がお出迎え
上の画像と同じ場所です。
こんなとこにまで出現するんですね。

この辺りには道の駅が散在しています。
ちちぶ、果樹公園あしがくぼ、大滝温泉
龍勢会館、両神温泉薬師の湯、あらかわ

R140で奥秩父へと進みます。



e0183804_12395466.jpgR140のループ橋
谷の上空をぐるりと廻る。
地図では「建設中」となっている滝沢ダムも
2008年に完成していた様です。(実用はまだ?)



青看板にも三国峠の文字が!
目標の三国峠(みくにとうげ)までもう少し。
「川上」とは長野県の川上村のことです。

三国峠は埼玉と長野を結ぶ唯一の道です。
「隣接県」というイメージが湧かないのは、
大きな国道で繋がっていないからかも。
隣接面積も小さいし。


e0183804_12584842.jpg不気味な隧道、現る…
中津川に沿って走ると現れます。
車一台通るのがやっとの狭いトンネル。
でこぼこの内側は少し不気味です。
夜中に迷い込んだ数年前、本気でビビった。



やって来ました、林道入口!
「これより先18km区間 夜間通行止め」
午後5時~午前8時は通行出来ない…
と思いきや、直前で出会った保安局の方曰く
「通ってもいいけど暗くなると危ないから
 日が落ちる前に引き返しなよ~」

とのことでした。
夜のダートは本当に危険です。やめましょうね


e0183804_13135375.jpg中津川沿い 謎のレンガ造り
趣有る建造物。堤や水門の遺構かと思いきや、
上部のレールに沿って水がぐるりと流れる。

来年の夏は川に降りて探索しようと思います。

(よく見たら全然レンガ造りじゃなかった件…
 お恥ずかしい…失礼いたしました)



ダートが始まる
いよいよ未舗装区間の始まりです。
タイヤもギアもエンジンもフルノーマルです。
しかもたくさんの荷物を後ろに積んでいます。
走行には細心の注意が必要です。カブだし。

最初の区間は小さな砂利でまだ走りやすい。
徐々に小石が岩に変わってゆくのだ!


e0183804_1325757.jpg第二の隧道…
明るいうちは爽やかなこの隧道ですが、
日暮れ以降はかなりの不気味さに!

これをくぐると本格的に山の中です。
ある種の儀式に似た感覚で
このトンネルを通過します。



e0183804_13314758.jpg断崖っぷり
砕石や落石に注意しながら進む。
拳大の石がゴロゴロ転がっている道が続く。
ハンドルを取られ、後ろの荷物が跳ねる。

一歩間違えたらマズい事になりそうな崖。
下へ転げ落ちるか、その後天に昇るか。

小石が大きくなってきて、走りにくさも増してくる。

転倒や激突は無かったけれど、かなりのスリル・ショック・サスペンス(古)

走っているうちに「おっ、なんだか慣れてきたぞ!結構スピード出せるじゃん」
と思ってメーターを見ると12km/h。(体感では30km/hくらい…の、つもり)

ダートが予想外に楽しくて、気付けば既に17時半を回っている。
日も暮れかけてきたので引き返そうかと思ったその矢先・・・

鹿だー!鹿が出たぞー!



e0183804_14121021.jpg若草を食む鹿。
あまりにも急な登場でした。
しばらく見とれてしまいました。






e0183804_142261.jpg一心不乱のお食事タイム
辺りも暗くなりかけていたので、
写真がブレまくってしまいました。
振り返りながらも草を食べる若い雄鹿。





e0183804_14224594.jpgカメラ目線
軌跡の一枚です。
張り切って一眼レフを構えたら、やっぱりブレる。
あきらめてIXYで撮影。

数年振りに再会した三国峠の鹿。

つぶらな瞳でこちらに一瞥をくれた後、
崖をゆっくりと降りて森に帰って行きました。





日も暮れてきたので来た道を急いで引き返し、入り口を目指します。

e0183804_14372322.jpg帰りの隧道
暗くなってからくぐるのは、やっぱり不気味。




e0183804_14394657.jpg夜のループ橋
両サイドに配備された照明が綺麗です。
霧っぽい夜、急激に冷え込んできました。
レインウェアを忘れてきた事を悔み、
身を縮めながら道の駅へと走る。



前日は徹夜状態だったため、即眠れました。
大きな庇に温泉完備という快適な場所。
秩父近辺で野営するにはここが最適かも。
ダート走行で筋肉痛に・・・腕と足が。

温泉に入って即就寝。

走行距離は164.7kmでした。






8/31(火)


朝の大滝温泉
5時半起床。霧掛かった道の駅の朝。
ひんやりするが、快晴。
爽やかな朝、筋肉痛と共に。


e0183804_15223399.jpg滝沢ダム
2008年に完成した滝沢ダムの奥に連なる山々。
霧と雲にも朝日が当たる。気温も上昇してきた。



e0183804_15272182.jpg戻ってきました、入り口の隧道に
昨日は13km地点でリターンしたので、
今日は走り切って長野側を目指します。



e0183804_15315656.jpg無残!ガードレール。
落石注意の看板の後を見れば嫌でも分かる。
防止ネットや金網も基本的には全てズタボロ。



ゲート?
何やらゲートらしきものが見えてきました。
そろそろ終わりが近いということでしょうか?



e0183804_1543658.jpg登頂!
三国峠の看板と共に。
1時間半程で登頂できました。
鹿はいなかったけれど、楽しかった~!



e0183804_154608.jpg最後の上り坂!
ここを越えれば長野県です。
天気も良く、雲や山も綺麗でした。



e0183804_163374.jpg標高もすごいぞ!
快晴の山はとても気持ちが良い。
三国峠の標高は1828mとなっています。



e0183804_1652882.jpg長野県へ
ここからは佐久郡川上村になります。



懐かしの舗装路
下りはしっかりとアスファルトで舗装される。
まるで滑り降りるような感覚でした。



e0183804_1675469.jpg川上村のレタス畑
数年前は夜中だったこともあり、
ほとんど見えませんでしたが、
美しいレタス畑が広がっていました。
(キャベツじゃなかったのね)



e0183804_1695322.jpg鳥居を発見。
ここからはR68から県道2号線で北上します。

夏の山の中にひっそりと佇む鳥居。
山の神様への奉納具が出土したという場所。
冷たい湧き水が勢い良く吹き出す。



e0183804_16145290.jpg山の神様
これまでの無事故とこれからの安全を。



e0183804_1619194.jpg南相木ダム
川上村から南相木村へと進みます。
道を間違えたが、素敵なダムが見られました!
石灰岩がふんだんに使われた綺麗なダムです。



e0183804_16195287.jpgびびるわ
案山子。
よくある光景ではあるんだけれども、
ちょっとヒヤっとする。



e0183804_16205314.jpg県境
県道124号の走る北相木村へ。
ぶどう峠から県境へ!
群馬県上野村を進みR299へ。



道の駅 上野
道の駅へ立ち寄る。
店員さんが観光で来たお客さんに
三国峠は道が悪いからお勧めしません!
と言っていた。
ちょこちょこ買い物をして外へ。



e0183804_16335798.jpg埼玉県に
群馬もすぐに終わり。埼玉県小鹿野町に入る。
ここからはひたすらR229で西へ。
秩父を越えて入間市まで伸びています。



果樹公園あしがくぼ
秩父を走る際は、必ず寄っている気がする。
開いている時間に来たのは初めて。
美味しそうなものが大量に売っていた。
荷物が少なければ色々買い込みたかった…。
たらし焼き、お団子、おにぎり、麦茶を購入。
軽くつまんで、残りは晩ご飯に!



最後の給油
入間-所沢-東村山と抜ける。
練馬のスタンドで給油して。



到着!!
渋滞気味の道を抜けてやっと帰宅!!
天候にも恵まれた心地良いツーリングでした。
ダートを走ったり鹿と再会したり、
温泉に入って静かな夏の夜を過ごし、
東京・埼玉・長野・群馬の4県を走る。
非常に充実したバイク旅に感謝!








総走行距離 422.3km  燃費 57.8km/L
渋滞や計44kmのダート走行があったにしては良い燃費。



汚れが酷いので、近々洗車したいところです。
酷使し続けたゴリラポッドが遂に逝く・・・。
タイラップで無理矢理直して使っていました。
こちらも新調しようかな。



e0183804_17433145.jpg


e0183804_1744213.jpg

[PR]

by t-r-cub | 2010-09-01 17:46

カブで帰省 復路編 ~

気象庁のページに粘着しまくって検討したのですが、
翌日(29日以降)からの降水確率が下がらないのでキャンプは断念

伊豆にはまた改めてキャンプツーリングで訪れたいと思います。


伊豆での1泊を取りやめる決心の後、銀マットとギターを郵送する。
コレで身軽になりました。(気分的にですが、車幅が小さくなるだけで結構違う)

e0183804_20437.jpg
15:45に出発。


脇目も振らず、とにかく走ります。(もったいないわ)


e0183804_2051197.jpg
道の駅 潮見坂にて。わざわざポーズを決めてくれる見知らぬ女性。
こっちは撮り直す時間がねーんだよ!!よけてくれよ!!な?


e0183804_2010396.jpg
R1のバイパス(125cc以下は入れない)沿いに在る。
海も空も暗い。もしかしたら今日中に一雨来るかもしれんと心配になる。



e0183804_20111133.jpg
浜松 19:20
すっかり暗くなってしまった。アクトシティ?なる大きな建物。


e0183804_20124580.jpg
道の駅 掛川。たまには上から撮ってみる。
すでに20:30。


引き続き1号線を走り、箱根峠に入ります。
ここを越えると"今、話題のハッピーグルメ弁当"こと、お弁当どんどん県を抜けます。


箱根へ。

e0183804_20184497.jpg
※ 街灯です
箱根峠にさしかかると霧に包まれる。いっつもガスが掛かってるイメージ。


e0183804_2016224.jpg
夜の箱根街道は素敵です。淋しげな街灯と遠くに聞く山鳴りの様なのが。


e0183804_20191477.jpg
道の駅 箱根峠 裏手にはテントが2つ。
いいなあ!!でもそろそろ雨降るよ。そこ屋根無いよ。なんて言えない0時前。


三島側から箱根までは、ある程度明るいのですが、
箱根-小田原間は一気に心細い山道に変わります。

そしてポツリポツリと雨粒が落ち始める。でもほんとに小降り。


e0183804_20252939.jpg
ある程度下ると大きな鳥居に提灯。
芦ノ湖の鳥居焼まつり なる花火大会が近い模様。



e0183804_2029429.jpg
ひたすら1号。箱根を過ぎたらずっと市街地。
厚木の夜景を遠目に、無心で走ります。


e0183804_20303981.jpg
渋谷-世田谷に抜け、いよいよ環七に出ました!
ここまで来たらあと少しです!


e0183804_2031352.jpg
到着!!



実に急ぎの復路でした。

総走行距離 352.6km
燃費    58.8km/L
経過時間  11時間くらい。




おまけ

地元の"おいでん祭り"という名のイベントを、友達と見てきました。
自動車以外に売りの少ない豊田市にとっては、一大イベントです。

e0183804_20384819.jpg
おwwいwwでwwんwwww 
みwwりwwんwwwww
おwwどwwろwwまwwいwwww


小学生の頃は半ば強制で参加させられたもんです。
今でもそうなのかなあ?まあ、おいでん自体が健在で良かったです。

e0183804_20403752.jpg
おいでんwwおいでんwwwww
タキソウwwwwwタキソウwwwww



2日目は花火大会です。
(前は3日制だったのに、どうやら1日減った様です。)

e0183804_20424320.jpg
火事じゃないよ。不精して自宅のベランダから見てます。
なので、電線がどうしても写り込んでしまいますが。


e0183804_2043239.jpg


e0183804_20433389.jpg


e0183804_20434285.jpg



おまけ2

夏なので。夏らしい気分を。
e0183804_20455320.jpg
市木町から鞍ヶ池へ通じる山道。ここは定番。



e0183804_2048739.jpg
鞍ヶ池。あいかわらすのんびりしてます。
ここより奥地にある矢並小の学区の連中は、チャリで中学まで通って来てたなあ。
約5.5km。1学年10人未満って正直凄いと思った。


e0183804_20533217.jpg
夏らしく。


ちなみに、この道は今は無き"鞍ヶ池プール"への裏道だったのですが…

e0183804_20562576.jpg


林道でクワガタ採り→鞍ヶ池プール までの約1時間コースがお決まりでした。


e0183804_2111244.jpg
この売店も、僕の幼少期から"昔から在るお店"として存在していました。

まつば・たちばな・みどり の順は覚えておくべし。かき氷も五平餅も美味しい。
ある意味、鞍ヶ池のハイライト的存在です。お越しの際は是非。


e0183804_20582836.jpg
市木川を岩滝町方面に遡上する。
この先約1kmの岩場には鞍ヶ池から落ちてきたデカい鯉がいたりした。
今でも小さな魚がたくさんいました。市木小学校出身です。


夏らしい環状線。
e0183804_2145048.jpg
自然観察の森が立派になっていました。ローカル過ぎてごめんなさい。




すでに夏真っ盛りです。
旅をする方、ツーリングをする方もぐっと増えてきます。
暑い暑い夏を思いっ切り満喫してやろうと思います。
[PR]

by t-r-cub | 2010-07-29 21:17

カブ90で帰省ツーリング・真夏 往路 

35℃オーバーの猛暑日の中、腰を痛めてすることもないので
先延ばしにしていたデジカメ画像をup。が、■携帯版 の方が詳しいです。


e0183804_1703276.jpg
本気で暑い。雨の予報はどこへ?


e0183804_1721691.jpg
静岡市まで99km。やっぱり遠いなあ。


e0183804_1731536.jpg
やっと静岡県に。


e0183804_174191.jpg
道の駅 ふじおやまにて休憩。


e0183804_1745295.jpg
銘水も湧く、広い施設。こっち見んな!!


e0183804_175424.jpg
揚げ餅とお茶で遅めの昼食を。


e0183804_1761598.jpg
裏は長閑な田園風景が広がっていました。田圃の青が綺麗です。


e0183804_177594.jpg
途中の山道にて。木漏れ日が見事です。


e0183804_1774054.jpg
とりあえず飛び込んでみた。



突然ですが、問題です!!


e0183804_178729.jpg

これは何でしょうか?※クリックしても拡大しません。

①キノコ(オニフスベ)
②ビニール袋(ホットスパー)
③越後製菓(桃太郎侍)


正解は・・・!?

↓↓

↓↓




正解は…ブラジャーです。どこの誰がどんな経緯でここに捨てていったのか?
かなりの数が捨ててありました。ヤバそうなのですぐに出発。。。



そろそろテントを張る場所を探そうかと思いましたが、何となく気が乗らない。


e0183804_17123077.jpg
静岡駅です。近代的でカッコいい!!


e0183804_17131935.jpg
道の駅 宇津ノ谷峠にて。


e0183804_17154891.jpg
ここはテント泊にも向いてます。国道1号沿いですが、静かだし。


e0183804_1717634.jpg
無心で走って、なぜか浜名湖。真っ暗です。


e0183804_17175560.jpg
無心走行は続く。長距離走った事ある人は、分かるよね、無心状態。


e0183804_17184248.jpg
ブレてるけど、青看板にも豊田の文字が。


e0183804_17192288.jpg
豊田市駅到着!!
■いつぞや と似た様な写真ですがね。



家族を驚かそうと思い、連絡せずにここまで来ましたが、
反応は非常に薄い… 姉「あ、おかえり」 母「風呂入れば?」 父←出張中


1泊のキャンプツーリングをする予定でしたが、そのまま来てしまいました。
明け方から大雨が降り始めたので、結果的に正解だったのでしょう。
そしてその大雨は1週間も続くのでした。


総走行距離 351.8km
燃費 62.5km/L
経過時間 14.5時間

[PR]

by t-r-cub | 2010-07-22 16:49

スーパーカブで帰省ツーリング 携帯版 まとめ 

携帯からリアルタイムで更新した分のまとめです。



さて、いよいよ出発ですが天気が気になります…
朝のうちに出ますが、場合によっては実家まで直行コースもありえます。
天気と時間と体力と相談しながらの350kmとなりそうです。

携帯からのリアルタイム更新もいたしますので是非。


■前回のカブ帰省では約350km(片道)12時間~に疲弊しきって
しまったので、今回は静岡辺りで一泊予定です。(企画倒れです)

■富士山見に行った時 以来のキャンプツーリングなので
とても楽しみです!(※結局しませんでした)


e0183804_2432253.jpg出発!!

前日の天気予報"雨emoticon-0156-rain.gif"を大きく覆し、暑い日差しの下、出発です!
(10時20分頃)

ちなみに、気温は30℃オーバー!!眩しい。





e0183804_2495059.jpgローソンで休憩

田無までは渋滞気味。府中の辺りも渋滞気味。

約2時間走って、やっとこさ町田市街地を抜けました。


只今ローソンで休憩中です。

冷たい緑茶が本気でうまい!!!



e0183804_2583593.jpg静岡入り!!
14:47 静岡市街まで、遂に100kmを切りました!

一瞬喜びましたが、名古屋まであと100kmだと勘違いしただけ…。

さすが静岡県、分かっていたことだが、長い…長過ぎる。

← ※ 携帯のカメラなので見えにくいのですが、「静岡 99km」とあります。




e0183804_351044.jpgそしてやっと…静岡県に入ります!

この時点で14:55。実に4.5時間も経過している。

ここから静岡県との根競べが始まるのだと思うと

胸が熱くなった(嘘)





e0183804_375038.jpg道の駅 ふじおやまにて休憩。

とにかく暑い。あとケツが痛い。


団体のお客さんも多く、けっこう賑わっていました。






e0183804_3105333.jpg温くなったお茶を飲み干してから売店で冷たいお茶を買い直し、
昼食代わりの揚げ餅を。

長い庇もあって、テントを張るにも良さそうな道の駅です。








e0183804_3284943.jpg強襲!睡魔!
前日は気張り過ぎて殆ど寝ていなかったことが災いして、
強烈な睡魔が襲ってきました・・・!
給油のタイミングを迎えたので、缶コーヒーを飲みました。

体質も関係するのか、コーヒーで目が冴えるとか、
眠れなくなるとか、目覚めが良くなるとか、そんな経験は
これまで一度もありません。…が、少し休んでから出発したら
何とか調子も戻りました。



e0183804_339477.jpg道の駅 宇津ノ谷峠 にて一瞬休憩。

19時過ぎに静岡駅を通り、現在19:30。

流れの早い国道1号ですが、走り易くて距離も稼げます。

関係無いけど、ここもテント泊には非常に適してます!





e0183804_3425482.jpgなぜか浜名湖。

既に21:40。無心で走っていると、浜名湖まで来ていました。

真っ暗です。

ここまで来たら、いっそのことこのまま実家まで!

なぜだろう?あと3時間くらいかかるのにね。



e0183804_346554.jpg愛知県に突入!!
遂にこの看板に出会いました。

気力が全快したように感じましたが、気のせいでした。。。
現在22:20です。出発から12時間も経っていました。

「コレだッ!豊橋名産 ヤマサのちくわ」っていうナレーションが
 頭の中で響いています。エンドレスで。
(あの古い映像で。って、分かる人いるのか?)



e0183804_352423.jpg
豊田市へ!
竹輪のCMを延々と脳内再生しすぎたせいか、
疲労もピークを迎える。

この際ヤマサのちくわをどっかに奉納して
鎮めるべきなのだろうか…何かを。

ま、とにかく豊田市に入れて良かった!!



e0183804_413119.jpgもう…ゴールして、いいよね?

とかほざいてたら、着いた。

豊田駅です。既に0:30過ぎてました。

実に14時間の走行でした。





■続きます(現在編集中)
 デジカメの写真等と合わせてお送りいたします。
[PR]

by t-r-cub | 2010-07-09 00:38

山梨 ホタルツーリング 遂に決行!!

さんざん■天気予報に弄ばれ、延びに延びていた「山梨 ホタルツーリング」ですが…
非常にイマイチな曇り空の下、思い切って出発してみました。けっこう不安でした。


予報によると、

今日(28日
東京(練馬)…終日曇り  山梨(身延)…午前中雨

明日(29日)
東京(練馬)…夜から雨  山梨(身延)…朝方に雨


こんな感じでした。てことで、現地での一泊を諦めて「根性の日帰り」に変更。
荷物もコンデジとレインウェアぐらい、ひたすら軽装で臨みます。



出発 正午過ぎ
e0183804_4392813.jpg


いつ雨が降ってもおかしくない様な空の色
e0183804_435718.jpg




立川の辺りで小雨が。(気付かない程度ですが)
e0183804_4395972.jpg


日野駅を過ぎると一気に山の中
e0183804_4402041.jpg


国道20号、雨も上がり心地良い空気でした。
e0183804_5155153.jpg


高尾山を過ぎ、神奈川県へ!14時半過ぎです。
e0183804_4412446.jpg


このドライブイン、営業してるのを見たことが有りません
e0183804_44153100.jpg


ここで休憩しながら携帯より更新。少ない交通量と適度なアップダウンのためか、
ロードサイクルがビュンビュン通ります。自転車が余裕で車を抜かしていました。

すぐに山梨県へ入りました
e0183804_4421641.jpg



「日本三大奇橋 猿橋」という看板を発見。すぐ近くだったので寄り道してみました。

e0183804_442524.jpg


橋はとっても風情が有って良いんですが・・・


    ∩_∩     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
   / \ /\   < すごい微妙感を感じる。今までにも見てきたイマイチ感を。       >
  |  (゚)=(゚) |   < 橋・・・なんだろう架けられている確実に、着実に、相模川の上に。  >
  |  ●_●   |   < 的外れな期待はやめよう、とにかく歴史を味わってみようじゃん。   >
 /        ヽ  < 他県の川の上にも2橋の仲間がいる。決して1橋じゃない。      >
 | 〃 ------ ヾ |  < さあ戻ろう。そして時計台とかを思い出そう。               >
 \__二__ノ  < 観光バスや看板で賑わって見えるけど、絶対に流されるなよ。    >
              YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

■元ネタ参照


と、まあ、橋は素晴らしいんですよ。趣もあるし、渓谷の眺めも素敵だし。

e0183804_443434.jpg


e0183804_444877.jpg


ただ、周辺の雰囲気がね…暗いし淋しいしうらびれてるしって事でして、ほんと。


道の駅 甲斐大和にて休憩と更新。
e0183804_4442620.jpg


道の駅 とよとみ。数年前にベンチで仮眠を取った事を思い出した。
e0183804_4444884.jpg


納豆の自販機…ちょっと凄い根性だと思った。
e0183804_4453682.jpg


出発から150km程走って、給油。
スタンドの爺ちゃま「ホタルねえ、まだいるとは思うけど。最近天気も悪いし寒いしねえ」
不安になるも、ホタルのよく飛ぶ場所を教えていただきました。

一色川への橋。この先が件のスポットだが、まだ明るすぎる
e0183804_4462718.jpg


先にこっちへ。温泉街を抜けると湯町ほたる公園があります
e0183804_4473894.jpg


e0183804_448448.jpg


19時前に到着したホタル公園。交通整理まで出動している。
話を聞くと、麓の宿からマイクロバスがわんさかやって来る、との事でした。
まだシーズン中という事だろうか。勧められた掛け流しの足湯でリフレッシュしながら更新。


20時手前、ホタルがふわっと光るのを確認


ご使用のモニターを拭いてから御覧下さい!
非常に微妙な写り方なので、場合によっては
スクリーンの汚れにも見えます(泣)


クリックで拡大します。

お手数ですが、原寸表示ではページが激重になるので
クリック前は320×240表示になっております。

よ~く探してみて下さいね。

e0183804_450287.jpg
見えます?画像中央の上部寄りの点なんですが…



e0183804_4512674.jpg


e0183804_452560.jpg
増えてきた!


e0183804_4525053.jpg


e0183804_4534677.jpg


e0183804_454656.jpg


e0183804_4543024.jpg


e0183804_4551370.jpg


e0183804_4554750.jpg


数年前に来た時より随分多い。適度な湿気と気温。この時期にしてはかなり良い状況だそうで。
充分 自分の目で楽しんでから撮影。ペラいIXYでも長時間露光で何とか撮れました!

その後は、スタンドで教わった一色川方面へ。ホタル公園から10分くらいの場所です。


ここは歩道が川から遠く、背の高い草にも遮られてよく見えません。ホタルも低く飛ぶ。
しかし、水田に映るホタルの光は、やはり見事。二週間前に"ホタル祭"が行われたそうだ。

e0183804_4562526.jpg


e0183804_4564036.jpg


シーズンど真ん中においては、何と百匹単位で飛びまわるそうです!!次は狙ってみようか。




いやーホタルはいつ見ても良いもんです。力強いカエルの声を背に受けながら帰路につく。

東京へは、脇目も振らずに突っ走りました。途中で小雨が降り出しましたが大事には至らず。

一気に到着!! 午前1時でした。

e0183804_4594145.jpg


往路 6時間半  復路 4時間ちょい
総走行距離 335.9km 燃費59.2km/L
 カブ優秀過ぎて怖い!


愛知の実家から車で20分程のところに、ホタルが舞いまくる田園地帯がありました。
観光スポットでもなんでもありませんでした。水路には幼虫とエサになるカワニナ。
突っ立っているだけで、何匹も止まってきました。鞍ヶ池までの林道にもいました。

夏の風物詩と称えられるのに、実際に天然のホタルを見るチャンスは、なかなか有りません。

暗い森も綺麗な水流も、田舎に行けばどこにでもありそうですが、実は無いみたいですね。

北関東辺りでは、これからがホタルシーズンです。
見た事が無いというハイパー都会っ子達には特にホタル見物に出かけて欲しいものです。
ファイナル蛍チャンスのタイミングを調べておけば大丈夫!

闇夜の森にフワリと浮かぶ緑の光は、幻想的という言葉が安っぽく感じられる程です。

これから毎年、初夏はホタルを見に行こうと心に決めたツーリングでした!!
[PR]

by t-r-cub | 2010-06-27 23:59

愛知-東京 カブで帰省~復路 編~

晴天!30℃という大台に乗る。
晴れ男っぷりを改めて実感。


遅めの朝食を済ませ、荷物を積み込み、いよいよ出発!!
11:30 豊田を発つ。
復路では、素直に国道1号をメインに使っていきます。

豊田から走ること約1時間半、豊川の手前で国道1号に入る。

e0183804_2234048.jpg


ずっと大きな国道を走るので、しばらくは景色も変わらない。

おなじみ、自動車専用道路のヤロウに阻まれながらも、
側道や細道を利用して、何とか静岡入り!

e0183804_2235813.jpg
緑看板が、憎い。心の底から。冗談抜きで。



e0183804_225168.jpg
大きなカーブの先には、海。でも、一瞬…。


e0183804_2253572.jpg
すぐに浜名湖に差し掛かる。


フェンスと植え込みでほとんど見えません。あと、車の流れがとにかく速い!


道の駅 掛川 到着。

e0183804_226460.jpg
実家から約125km。時間にして4時間程。


更に2時間走る。往路と同じく、静岡市清水区のGSにて。

e0183804_2295617.jpg
180km走って、2.9Lの給油。


更に2時間弱、やっと…やっと長い長い静岡を抜けました!!
e0183804_2441932.jpg
出発から8時間弱。神奈川へ!


e0183804_231310.jpg
道の駅 箱根峠にて。辺りは既に暗く。


肌寒さを感じたので、大事を取ってレインウェアを着る。
箱根峠は、それなりに急カーブやアップダウンがありますが、
交通量が極端に少ないため、意外と走りやすいです。


箱根峠を下り、箱根湯本に差し掛かると、空気がぬるくなる。
小田原→平塚市→厚木市

e0183804_2312781.jpg
確か、本厚木駅。人がたくさんいました。


横浜市(青葉区)→川崎市

いつの間にか世田谷区から東京入り!!

渋谷方面に抜けるのですが、車が速すぎて怖いです!!

ここまで来れば、あと一息!

e0183804_232438.jpg
青看板にも高円寺の文字が!



そして遂に練馬区!!

e0183804_2322716.jpg
しかし、ここからちょっと渋滞気味…


燃費を計るために最期のGSへ。

e0183804_2325681.jpg




到着!!

e0183804_2333252.jpg


いやー長かった~!!本当に!



復路(愛知県豊田市-東京都練馬区 間)
距離 358.1km
燃費 60.48km/L
時間 11時間30分



往路よりも10km程 距離が増えていますが、時間は短縮。
まあ、休憩の長さや道路事情もありますが、
"12時間を切る!"という目標は達成できました!


まとめ。
・カブで帰れば、1回の給油で足りてしまう。
・国道に頼りすぎてしまい、単調な走行が続いた。


・幼少期に遊んだ場所や、思い入れの有る土地に行けるのが醍醐味。
 高校の時、実家が駅近くに引っ越したことも手伝ってか、グッとくる。
(車で行くより、感慨深いものが有る)


数日前、近所をカブで散策。
※例によって、画像はクリックで拡大します。


e0183804_23420100.jpg
晴天の下、豊田大橋とスタジアム


e0183804_312141.jpg
幼少期、友達と日暮れまで遊んだ場所に、カブで。
ザリガニもオタマジャクシも、謎の魚も、健在。きっと。


e0183804_2344939.jpg
鞍ヶ池まで続く林道。クワガタ採りの定番コース。
よく採れたスポットは、今でも全て覚えているものだ。


e0183804_2361293.jpg
一際辺鄙な場所に建つ。自宅からは、とても遠かった中学。
農道も通学路の一部。こっそり自転車で通学したり、懐かしい道。

e0183804_2363437.jpg
友人と馬鹿話をしながら。互いに意識し合っていた○○さんと、ドキドキしながら。
カブなら、あっと言う間だ。



丸半日もカブに乗っていたので、目が乾く、ケツ痛い、首筋が張る。
往路でも書きましたが、キャンプツーリングにしようかと思いました(何度も)
そうすれば長時間走行も楽しくなるかも知れません。

やはり、1日で350kmも走るのはきつい!

事故も故障も、小さなトラブルすらも無く、無事に往復出来た事に
感謝しつつ、思いっ切り寝ますemoticon-0113-sleepy.gifemoticon-0113-sleepy.gifemoticon-0113-sleepy.gif

カブもよく休ませます!!

■往路編へ戻ります
[PR]

by t-r-cub | 2010-05-21 23:59