タグ:カブのメンテナンス等 ( 10 ) タグの人気記事

カブ90DXドライブスプロケット1丁あがり。

えー、久々の更新です。


久々過ぎてログインすら危うかったってくらい久しぶりです。
毎度同じような事を言っておりますが、私は至って元気です。


なんだか色々ありまして、今現在もなんとなく色々なのですが、
カブのほうも色々ありまして。


上記の通り幾つか手を加えたのですが、その中のひとつ。
それが表題の「ドライブ・スプロケット」の交換です。


冒頭の色々でございますが、居住地が変わりまして、
長閑で自然(田畑)豊かな土地へと移ったのでございます。

e0183804_11561557.jpg


所変われば品変わるとはよく言ったもので
都会では多用することのなかった高速域の出番が格段に増えました。


90ccという小排気量の宿命なのか何なのか、
50km/h超あたりでやってくる振動&振動!!


手が痺れます。エンジン音も聞いてて不安になります。


都会にいた頃は信号や曲がり角が多かった、、、でも今は。。。


田んぼの間をぶち抜くストレートな農道(結構長い)
信号機?HAHA~ソイツぁ2kmも先だぜBOY!と言わんばかりの県道。
やたら広くてキレイで交通量の多い、地方によくある国道バイパス


そんな環境下、最も快適なのは50km~ぐらいでの巡航。
あ、あくまで法定速度に従ってのお話ですからね、ね?
道路に「50」とか書いてある道の流れに乗りたい、快適に。
それが私の願いなので、スプロケを交換してみました。


「google先生曰く」
・フロントのスプロケ丁数を大きくすると
「加速する力は小さくなるが、出せる速度は大きくなる」・・・と。

なんか、イメージとしては筋力と引き換えにスピードを上げるみたいな感じすかね?

e0183804_14170326.jpg
※注 想像図


ってことだったので、鵜呑みにしてネットでポチ。
1000円以下で出来るカスタムです!

楽天AF キタコ スプロケット16T420


ノーマルでは15丁だったフロント(ドライブスプロケット)を16丁に。



僕が求めているのは最高時速UPじゃい! とか、スピードアタックじゃい!ではありません。結果的にカスタム内容は同じなんですが、50km/h以降から現れる振動を和らげたいというもんです。
最高速度のアップとかは、あくまでも副産物ですので悪しからず!




じゃ、取り替えまーす。
※安全確保のため、メインキーを抜いてから!!


・下準備
チェーンを緩める、ケースを外す、などなど。

e0183804_12045140.jpg

e0183804_12045587.jpg



これらを緩めていきます。
チェーンの張り調整と同じ手順ですね!

順番は色々それぞれなのでしょうが、ここではとりあえず
下記のダブルナット部分を緩めます。


e0183804_12065103.jpg

e0183804_12070406.jpg



外側19mmを緩めたら内側の23mmを緩めます。
(新型カブはここがダブルナットじゃないそうで、うらやましいです笑)


・タイヤが空転するので、車体右側のナットに14mmレンチをかけて作業します。かなり硬い事が多いので、しっかりした工具必須です。
・勢い余ってバイクを倒さないように!




e0183804_12141390.jpg

上記23mmのナットですが、あまり使われない規格なのか何なのかソケットレンチのセットとかにはあまり入っていません。
カブ乗りはこのナットを緩めるためだけに23mmレンチを購入する宿命にあったのです。

カブ110はココが14mm&19mmというメジャーなサイズ!
モデルチェンジにより呪縛は解かれた模様。
ですが、愛車はC90DXなので数年前にKTCのソケットを購入しました、泣く泣く。固着していることもあるのでそこそこしっかりした工具がおすすめです。純正車載工具でも出来るっちゃ出来るはずですけどね・・・。

■楽天AF 23mmレンチ




アジャスターを緩める。

e0183804_12163699.jpg

チェーンを後輪側に引っ張っている機構です。
前スプロケの直径が大きくなる分チェーンにゆとりが必要となるはずなので(特に取替の際)なるべく多く緩めておきました。
アジャスタは10mmナットを回して調整します。




e0183804_12192496.jpg

チェーンの調整の友、目盛りです。
本体側に刻まれた目盛りとアジャスターのラインを合わせて左右のバランスを確保します。
ただし、だいたいの目安として利用したほうが良いかもしれません。最後に信じるのは自身の目と、心とか、ですかね。
僕自身はノギスやスケールを使って調整しています。いまだに何度もやり直しています笑
■楽天AF ノギス スケール を探す!





e0183804_12200045.jpg

チェーンケース(カバー)を外す。
ドライブチェーンを覆っているカバーを外します(外すとは言っていない)
実際は外さなくても出来るのですが、まあ今回は外します。
不慣れなので。
右上(画像赤丸部)だけはボルトが長いので
戻すときにはご留意を。




e0183804_12281701.jpg

下半分を外した図。
同じ要領で上も取り外しておきます。

■楽天 カブのチェーンケース





シフトペダルを外す。

e0183804_12304032.jpg

ペダルの角度調整もついでにできちゃいますね。
画像赤部の10mmボルトを抜いたら外れます。
戻す時はペダルの角度に注意です。あまりにシフトチェンジしにくい場合は再度調整しないと危険です。


※ペダルを外す前にギアを1速に入れておくと作業がしやすい模様!
私は何も考えずに外してしまったため、常にシートに跨ったり車体に覆いかぶさって作業するハメに。


何も考えずに外してしまった図。
e0183804_12340787.jpg






クランクカバー?ケース?を外す。
e0183804_12353529.jpg
クランクカバー?を外す。
正式名称はわかりませんが、なんだかエンジンを分解する技術者のような気分に浸れます。でも気分だけです。それぞれのボルトを抜けばカバーが外れます。
e0183804_12521003.jpg

※外れにくいor戻しにくい場合は
左のサイドカバーを外してから作業しましょう。
カバーを外せば複雑至極なエンジン機構がお目見えするのではと、恐れ慄いていたのですが
割りと大丈夫でした。



ただ、写真を撮り忘れてしまったのですが、
手芸用の糸みたいなものがスプロケ固定部分に絡みついていました。
また、ケース内は園芸用培養土みたいにモコモコした汚れが付着。。。

取り外し後、チェーンクリーナー等を駆使して清掃しましたが
今後も定期的に開けて掃除したほうが良さそうです。





スプロケットの交換。
いよいよ核心部分です。

e0183804_12590593.jpg

ドライブスプロケットを固定するボルトを緩めます。
前述の通り、1速に入れておけば多少は作業しやすかったのでしょうがすでにシフトペダルはを外してしまったため後の祭り状態。
固定ボルトを回そうとすると歯車は回転するので、後輪を何かの上に載せるか車体にまたがってリアブレーキを踏みながら作業します。



e0183804_13005951.jpg

ボルトが外れました!
固定プレートを少し回して取り外します。ボルトは再利用します。歪みが無いかをよく確認してクリーニングしておきます。




ドライブスプロケットを外します。

e0183804_13022527.jpg

前の手順でチェーンをしっかり緩めておいたのでスムーズに外れました。
この機会に内部やチェーンを出来る限り清掃。
※パーツクリーナーは軸回りのパッキンみたいな部分などの樹脂製品にダメージを与えるらしいので
必ず対応品を使うようにということです。


また、チェーンを外して作業する場合は
1速に入れておくことが必須条件かもしれません。
チェーンに砂や小石が付着しないように注意!




満を持して新しいスプロケを組み込みます。

e0183804_13072221.jpg

今回使うのはキタコの16T・420サイズです。

■楽天AF キタコ フロント(ドライブ) 420サイズ
トルクUPも良し、スピードUPも良し、お好みのT数でカスタム!


e0183804_13170434.jpg

ノーマルと較べて一回り大きいかな。
軽量化されていて見た目もそれっぽいですね、見えない場所ですけど。





ドライブスプロケット、取り付け!!
e0183804_13181348.jpg

歯にチェーンを引っ掛けた状態で取り付け作業をしました。





ここから画像を撮り忘れました。。。
もとの手順で戻すだけなので大丈夫だと思います。。。




e0183804_13193782.jpg

固定プレートは上記画像にある溝に合わせて少し回し、スプロケの取り付け穴と位置を合わせてボルト固定します。
スプロケ自体、多少ぐらつきがありますがそれで大丈夫です。

チェーンと歯がしっかりと噛み合っているかをよく確かめます。

で今後は逆の手順で戻して行きましょう。

・チェーンにはしっかり注油しておきました。僕はいつものKURE スーパーチェーンルブを使いました。結構な量が必要なので普段はkureを愛用しています。スプロケも新品なので油分が無いので念入りに。
※kure5-56のようなCRCスプレー系は商品の種類によっては樹脂を痛める可能性があるそうなので注意書きをよく確認しましょう!チェーンにはチェーンルブがいちばんです、当たり前ですが専用品ですから。




e0183804_13340110.jpg
素人でもなんとか完了!





ドライブスプロケットを1T上げてみて・・・!

あくまでも、数キロ流してみた上での個人的な感想です。
個体差や好み、普段の乗り方や道路状況によってはむしろデメリットが生じるかもしれません。ノーマルのセッティングを変更するのですから。
兎にも角にも、ご自身のカブで確かて下さい!
e0183804_14242704.jpg


少し不安だった発進時や上り坂ですが何の問題もありません。

1速・・・力強さは健在。
スロットルを戻した時のガクガク感は軽減されました。

2速・・・ワイドレンジ感が増大。
発進も登坂もスムーズ。以前より高速まで引っ張れるようになりました。

3速・・・快適な高速巡航!
振動や回転音がかなり軽減され、すごく乗りやすくなりました。

3速発進や急坂での加速は流石に厳しいのですが、ちょっとした上り坂くらいなら今まで通りある程度加速も出来ます。緩やかな上りですぐ減速といったこともありませんでした。
平坦な道路での最高速は10km/h以上伸び、最高速度に達するまでの時間も短縮。何より、快適な巡航速度で、手が痺れないのも良いですね。




ただし、今までと感覚が違うので注意が必要でした。
これまで、音や振動で最高域を感じられたのですが、スプロケ交換後はそのタイミングがずれ込んでしまい気づいたらかなりのスピードになっていたり。。。3速時のエンジンブレーキが弱くなった事にも慣れが必要かと。
トルクの増大(ショート)でもスピード向上(ロング)でも、設定を大幅に変更する際はブレーキの強化等も視野に入れないと非常に危険なので、必ず安全性を確かめた上で作業する事をお勧め致します。





何はともあれ、非常に乗りやすくなりました。
定番カスタムとされている理由がよくわかりました。
もっと早く交換しておけば良かった、
と多くの方が書いている理由もよーーく分かりました。


これからは快適なカントリーライディングを楽しめそうです。


e0183804_13441206.jpg

作業の後のお片付けって大変ですよね。カスタム完了で気持ちが切れているので笑


[PR]

by t-r-cub | 2017-07-01 00:00 | Trackback | Comments(9)

シート張り替え!意外と綺麗にできました。

カブのシートを張り替えてみました。


バイクのシートを張り替えるなんて・・・そんなんできるか!と思っていましたが、
やってみると意外に簡単で、なかなか楽しく、しかも綺麗に仕上がりました。

e0183804_11422957.jpge0183804_11422027.jpg
まずはこのシートをご覧くださいませ・・・。
いつだったか、リトルカブ用のリアキャリアを装着した際、
タンデムシートとセットで購入したアウスタのリトルカブ用シートです。

リトルカブ用の可愛らしいカラーリングが気に入っていたのですが、この現状。
シート表皮が破れたというより硬化してひび割れたというのが正解かもしれません。荷重がかかればシワが寄り、そこから疲労と摩耗で劣化したみたいです。

このシート、高さや硬さは申し分ないのですが、表皮素材のせいか
すっごく滑るよ状態でした。そのうえ取付角度の問題か、
はたまた形のせいなのか、全体的にちょっと前傾しているらしく、
ブレーキの度に体がケツごと前方へスライドするという機能付き。

あくまでもリトルカブ用をつけていたので、90DX用とは微妙な差異があったのかもしれません。ヒンジ(ちょうつがい)にワッシャー等を挟んで軽く前方を浮かせることで対処していましたが、随分前から劣化が気になっていたので、
潔く交換することにしました。



e0183804_1149599.jpge0183804_11485744.jpg
取り出しましたるはこのシート。
何を隠そう、我が家の奥で休眠していたシートです。
カブ購入時についていたシートで、日本一周時もコレでした。
(分解後に分かったことですが、シートベースはHONDA純正で、
後に表皮だけを社外品に張り替えた模様)

本革のような美しき風合い、しっかりとした表皮、快適なグリップ感、
非常に優れたシートで、買えばソレナリ万円するという噂もダテじゃありません。

しかし、中身が薄く硬さを感じるので長時間乗っているとお尻が痛くなる。
そのせいでステップに乗せた両足が窮屈になり定期的に膝を伸ばしたくなる。

という欠点もあります。

なので、今回は表皮を剥ぎ、中にスポンジを足してやり、
テンピュール(懐かしいw)もびっくりのハイパー快適シートを
目指そうと思います。(注:低反発ではありませんが・・・)



詰め物をすると当然シート高もアップするので、足着きが悪くなります。
現状、僕のカブは両足が地面にベッタリ着くので問題ありませんが、
オフロード車などシートが高めの場合は足着きが不安定となり、
場合によってはとってもキケンです(林道とか信号待ちとか)
その際は元のスポンジを削って(俗に言う アンコ抜き)から進めましょう。




というわけでして、今回の作業内容は
・シートの張り替え(張り直し)
・中身の厚み調節(俗にいう アンコを盛る)

の2点でございます。


e0183804_115316100.jpgまずは取り外し。
M6のボルトで固定されています。
前述のようにシートが前傾時には
このヒンジ(蝶番)にナットや
ワッシャーを適度に入れて
多少の調整を行うと改善します。
でも多少です、強度も心配ですし。


e0183804_11554356.jpge0183804_11553598.jpg
裏返して表皮の端っこを御覧ください。
ホッチキスのでっかい版みたいな金属の針が打ち込まれています。
これを全て外してやれば表皮を取り外すことができます。

右画像の様にマイナスドライバーを食い込ませ、グリグリやれば開いてきます。
その後、浮いた針をペンチなどでゆっくり引き抜いてやります。



・マイナスドライバーは 細め → 太め と段階的に差し込みました。
・ラジオペンチでも可能ですが結構なパワーを要するので大きめのプライヤーが
 あると楽です(実際ラクでした)
・どちらの工程も力任せにやると針が中で折れてしまうので、ゆっくりと!
・また、ここで表皮の端が破れたりもしますが、少しなら大丈夫(だと思います)




e0183804_1159172.jpge0183804_11591017.jpg
針を全て外したら表皮を慎重に剥がします。
スポンジ汚ねえええええええええええ
と思いましたので軽くファブリーズをかけて完全乾燥を待ちます。
梅雨時や雨天下の作業、中身が水を吸っているor湿っている場合は
完全に乾燥させる必要がありそうです(カビの原因になるとか…!!)


e0183804_1261559.jpge0183804_126742.jpg
ここで素材と工具の登場です。
東急ハンズで見つけたウレタンフォーム(50cm×50cm 厚さ2cm)をチョイス。
厚みや弾力の具合を確かめ、直感で選びました。500円以下でした。

同じくハンズにてタッカーを購入。ホチキスの親玉みたいな風貌で、
樹脂や木材にも針を打ち込める工具です。これは1100円でした。
ダイソーとかにもあるらしいのですが、安心のMAX社製をチョイス。



ネットで検索したところ、詰め物として発泡ウレタン以外にも
かの有名なゲルシート内蔵のゲルザブ(楽天AF)や、
地震対策や防音で使う衝撃吸収シート、コットン、バスマットやら
低反発クッションの中身(それこそテンピュール的な)など、
色々な方が色々な工夫をしています。好みや形状と相談しながら
ベスト素材を見つけられればこっちのもんです。



/MAX ホビーホッチキスガンタッカー

/MAX ミニタッカー
価格:1,010円(税込、送料別)

卸問屋 都築屋本舗(※楽天AF)
今回使用したMAXガンタッカーです。シート張り替え以外に、普通のホチキスとしても使える便利な逸品です。
打ち損じはほとんどなく、作業効率はかなりのものでした。
針も400本ついてます。





e0183804_1265732.jpge0183804_1264363.jpg

まずはウレタンフォームを大まかにカットしてみます。
小さすぎるとどうにもならないので余裕をもって切りました。

その後、サイズを見ながら微調整をし、切り口の角度を合わせてみました。
本来はヤスリやペーパーを使って綺麗に形成するようですが、
このシートの表皮は厚めで多少の段差はカバーしてくれるだろうという
希望的観測から普通のハサミで大雑把に。



※ここで仮止めして表皮を被せ、実際の車体と合わせ
座り心地や取付角度を確認しましょう。




実際はこの時点よりもう少し堅めになるとは思いますが、跨ってみたところ、
座り心地も高さもベストだったので、いよいよ本組みに入ります。

元々のスポンジと追加用ウレタンフォームを軽く接着します
(溶ける可能性もあるので、接着剤の注意書きを確認!)
表皮を被せ、段差や凹凸が無いか、固定できる程度に
表皮のエッジ(端っこ)に余裕があるかも確認!


e0183804_12145721.jpgさらに、緩衝材シート(ワレモノなんかを包むアレ)を全体に被せます。これは細かな段差や凹みをカバーし、表皮と中身が擦れ合って欠けたりするのを防ぐためです。ネットで調べまくった結果です。効果の程は・・・多分あります!



e0183804_12165941.jpg更に更に、シートを丸ごとビニール袋に入れちゃいます。雨が降っても湿気に晒されてもスポンジが湿ることは無いでしょう。専用品もあるみたいですが、私はウレタンフォームの入っていた袋を再利用。適度な厚みがあれば大丈夫そうです。



e0183804_12181044.jpge0183804_1218072.jpg
表皮を被せて大まかに位置を決めたら強めの洗濯バサミなどで仮止めします。

まずは最前部と最後部にタッカーを打ち込みます。
ここでは仮止めくらいにとどめておきました。

その後、横方向に伸ばししがらシワを取りつつに各部を合わせ、
少しずつタッカーでの打ち込み作業を進めていきます。

e0183804_12203378.jpg


タッカーは射出口をシートベースにグッと押し付けて打ちます。
(※ シートベースが歪まない程度の押さえで!)
上画像のの状態ならば修正可能です。
表皮側にあて布をして大きなプライヤーで挟み、ゆっくり押しこむか、
マイナスドライバーやペンチの平らな面を使って押し込むか、
あるいは金槌とかで軽くトントンしてやるか、いずれにしても針の両脚が
ある程度食い込んでいればどうにかなります。

パワーが足りない製品や押さえつけがイマイチだと上記画像のバツ印の如く
フニャリと曲がったり刺さらなかったり。その場合は潔く引き抜いてから
再び打ち込みましょう。曲面や狭い箇所は要注意です。


e0183804_12285127.jpgさすが、ホチキス界の王者と名高い
MAX社製品です。打ち損じは数える程度で、バシバシとめてくれました。国内シェア75%超という実績に恥じぬ素晴らしさ!ちゃんとしたのを買って正解だったのかもしれません。



全体が上手く留まったら打ち忘れや隙間の有無を確認し
はみ出した緩衝シートやビニールを切り取って終了です。
裏側は見た目が悪くても気にしない…。
ただし、針が飛び出してたり固定が弱い部分は見逃せません。




で、いちおう完成なのですが・・・!


e0183804_12322182.jpge0183804_12321227.jpg

なんか、思ったより綺麗に出来てしまった・・・!というのは不遜でしょうか?

当初、表皮に現れていたヘコミやスジなども綺麗に消え去り、
「何かモノを詰めたッス」的なDIY感もありませんよ、ありませんよね!?
パイピング部分も何とかラインに沿ってますし、妙なズレも見られません!
・・・よね?(再確認…)


そして、肝心の座り心地は・・・!?

もう、パーフェクト!!

心地よい弾力と適度な沈み込み、荷重を絶妙に分散してくれています。

テンピュールがナンボのもんじゃい!!

と大声で叫びたくなる座り心地、いつまでも座っていたくなる様な快適さでした。


e0183804_12354244.jpge0183804_12352934.jpg
e0183804_12362248.jpge0183804_12361172.jpg

サイズ比較。画像を並べてみましたが、なんとも言えないところ・・・。

当初は再びアウスタでシートを購入し別途カバーを掛けようとも考えましたが
結局は劣化するだろうし、座り心地もイマイチだったので気後れしていました。

90DX純正のシートは高いし高価だしエクスペンシブだし・・・
なにより、黒くてぽこぽこしたビジネス感丸出しのシート。
リトル用のお洒落っぽいシートに慣れた自分にはどうにもこうにも・・・。

なので今回、気に入ってはいたものの使わずに押し入れで
眠っていたシートを復活させられて大満足です。



零カスタム楽天市場店 (※楽天AF)

世間ではゲルザブという便利グッズが重宝されています。これは衝撃吸収ゲルが内蔵された座布団で、シートカバーのようにして使えます。また、シート表皮下に詰めて使用する内蔵型もあります。ルックスが気になる場合はコチラを。それなりに値は張りますが効果はバツグンだそうです。
また、手軽なミニバイク用シートカバーもオススメです。私も使っていましたが、ちょっとした劣化や穴ならこれで対応できます。滑らないし水も弾くし、丈夫です!




e0183804_12382857.jpg余談ですが・・・
取り付け前にバスマジックリンで
かるーく拭いてみました。
ペーパーが黒ずんでいるのが
お分かりでしょうか・・・。
(一目瞭然)

ガンコな汚れには「zippo用オイル」や「ラッカーシンナー」が効きますが、
素材や色合いによっては取り返しが付かなくなるので必ず目立たない部分で
テストしてからお手入れを!シートが汚いとバイク全体が汚く見えるし。

e0183804_1242974.jpge0183804_1242056.jpg

大雑把な作業でしたが、座り心地が大幅に改善されて驚いています。
今後もこのソファーシートが大活躍することは間違いないでしょう。

※タンデムシートも軽くヘタり始めてるのでX-DAYを迎える前に
なんとか対処したいところです。が・・・
シートカバーから自作は出来そうにありません・・・。





[PR]

by t-r-cub | 2014-04-26 20:20 | Trackback | Comments(6)

カブ90とリトルカブのヘッドライト球を交換!


なんだかんだでツーリング等にも行っていないので整備やらが続きますが、
今回も備忘録って感じで、長々と記録しております・・・。

本日の記事は
・リトルカブのヘッドライトバルブ(電球)を交換
・汎用ベーツライトのバルブ交換(ハロゲンバルブに挑戦)



友人の乗るリトルカブのロービームが夏から切れっぱなし(!)だったので、
後学のためにも交換&記録させて貰いました(実験じゃないです、ほんとです)

e0183804_3224943.jpgまずは正面に立ち、時計でいうところの4時・8時方向にある2本のボルトをプラスドライバーで緩めます。するとヘッドライトのリム(銀色の枠)がレンズと共にグラグラと動くのでそのまま引きます。上部がツメで引っかかっていますので様子を見ながら少しずつグリグリと。


樹脂製の部分も多く、力任せに行うと欠けるかもしれませんので
引っかかっても、ゆっくりと丁寧に作業を進めます。




e0183804_3245163.jpge0183804_3245433.jpg
上記のリムを外すと線の繋がったコネクタ、ソケットが見えるので、
これをグイッと押し込みながら反時計回りにひねれば外れます。



e0183804_3271563.jpge0183804_3272195.jpg
ソケットが外れたら電球のお目見えです!(ヤケドに注意)
おい・・・なんかハンダが流れとりますが・・・!!
光らない原因は球切れではなく接触不良だったみたいです。
とりあえず今回は端子を綺麗にして装着したら無事に光ったのですが、
ソケット側も熱で変形しているので、近日中に交換修理をすることに。


e0183804_3294541.jpge0183804_332117.gif
使用するライトは「M&H マツシマ」のヘッドライト用ダブル球
(電球の中に発光部が2箇所あり、hi/lowを切り替えるもの)です。

友人の大事な愛車なので、規定通りの白熱球を採用。

これは純正と同じ規格で12V 30/30w もちろん信頼のMade in Japanです。
金口の型番はP15d-25-1というものです。
ハロゲン球のPH7という金口と同じ規格でもあります。

■ M&H マツシマ 金口規格の一覧
また、これはスーパーカブDX/STD 系にも適合するものです。

年式によって異なる場合もあるので、適合は確かめたほうが良さそうです。

■carparts SPARK・・・ページ下部に二輪車用の適合表あり。
メーカーから検索できて、車種、排気量、年式 などの差異も記載されています。

e0183804_3372826.jpge0183804_3373064.jpg

バルブを抜き取り、電球の突起とケース側の切り欠きを合わせてから
新しいバルブを装着するので向きを間違えることはありません(おそらく)

e0183804_3423963.jpge0183804_3224943.jpg
逆の手順でソケットをねじ込んだら、ケースの位置を合わせ、
再び最初の4時8時のボルトを閉めてやります。


エンジンをかけてライトの点灯、hi/lowの切り替えが正常かをチェック。

大丈夫そうならこれで作業終了です!!


※ちなみに、リムの真下(6時の位置)にあるボルトは「光軸(光の向き等)を調整するため」のものです。場合によっては電球の交換やリムの脱着で光が上向き過ぎたり逆にやたらと下向きになったり・・・それを微調整するのが光軸調整ボルトです。交換後に違和感を覚えたら調整してみるのも吉です。
e0183804_412010.jpg

光軸のイメージ・・・あくまでもイメージです。想像図です。

ボルトを締めれば光軸が下がる筈です(逆だっけ?自信ない) まあ、その辺りをいい感じに?しつつライトの向きを微調整します。あまりに上向きだと目先が暗いし対向車や前方車が迷惑します。その逆だと近くばかり明るくて危険です。
(向きが極端におかしい場合は取り付け方法に問題があるかハンドルに歪みがあるかです、再度確認してどうにもおかしい場合はバイク屋さんへ!!)


ウェビック 楽天市場店(楽天AF)
[リトルカブ] M&H マツシマ 白熱電球 [ヘッド球...

[カブ] M&H マツシマ 白熱電球ヘッド球
価格:473円(税5%込、送料別)

金口の形状に留意して選べば白熱球もハロゲンも装着可です。
今や500円以下のハロゲンも!楽天AFで大変申し訳ないのですが
適合をお確かめのうえぜひ色々と探してみて下さい!





ベーツライトのバルブ交換手順

e0183804_3391420.jpge0183804_4151943.jpg

で、ここからは私のカブの話なんですがベーツタイプと呼ばれる
汎用のヘッドライトがついています。これが暗くて■ワークライトを装備したり
頑張っていはいますが、ついでにヘッドライトも交換してみます。
(実は上記リトルのバルブ交換前の練習を兼ねていたり・・・w)

e0183804_4194167.jpgナップスで安くなっていたハロゲンバルブです。これは先のP15d-25-1の金口と同型であり、そのまま装着できます。
金口型番はPH7で12V 25/25w です。
金口の形状としては
PH7 ≒ P15d-25-1
と覚えておくことにします!

ハロゲンバルブは高熱を発するので、ケースの形状によっては
その熱でレンズや端子が溶けたりする危険もあるそうです。
(友人のリトル号は白熱球でも溶けかけてましたけど・・・!)

e0183804_4272734.jpgまずはライトの半分解。
リムの下部にあるボルトを回します。

固定ボルトがサビサビで恥ずかしい…
これもそのうち交換しときます。



e0183804_428751.jpgリムをグイグイッと外します。
角が立っていて非常に鋭いので
怪我には注意が必要です。

ナットがなんか細長くて特殊っぽいので
なくさないように気をつけて進めます。



e0183804_4321242.jpge0183804_432124.jpg

リムが外れたらリトルと同じ要領でソケットと分離。

上の小さな電球はハイビームインジケーター用です。
この状態でエンジンをかけるとあら綺麗!!でも電気喰ってそうです・・・。


e0183804_4334114.jpgレンズとリフレクターがコーキングでくっついています。バルブは「Stanley社の Ray Brig」というのがついています。コレに変えたのは確か4年以上前だったと記憶しています。少し煤がついていますが、耐久性に驚きです!どちらも切れていないので予備バルブとして車載バッグに忍ばせておくことにしました。




e0183804_685998.jpg■ PH-7 12V30/30W スーパーホワイト ハロゲンバルブ
【即納】【全国送料240円】

価格 360円 (税込) 送料別
お手頃価格の物も多いのでテストにも良さそう!
ヒロチーショップ楽天市場店(※楽天AF)


さて、いよいよ取り付けです。
果たしてハロゲン効果は如何程なのか!!!


e0183804_43578.jpge0183804_435044.jpg
まずは通常バルブ(白熱球 30/30w)






e0183804_435458.jpge0183804_435333.jpg
換装後のハロゲンバルブ(25/25w)

どうでしょう・・・?
デジカメ画像では分かりにくいのですが(常套句)、かなり明るくなっています。
少し白っぽくなり、光の中心に輪っかができていますが、照射範囲も改善され、
ハイビームの伸びも随分と良くなりました。

e0183804_440721.jpg対向車への配慮や反射物の目眩まし対策も考えつつ光軸のチェック&微調整を行い、作業は終了です。
ネジを締める時にずれやすいのでテープで軽く留めてから行うとスムーズかもしれません。

夜間に走行してみましたが、やはり照射範囲がぐっと広くなり適正な明るさが戻った感じ!たまに純正カブに乗らせてもらうとmy鹿の子号のヘッドが如何に暗いのかと感じていましたが今回ハロゲンバルブに換装したおかげでそんな不安も吹っ飛びました。


まあ、あとは耐久性ですね。

e0183804_4435856.jpg日本一周の際、千葉県は館山のあたりで
ロービームが切れ、急遽立ち寄った
ホームセンターカインズにて購入した
岡田商事 「MOTO FLARE」なる
バルブを装着してみた事があります。
30/30wですが60/60w級の明るさ!
と謳っていた中華製バルブです。

あれから月日が経ってしまったので詳細は不明ですが、
確かに凄く明るくて感動した覚えがあります。

しかし、その約1ヶ月半後、再びロービームが切れてしまったのです。

日本一周という状況下、振動が原因なのか、それとも取り付け作業がまずかったのか。その間、千葉県から長崎県まで走っていますし、やはり毎日の長時間点灯による正常な寿命なのか、…

中華製だったからというのも考えられなくもないけれど・・・。
交換した小糸製作所の国産バルブも日本一周を終了してちょっと経った頃に切れ、んで、前述のスタンレー製に交換したはずなので、約半年(日本一周中の2ヶ月+街乗り4ヶ月)で切れてしまったことになります。

何はともあれ、ヘッドライト切れは危険ですし、無灯火は取り締まり対象です。
たまには昼間でも手をかざして点灯しているか確かめておきましょう!!
特に交換直後はこまめにチェックしておく必要がありそうでございます。



e0183804_5401352.jpg

ちょっとコレは似すぎてませんかねえ?
言い逃れ出来るんですかねぇスクエニさんは・・・。
天下のFFキャラがですよ、まさか電球を・・・なんて、ねえ。





私的メモ:バルブのガラス部分に触れると、指の油脂などが付着するため
部分的に高温化が促進され、最悪の場合は電球が割れたりするという
おっそろしい記述をよく見かけます。が、そんな事はありませんという
あっさりした記述も見かけます。どちらが本当かは分かりません・・・
が、注意書きにも「素手で触んな・指紋付けんな」的な事が
思いっきり書かれているので、大人しく従いました。




ハロゲン球への交換は、結果的にとても明るくなって大満足です。
が、もともとが暗いライトだったから効果があったのかもしれません。

ハロゲン球にしたのに効果ねえぞ、って場合は色々なw数を試してみるか
もう、超絶テクを必要とするちまたで噂のHID化しか無いかもしれません。

ひとまずは今回のハロゲンバルブ氏とワークライト君のコンビネーションで
薄暗い住宅街から闇夜の林道まで対応できそうです・・・出来るのか!?




[PR]

by t-r-cub | 2014-03-25 23:59 | Trackback | Comments(8)

C90DX 順調メンテ!前後輪新調&プラグ交換。

・ツーリングに向けて色々と整備を!

誰でも出来る・5分で出来る(慣れれば)・ワンコインでお釣りがくる・という楽勝なプラグ交換と、
自分じゃ出来ない・時間も場所も技術も不可欠・お店で頼むべき夕イヤ交換の2本立てです!

しばらく遠乗りから離れていたこともあり、要整備な箇所がたくさん・・・。
このままではツーリング先も運が良くても病院という状況なのでメンテを遂行!




まずは夕イヤ交換!以前の交換から、何と3年半も経っていました!!)

e0183804_195212.jpge0183804_110944.jpg
左がフロント(前輪)で右がリア(後輪)です。
どちらもヤバいのですが、特に後輪はとっくに限界を超えています
なんか 「見たことも無い繊維みたいなの」 まで出てきています。
某サイヤ人さんの如く、限界を超えてパワーアップとかができたらいいのですが、
僕のカブはサイヤ人では無いので、さっさと交換することに致しました。


と、言っても、自分じゃとても出来そうにないので、お馴染みM.R.さんにて交換していただく事に。

e0183804_111439.jpgさすがプロフェッショナルです。
店主殿にかかればものの数分で完了!
ちなみに、カブクラスのチューブ入り夕イヤを
前後同時に交換した時の工賃相場は
17,000円前後が最安値っぽいのですが、
こちらのプロショップM.R.さんでは
夕イヤ代・廃夕イヤ処理代金、工賃、調整を含め
相場を遥かに下回る料金で行なっておられます。
お財布とおバイクとおライダーに優しいお店です。
ありがとう…本当にありがとうございますいつも。



練馬区や大泉学園近辺はもとより、都内・埼玉近郊でショップをお探しの方には
出張サービスにも対応のM.R.さんを強くお勧め致します。
修理・販売・オークション買付・出張・カスタム・その他諸々、何でも相談できるSHOPです!




e0183804_1191188.jpgちなみに、リッターバイクで日本一周を終えた
ミナガワ氏が、ちょっと会わない間に
なんとカブ乗りになっていました!
以前の愛車であるZRX1200と較べると
排気量差1110ccの小さな車体ですが、
ベトキャリにダブルシートといったカスタム、
そして何よりも彼の左手のピースから
楽しさ(勢いw)が伝わってきます。






e0183804_1215656.jpge0183804_12288.jpg
左がフロント、右がリアです。
ものすごいブロック!ものすごい溝!ものすごい新品感!!!
当然ですが、制動性が非常に良くなりました。なんかもうバイクがヒラヒラします!

「マンホールだ・・・ふえぇえ・・・怖いよー」「曲がり角だ・・・ふぇえ(略)」
というセリフもしばらくは吐かずにすみそうです。
結局、瀕死の状態で仙豆を食った某サイヤ人どもの気持ちを理解するハメになりました。
こうならない様に、夕イヤを始め、メンテナンスはこまめに行いましょう(自戒)




スパークプラグの交換

タイヤを交換していただいたので、次は自分で出来るパーツ交換を。
それはスパークプラグという数百円のパーツですが、エンジン始動の要。
(カブ90DXを始めとする旧カブ(悲しい響き)や、リトルカブも同じ手順です)


・キックペダルを何度も踏み込まないとエンジンが始動しない
・(バッテリーは弱っていないのに)セルボタンを押してもかからない。
・信号待ちとかでやたらとエンストする。

といった症状がみられる場合はスパークプラグの劣化もチェック!


e0183804_1261733.jpg

スパークプラグというのは多分文字通りスパーク(点火)するプラグ(栓)だと思います。
きっとそうに違いありません。(上はあくまで想像図です)
エンジン内で圧縮された混合気に対し、電極で発生させた火花をもって点火し、
爆発させてエンジンを回すんだと聞きました(風の噂で)

再びサイヤ人さん達に登場願いますと、要は電流がで爆発・回転が超サイヤ人化
というところでしょうか。さしずめ、プラグはクリリンさんの死といった感じか?

カカロット氏、怒る → クリリン死 → クリリンのことかー!(怒り爆発)→ 超サイヤ人化
めでたしめでたし

クリリンさんに効率よく死んで頂くためにも、プラグのメンテナンスは非常に大切な事なのです。
また、イリジウムプラグという非常に良いタイミングのクリリンさん(プラグ)もあります。

正直(お察しの通り)僕もよく分かっていないので、詳しく説明できませんが、
アイドノレスクリューやらキャブレ夕ーの調整は難しそうなので、とりあえずプラグを!

ちなみに僕の場合はなんか尋常じゃなく錆びまくってたからというのが交換理由です。
約3,000km走行したら新品のプラグに交換することが推奨されています。

e0183804_1305561.jpgカブ90DXのプラグはCR6HSAです。
■NGKの適合表で確認を。
パーツ屋さんにも表がありますし、
分からなければ訪ねてみて下さい。

ちなみに、CR6HSACR6HAという
よく似た型番のプラグがありますが
芯の素材が違うだけで、どちらを使っても
実は問題は無いそうです。
(が、念のため指定の型番を装着しましょう)





パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)
NGK CR6HSA
今回、私も使用したNGKのスパークプラグ「CR6HSA」でございます。リトルカブ・カブ90・プレスカブ・ジョルカブもコイツです。
イリジウムプラグ
CR6HSA装着車に対応するイリジウムプラグCR6HIXに相当するデイトナ製の高精度プラグです。加速性やトルクのアップ、燃費の向上が望めるとの声多数!他車種のプラグはパーツダイレクト楽天市場店にて!


カブ110や新型カブ(2012年以降製造)の適合プラグは
【5,250円以上で送料無料!】NGK スパークプラグ CPR6EA9S ネジ型
となっています。
詳しくはNGKの適合表をご覧ください。排気量ごとに検索出来ます(便利ぃ~!)





e0183804_132574.jpge0183804_1332180.jpg
まずは右の足もとです。
手順はリトルカブでも全く同じです。レッグシールド装着車は矢印部分の小さなカバーを外し、
その穴から作業。鹿の子号はシールドが無いので作業しやすい分、錆びやすい・・・。



e0183804_136619.jpge0183804_136169.jpg
プラグキャップと呼ばれるカバーみたいなのがあります。
そいつを手でクイクイっと引っ張ってやればスポンと外れます。



e0183804_13816.jpgここで登場「プラグレンチ」
車載工具に入っているはずです。
抜き差し可能なドライバーの軸を
ハンドルにする、例のアレです。
無くしていても数百円なので
コレを機に買ってしまうのも手です。

僕は車載工具を持っていないので
数年前にパーツ屋さんで買いました。
車載品より長くて回しやすいので便利です。





調べたところ、プラグレンチには数種類のサイズがあり、アルファベットで表されている様です。
CR6HSA ならば Cタイプ(またはC型)(六角寸法16.0mm)が適合レンチとされています。




パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)
カブを始めとするC型(16.0mm)はもちろん、B型(20.8mm)やD型(18.0mm) にも対応している3WAYのプラグレンチです。これ一本あれば代表的なプラグの大半をカバーできるという優れ物です。けっこうコンパクト。最新型のカブ50/110、ベンリィ110などに採用されているCPR6EA-9Sも前述のとおりC型なので、バッチリ対応しています。純正車載工具のレンチよりも使いやすく、回しやすいかと思います。色々なタイプがありますのでパーツダイレクト楽天市場店にて探してみるのも一興!!






e0183804_144577.jpgプラグの挿入し、左へ回します。
強固な錆やら積年のススが付着して
ガチガチにかたい時でも
無理矢理は厳禁です。ぜったいに。
穴ってのはデリーケートゾーンなので
紳士的に、極めて優しく扱いましょう。
もちろんプラグとかの話です。



e0183804_153850.jpge0183804_1511037.jpg
出て来ましたよ。どっちが新品かは・・・言うまでもなさそうです・・・。
焼け具合うんぬんとか以前に、錆び!サビ!これはもう純然たるサビサビ状態(そのまま)です。
これでもキック一発でエンジンが掛かってたんだから驚きです。ありがたくも恐ろしい。



e0183804_1564265.jpg新しいプラグを挿れるのですが、
必ず、最初は手でねじ込みます。
プラグレンチは非常に力が入りやすいので
もし取り付け位置がずれていたり
歪んでいたりすると大変です。
最悪、エンジンを分解するハメになるかも。
なので最初は手で優しく回します。
いきなりじゃなくて、まずは優しく指で…
その後、満を持して、挿入…。
満を持して、です。Manにも色々ありますが
いい加減しつこいのでやめます・・・




e0183804_1585240.jpge0183804_1585989.jpg
指で回らなくなったら、やっとこさプラグレンチの出番です。
まずはハンドル(棒)の端ではなく筒あたりを持って右に回します。
同じく、手で回らなくなったらハンドルを使い、ゆっくりと90~180度くらいの間で回します。
ここもオイル交換時のドレンボルトと同じく、決して力んではいけません。

e0183804_221059.jpg元通りにキャップを被せたら
晴れてプラグ交換の完了です。

試しにエンジンを掛けてましょう。
気持ち良くスムーズに回れば大成功です。



これから雨が多くなり、湿気や水滴でプラグの劣化が進みやすい季節がやってきます。
エンジンの掛かりが悪かったりエンスト回数が気になる場合は一度チェックしてみましょう。
ワンコイン&ものの5分もあれば可能ですからね!!




250CC以下の二輪車は、車検が無い分、メンテナンスは乗り手次第になってしまいます。
だからこそ、普段から愛車の状態をチェックし、こまめにメンテをする事が大切になります。

タイヤから繊維が出たり、プラグが錆の塊と化したりなんてことはご法度です。
今回は強き自戒の念も込めて太字にしておきました ↑ 皆様も気をつけましょう(懺悔)


なにはともあれ?これで安心してツーリングに出掛けられる状態となりました。
問題は梅雨。関東は梅雨入り宣言からしばらく経つのに雨が降りません。
それどころか数日後には台風が接近するとかいういや~な情報も。

車体と僕自身は万全なので、
後は天候とタイミングです・・・。

[PR]

by t-r-cub | 2013-06-11 00:00 | Trackback | Comments(6)

【誰でも出来る】 カブのオイル交換方法です!

カブ90のオイル交換をしたので、その手順を備忘録代わりにupしてみます。

はっきり言ってカブのオイル交換は本当に簡単・単純です。
自分で行えばそれなりに愛着も湧きますし、割と安く上がります。

ただ・・・

カブを含む原付クラスの排気量であればバイク屋さんにお願いする方がお得かもしれません。
交換時に出た廃油の処理に関する問題や、中途半端に残ってしまったオイルの置き場…etc

バイク屋さんに頼むと、料金は工賃含めて1500~2000円くらいが相場の様です。
しかも多くのショップが、同時に空気圧やブレーキ調整なども行なってくれます。

僕も普段は凄腕プロショップの ■ M.R.さん にて交換をお願いしています。
もちろん各種の点検調整も同時に行なって下さいますし、適切なアドバイスも頂けます。
しかも入れてもらったのは確かワコーズというメーカーののいいオイルでした。


でも自分で交換すりゃオイル代だけで済むじゃん!

と思ってしまいますが、現実というものはかくも厳しいものか、
交換時に出た廃油(古いオイル)は自治体によっては回収不可
な所もありまして、そういった場合はガソリンスタンドやバイク店や
カーショップ等に引き取りをお願いする事になります。
馴染みのお店があるなら別ですが、回収は有料である可能性が高いと思われます。


パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)

左の様な廃油処理パックの様なものを使用すれば
可燃ごみとして出せる自治体もありますが
それでも回収不可な地域も意外に多い様です。

ゴミ袋にトイレットペーパーを敷き詰めて廃油受けにするのも
メジャーな方法です。もちろん地面を汚さないようにしましょう!
(必ず適切な処理を行なって下さいね)




上記を踏まえた上で、「それでも自分でやったるねん!」という
奇特な方のみお進み下さいませ。





突然ですが、きたない下の図をご覧ください。


e0183804_4335597.jpg


あくまでもイメージですが…エンジンオイルの役割を超簡略化してみました。
(世界でもワースト1を狙えるくらい雑な簡略化だと思います…多分。)

クッソ雑なついでに、「ぼくがかんがえてるえんじんおいるのやくわり」を紹介します。

エンジンはきっと金属で出来ています。噛み合った金属が
ガソリンの爆発力によって超高速で回転するのですから、
内部のエンジン君たちは削れる・軋む・熱くなるの三拍子(もっとか!?)です。


そこで、エンジンオイルが滑らかな動きを保ち、錆を防いで発熱を軽減しているのでしょう(他人事)
エンジンオイルは潤滑剤保護液である、とまあこんな感じのノリの雰囲気なイメージで。

早い話、ローションみたいなもので、ギシギシからニュルンへと導いてくれるのです。


卑猥な想像をなさったかたは、きっと心が汚れています。
汚れっちまったオイルと共に、入れ換える事を強く勧めます。





・オイルのチェック

基本的には「3000kmの走行毎に交換」が推奨されています。
新車時は金属カスも多く付着しているので1000kmで交換が一般的な様です。

その他、季節や走り方によって交換するタイミングは様々ですが、
よほど長期間の休眠開けでもなければオーソドックスに3000km交換で大丈夫でしょう!


e0183804_4422272.jpgまずは現状のチェックです。
2~3分程度で良いので、
そのへんを走ってエンジン内部を
温めてから行うとスムーズです。
(コレを超絶難解専門用語で暖気というらしい)

オイルの量、汚れ具合を確認。
位置はお馴染み、右足もと。



e0183804_4431292.jpgこんなツマミがあります。
開けてもオイルは出ないので
ご安心を!



e0183804_444106.jpgエンジンオイル量
推奨オイル:ホンダウルトラ-U
(4サイクル2輪車用)
全容量 0.8L
オイル交換時 0.6L
給油後 必ずゲージにて
量を確認して下さい。

とあります。



e0183804_445810.jpgさて、先程のツマミを回すと
■17アイスの柄みたいなのが…!
これがオイルゲージというブツです。



e0183804_4453079.jpg
このオイルゲージというのは、オイルの量と汚れ具合をチェックするための物で、
先端が平たいギザギザになっていて、そこがゲージ(計測器)の役割を担っています。


・まず、毛羽立たないものでゲージをキレイに拭きます(ティッシュは避けましょう)

・キレイにしたゲージを穴に入れて、そっと引きぬいてみましょう。

・先端にオイルが付着すると思いますが、略図の通り、ギザギザ部分の範囲内に
 オイルが付着していたら(ほぼ)適正量という事です。


e0183804_4481952.jpgちなみに
チェックする際は右の画像の様に
ゲージを奥までねじ込まずに行います。
ここで汚れ具合もチェックしましょう。
古いとドロッドロのきったねえオイルが
べっとりと付着します。
(長いこと交換していないとオイルが減りすぎて
 ゲージに付かない場合もあります。
 実際僕のがそうでした)



e0183804_4522242.jpg汚れたオイルの例。
ここまで黒いととっくに
限界を超えています。
速やかに交換しましょう!





オイル排出だっ!!


e0183804_4531468.jpg今回はメガネレンチを使用。
見えにくく、力も入れにくいうえ
オイル汚れ等がベッタリと付着していると
非常に回しにくいボルトなので
ソケットレンチやメガネレンチを
使うのが良いと思います。■参照画像
オープンレンチやモンキーレンチでは
ボルトの頭が削れる(俗にいうナメる)
可能性が高いので注意です。



e0183804_4573739.jpg

地面に這いつくばって下から覗いた図です。エンジン下部にはいくつかのボルトがありますが
青丸で囲ったボルトがドレンボルトです。(これを緩めると廃油が出ます)



e0183804_4594225.jpg地面に向かって垂直になっているボルト
が正解ですのでお間違い無く!
レンチを左に回せば緩みます。



e0183804_505737.jpg緩めるとオイルが…!
上記のドレンボルトを
緩めると廃油が流れ落ちます。
ドッバーァァア!と出そうなイメージですが
Bow-Kowに余裕がある時のNyowみたいに
ススス~っと静かに流れ落ちます(お下品)

廃油パック等の受けの位置を
確認してから緩めましょう。



e0183804_582232.jpgあ~あ・・・やっちまったの図
ボルトが廃油受けに落ちました。
まあ、お約束です。



e0183804_5856100.jpg拾い上げて綺麗に!
ドレンボルトには
シーリングワッシャー
というリングが付属しています。
無くさないように気を付けて!



さて、上記のシーリングワッシャー。その名の通り密閉性を保持するための座金です。
こいつがなければいくらボルトを閉めてもオイルが漏れ落ちてしまいます。

オイル交換時にはこのワッシャーも新品に交換する事が推奨されています。

ですが・・・

バイク屋さんでのオイル交換でもワッシャの交換はされない事が多いのです。
目に見える程の変形(歪み・割れ)や錆などがなければ再利用してもおkとの事です。

※サイズが合うからといってホームセンター等のワッシャーを使うのは危険だと思います。



e0183804_10192516.jpg

※リトルカブ等 一部車両には「エンジンガード」なるパーツが存在したりしなかったりします。
■参考までに検索(別窓:Google画像検索)   画像はホンダHPより拝借。
ドレンボルトの位置には穴が設けられているので無理に外す必要はないようですが、
その際はソケットレンチを使用しソケットの長さが足りるかどうかを確認してから
作業を始めると良さげです。(メガネレンチだと平坦なのでボルトが回せません)

また、外したる!と一大決心した方は、上記画像をご覧ください。
レッグガードを留めるボルト(多分10mm)を両側とも外せば、あとは引き抜けます。
ステップ下部のパイプのとこにツメが引っ掛けてあるだけなので。





エンジン内部から廃油が出なくなってからも、車体を前後左右に傾けたり
キックペダルを踏み込んでやると(ちょっと飛び散りますが)まだでます。
もちろん念のためキーは抜いておき、誤ってエンジンが掛からない様にしておきましょう。

e0183804_5105369.jpgボルトを締め込みます。
上記のワッシャーも忘れずに。
ポイントは締め込み過ぎない事です。
力任せに回すとエンジン側の
ネジ穴が変形してしまうので
ググッと締め込んで、
もう回らないかなくらいで
とめておきましょう(表現が難しい…)





いよいよオイルを補充!!

e0183804_5122927.jpg

ここから補充に入ります。オイルはホンダ純正のウルトラG1というオイルです。
ホンダのショップでもコレを入れてくれます。コダワリがなければコレで良いと思います。

リッターあたり何千円もするオイルや、季節気候によって数種のオイルを使い分けるかたもいます。
オイルには粘度という値が記されており、気温や回転数、乗り方等によってエンジンオイルを
使い分けると色々良い事があるらしいのですが、私を含む一般カブユーザーは通年G1
何ら問題は無い模様です。(実際よくわかってないので、割愛させて頂きます(泣))




パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)

ど定番ホンダ純正のウルトラG1です。
定価は1,270円がちょっとお買い得になってました。

その他にもG2・G3・G4 E1から2スト用、大容量の20L缶まで(笑)
ご自分のバイクと好みに合ったオイルをご用意下さいませ。






e0183804_5322131.jpgカブは4サイクル(4スト)なので
必ず4サイクル専用と表記された
エンジンオイルを使いましょう。

逆に2ストと呼ばれるタイプの
バイクならば、必ず2サイクル用の
オイルを使う事!でなきゃ故障します。

分からない場合はバイク屋さんへ!



e0183804_5342084.jpgホームセンターやパーツ屋さんで買うと
こんな注ぎ口(ノズル)がついてきます。
買う時に店員さんに訊ねましょう。
通販や一部店舗では貰えない場合もアリ。
そんな時は百均でジョウゴを買うか、
厚紙やコーティング紙なんかを丸め、
注ぎ口に当ててやるとうまくいきます。



e0183804_535247.jpgとは言っても・・・
微妙に入りきらないサイズ感。
ちょっと無理やりですが問題無し。
カブのエンジンオイル補充量は0.6L(600cc)
ですから、ボトル半分とちょっと。
キッチリ量っておくべきですが、ここは体感で。
だいたい半分くらい注いだらゲージで
確認 → 継ぎ足し →確認 といった流れです。






パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)
キッチリ量って進めたいかたは左のようなオイルジョッキがあると
正確な量を手早く補充できるかと思います。
ペットボトルなどを使う場合は必ず綺麗に洗浄しよく乾燥させ、
水滴や埃やゴミがエンジン内に入り込まないよう気を付けて下さい。






e0183804_4453079.jpg 
さて。
冒頭のオイルチェック手順を思い出して下さい。
キャップをねじ込まずに給油口にゲージをあてがい、
図の通り、ギザギザ部分の中間に付着跡があれば
ほぼ問題無しです。
(二度手間を防ぐためにも量りを使う事を推奨します)



e0183804_5563842.jpg
ちょっと見えにくいのですが
一応ゲージのまんなか辺りに
オイル跡がついています。
※入れ過ぎた場合は
灯油ポンプとかで抜き出すか
もう一度ドレンボルトから
抜いて再作業になるので
継ぎ足し派は慎重に!!



e0183804_5594097.jpgBefore
どれほどにオイルが
汚れていたか分かります。
新品のエンジンオイルは
透き通っていましたが
汚れたエンジンオイルは
腹痛時に放出される
Gerry=Ben の様な色です。
う~ん この色・・・!



e0183804_61469.jpg

キャップを閉めたら晴れて交換作業完了です。




作業は簡単なのですが、やっぱり廃油処理やら作業場所やらで面倒も多いオイル交換・・・

最近はバイクのオイル交換をしてくれるガソリンスタンドも増えていますが、
入れられるのはクルマ用の硬いオイルだからエンジンに良くないという噂も聞きます。

今回はご要望を頂いた事もあり、気まぐれで自身によるオイル交換を致しましたが、
次回はどうでしょう・・・。そっこーバイク屋さんに行くと思いますがね
ボトルに残ったエンジンオイル(約400cc)の重みを感じながら悩んでおります。

とりあえず、今季ツーリングに向けての(簡単な)整備が着々と進んでおります。
あとはチェーンとタイヤか……先が思いやられます。
[PR]

by t-r-cub | 2013-05-29 19:19 | Trackback | Comments(6)

【完全版】 初めてでも楽勝!カブのバッテリー交換!

ぷぇ・・・ぺぽぉ~…フヒ…ぺっふぇ~ぬ


いきなり何だって感じですが、これは私のカブの「ホーン(クラクション)の音」でございます。
これは明らかにバッテリーが逝きかけている証拠…交換時期がやってきたみたいです。




シガーソケットに繋げた機器の電源をしばらく入れっぱなしにしちゃってたせいか、
何となくウィンカーの点滅が弱々しいな、と思っていたのですが・・・
信号待ちの際、スロットルを回さないとほとんど光ってねぇ事に気が付きました(かなり危険!)

・セルボタンでエンジンがかからない(セルモーターが回らない) ・ウィンカーが光らないor弱い
・ウィンカー音(カッチンカッチンとかピーピーとか)が鳴らない ・クラクションが弱々しい
・エンジン停止時ニュートラルランプ(緑)がウィンカーと連動して弱くなる

などなど・・・上記の様な症状が続く場合はバッテリーの交換時期である可能性大です!

上記の様にスロットルを回さないとウィンカーの点滅がへぼい(停止時は特に暗くて弱い)
というサインに身を震わせながら、恐る恐る左親指でラッパのマークを押下してみましたところ…
冒頭の如く、クラクションが「ペ…ペホッ…ペッフェ~」と情けなくなったので決断に至りました。




ありがたい事に要望も幾らか頂きましたので以下にしつこいくらいゆっくりと手順を紹介いたします。
(重複する内容も多くございますが■前回の記事:別窓も合わせて参照願います)

また、最近は互換バッテリーがかなりの安価で出回っていますので、
自分で交換すればけっこうお得だったりします。(以下オススメ品:楽天AF)
脅威の低価格!
なんと480円!

YT4L-BS互換では、
おそらく楽天最安値です!
僕のカブでも使用した
CT4L-BSです。
サイズも問題なく、
コスパは良いです!
880円!
1,790円
今回使用した
バッテリーです!
純正指定メーカー
ユアサ製!
台湾製の廉価品です。
激安バッテリーじゃ
不安だという方にも
オススメ
2,980円
日本が世界に誇る
GS-YUASAの
完全純正品です。
YT4L-BSならば
これで間違い
ありません!


その他にもパーツセンター楽天市場店 ■アマカム ■アイネットSHOP
ヒロチーショップ楽天市場店 ■WAVEパーツ館
あたりでお好みのバッテリーを!
(新型カブ用や大型バイク用の物もけっこう安くてびっくりしました)

また、これはカブに限らず、DIOやJOG等のスクーターをはじめ、
特殊な構造でない限りはどんなバイクもやることは大体同じ様なもんです。
バッテリーの場所と、使用される種類(含む互換性)、元々の取り付け状態をチェックしておけば
たいていのバイクに対応できる事と思います。デジカメやメモで記録しながら行えば確実です!


が・・・必ず御自身の責任のもと安全に作業をしてくださいね!
また、バッテリーご購入の際はサイズや互換性等をお確かめの上ご検討願います!
不安な方はバイク屋さんにGOです!(近所のホンダでは工賃を含めて12,000円くらいでした)


※注意
作業は単純で簡単ですが、記事は長いです。

e0183804_1572639.jpgまずはサイドカバーを開けます。
場所は右足もとです。



e0183804_1574872.jpg大きめのポッチがあるので
これをマイナスドライバーで
回していきます。
※手が滑りやすいので注意!

巷では五百円玉のような硬貨で
開けられると、専ら噂ですが、
ドライバーの方が早いし楽だし確実です。



e0183804_158988.jpg開きました!&取れました!
蹴っ飛ばしたり踏んづけたりしないよう
注意が必要です。

硬い地面に直接置くと、表面に
キズがつくので(経験済み…)
タオルを敷くなり裏返すなりして
作業に移る事をオススメします(泣)



e0183804_158401.jpge0183804_1585132.jpg

ケースを開けたところです。
配線や意味不明なパーツにビビっちゃいますが、大丈夫!
丸で囲んだボルトを外します。(サイズは11ミリでした)



e0183804_21084.jpgちなみに、今回は右側に写っている
ソケットレンチを使用しました。


e0183804_2394550.jpg

位置的にキックペダルや
車体の膨らみが邪魔になり
工具によっては作業が
困難になるので充分に
注意が必要です。


ペンチとかで作業すると、
最悪の場合ネジが
傷んでしまいます。
なれないうちは必ず
ソケットレンチや
メガネレンチ等で
作業しましょう。
百均のでも
大丈夫なので。





e0183804_212626.jpg上記のボルトを緩めたら・・・
カバーを手前にパカっと!!

これでようやくバッテリーとご対面です。
※ボルトの紛失に注意です。
 また、元の状態を忘れませぬように!



e0183804_214893.jpg

バッテリーが出て来ました!

ここからはショートに注意しながら進めていきます。
赤い線の繋がる「プラス」が、車体の金属部分とかに触れるとショートします。

もちろん死にゃあしませんが、ヒューズが飛んだりウィンカーやテール等の
電球(バルブ)が切れる可能性もあります。(カブ90のヒューズは7Aでした)

まあ普通に作業する分には心配も要りませんが、
ドライバーを伝ってショートする事もありますので




e0183804_2327350.jpg右画像の様に電解液が別添で
予め注入されていないタイプもあります。
手元の新品バッテリーが未注入の場合は
■コチラの記事をご参照下さい。
注入の手順も追っておりますので
(大抵は注入&初期充電済みですが)



e0183804_283611.jpgバッテリーの端子です。
この接続状態をよく覚えておけば
後から苦労する事も無いと思います。



e0183804_29783.jpgボルトを回します。
プラスドライバーで回せます。

必ずマイナス(緑)から外しましょう。
 でなければ作業がしにくいので(笑)
 ショートを防ぐ意味もあります。

マイナス側(手前の緑)を外したら
バッテリーを軽く引き出してやり、
同様にプラス(奥の赤)を外します。



e0183804_294693.jpgこの2つの留め具で固定されています。
※新しいバッテリーにもこれらが
 同梱されているはずです。
 交換の際にはこれらの留め具も
 新しい方を使用するのが吉!!
 (サイズが合えば再利用も可能でしょうが
  メリットは特に無いと思われます)



e0183804_210567.jpg新旧バッテリー比較
左が外したCT4L-BSで
右が新調したYTX4L-BSです。
CT4Lの方が若干背が高い様ですが
YTX4Lの方が厚みがありました。



e0183804_2102892.jpgいよいよ組み付けです!
※まずはプラス(赤・奥側)からです
元々接続されていた状態を
思い出しながら!(向きとか)

横からブロックを差し込み…



e0183804_210544.jpgボルトを挿し回します。
グリグリやってれば自然に
うまくいきます(多分…)
ここで向きを間違えると
バッテリーが車体のケース内に
収まらない場合がありますので
その時は端子の取り付け向きを
変えてから試してみます。



e0183804_2111740.jpg次はマイナス(緑・手前側)を繋ぎます。
手順は同じです。



e0183804_2114061.jpgプラス・マイナス共に繋がったら…
ここでテストをしてみます。
メインキーを回して、電装系のチェックです。
左右ウィンカー、ブレーキランプ、
ニュートラルランプ等々が
正常に動作していればOKでしょう!




e0183804_212078.jpgバッテリーをケース内に押し込んで
フタをしめたら完了となります。

右の太い赤線はツメに掛かっていますか?
ヒューズボックスや予備ヒューズ等
細々したモノは脱落していませんか?



e0183804_2122920.jpgフタがキレイに閉じない場合は
もう一度収納から見直しましょう!
力づくで閉じると断線の可能性アリ!!



e0183804_2125742.jpge0183804_2131046.jpg
ここが意外と厄介なのですが(僕だけでしょうか??)
バッテリー収納部の下にある取ってみたいな部分に
サイドカバーのツメを掛けてやることで上手くしまる(はず)

これにてバッテリー交換は完了です!!





お疲れ様でした。

何の予備知識も無いと、ものすごく不安なんですが(僕もそうでした)
実際、やってみるととても簡単です。しかも安上がりで助かります(泣笑)

・最初の状態をよく観察しておく事(デジカメorメモ推奨)
・外す時は緑のマイナス(手前)から、入れる時は赤のプラス(奥)から


上記の2項さえ頭にあれば、作業自体はとても簡単で安全です。
しつこいようですが、「無理だ」と感じたらバイク屋さんに頼むのが安全で確実です。

また、純正品以外の互換バッテリーを使用する際は特にテスト&チェックを念入りに!!


参照 ■ 以前のバッテリー交換
[PR]

by t-r-cub | 2013-05-15 00:00 | Trackback | Comments(6)

スピードメーター交換~the Curse of bulb~

スピードメーターを交換してみました。


事の経緯は、数年前の野辺山近辺ツーリングの最中。

ふとスピードメータを見てみると、徐行中にも関わらず「30km/h」を指しているではないか!!
その後、注意深く観察して分かったのは「こいつ、スピード盛りまくり」という事実。

体感で50km/hでも、メーター表示では80km/hというありさま。
そもそもこのカブが80km/hも出せるのかどうかすら怪しいレベルなのに。

しかし、数日後にはその症状がピタリと治まり、「あれは一体なんだったんだ…?」と拍子抜け。
安心してそのまま放置していたのですが、
去年の夏…遂にメーターが動かなくなってしまったのだ!!

前輪の側面にあるケーブルを留めるネジをグリグリ調整してやると復活したりもするのだが
すぐに停止してしまう。まさにザオラル状態で、もう嫌気が差してきたという事・・・。




このカブを購入した際、スピードメーターだけは新品であった。

しかし、バックライトが点かない・・・。

もともとそういう製品なのか、不良品なのか、当時の僕にはサッパリ分かりませんでした。
そもそもスピードメーターがどのようについていて、どうのように動作するのかもサッパリ。

百均のミニライトみたいなやつをつけてメーターを照らしていた時期もありましたが、
ずれる・落ちる・切れるの三拍子。それもどうにか解消したかったのです。


それでもトリップ・オドはしっかりと回っているため、ついつい遅くなりました。
メーターケーブルの断線ではなく素人判断ですが「メーター本体の故障」と決めつけ、
本体のみを交換することに。



さらには、もうすぐ走行距離が4万km、キリのいいところで交換したい!





e0183804_18134473.jpgというわけで和光の二輪館へ向かいます。
カブで行くとメーターが余裕で4万を超えるため
雨の中、光が丘駅まで電車で行き、そこからは
徒歩で向かいました。
往復10kmちょいでした。遠かったです。
ほんとうに遠かったのです。
区内のナップスでも良かったのに・・・。



e0183804_1814724.jpg買ったのはデイトナのミニメーター。
バックライトも勿論ついてます。
LEDではなくバルブ(電球)タイプ。
トリップが上段、オドは下段。


コチラが今回使用したデイトナのミニメーターです。定価は6090円ですが、通販ならば割とお買い得です!バックライトはバルブ(電球)タイプなのですが、価格は魅力的です。
コチラは同型のミニメーターですが、バックライトがLED仕様となっています。こんなのもあるんですね~(遠い目)
視認性や耐久性、メンテナンス性も良さそうです(泣)

ポッシュからはなんとも可愛らしいカラフルなメーターが出ていました!正直欲しい・・・。
こちらはLED仕様です。次に交換するときの第一候補ですわ



さっそく開封&取り付け!


e0183804_18142779.jpg付属品はステー(V字の台座)と
ワッシャー、ナット、簡易配線図です。
(簡易過ぎて困る)
電球はすでにセットされています。



e0183804_18144755.jpg検電チェッカー
エンジンを掛けた時にだけ電気がくる線を
探り当てるためにホームセンターで購入。
500円くらいですがなかなかの優れ物です。



色々と剥き出しのmyカブに関しては作業手順も意外と簡単で助かりました。
ノーマルのハンドルを開けていじる自信はありません。戻せなくなりそうだから・・・。

メーターケーブルを繋いで、照明用の配線も既存のを再利用、でなんとかいけそう。
(交換の際はケーブルも配線も一新した方がいいみたいですが)





e0183804_1816593.jpgメーターの裏側。
(コイツはケーブル・配線を外した古いほう)
ねじ込み式になっています。
プライヤーで緩めてから指で回すと
簡単に抜けます。
この状態で前輪を回してみると
ケーブル内側の軸(インナー)が
くるくると回るので、断線はなさそう。



e0183804_18162625.jpgちなみに、前輪側。
プラスネジで留まっています。
ケーブルを抜き差しする際は
タイヤを前後させながら
作業すればスムーズにいくと
思います。きっと。



e0183804_18165676.jpgカバーを外しました。
相変わらず汚いです。
照明用の配線を手探りで見つけました。
チェッカー、ここでは出番なし…。






ここでトラブル発生!!

配線をしたのに、バックライトが点かない・・・!!
またか・・・またバックライトのトラブルかよ・・・。電球に呪われてるのか!?
僕が、世の中の電球に何をしたっていうんだ・・・恨まれる様な事はしていないはずだ…!

仕方無くメーター裏の電球を引き抜いてチェックしてみましたが、切れてはいない
ぐりぐりやってたら点いたり消えたり。と、かなりの不安定っぷり。
最終的にはメーターの内部に電球が落ちてしまった

くっそおおおおおおお

振ってもぜんぜん出てこねえええええ!!!


根気よく(あくまでも優しく丁寧に)シェイクしたらコロンと出てきてくれましたが
本当に冷や汗物でした。二輪館襲撃(泣きつき)も未遂で済みました。



突然ですが、取り付けの略図です。


e0183804_18182163.jpg


端子に電球をセットし、灰色の樹脂パーツで固定してから本体の穴に差し込むという手順です。



どうやらこの「端子」が固定時に触れ合ってショートしているらしいのです。
なんちゅう大雑把な造りだ・・・。ショート時はヘッドライトも強制オフになるので危険です。

e0183804_18184979.jpg


その後、なんとか接触しないベストポイントを探り出し、
絶縁テープを巻いてから本体に装着して事なきを得ました。



e0183804_18192263.jpg

取り付け完了!!


バックライトってこんなに明るいんですね…知りませんでした、無かったから(泣)



作業自体は、現状をよく観察しそれをなぞるだけだったので
素人でも出来るかなり簡単なレベルでしたが、

電球め・・・!!

苦労して取り付けたのだから、ぶっ壊れるまで使い込んでやるつもりです。



e0183804_18203442.jpg


とりあえずお疲れ様でした

[PR]

by t-r-cub | 2012-05-11 23:59 | Trackback | Comments(10)

自賠責とゴリラポッドとシートのお手入れ

e0183804_2249237.jpgコンビニって便利だなあと、毎度毎度思います。
セブンイレブンで自賠責保険の更新をしました。
古いシールの粘着力が強すぎて、剥がす際、
ナンバープレート軽く歪んだ気がするけど
まあいいや。あんまり気にしない。

時が経つのは早いもんだ、と、
やっぱり毎回思います。






e0183804_22523219.jpg三国峠で力尽きたゴリラポッド。
日本一周から続いた酷使が祟ったのか、
埼玉と長野の県境で天寿を全うした。
接着剤で直そうとしたら液が飛び出し、
手がアロンアルファまみれに・・・。

そのくせ折れた部分はくっつかない。
可動部分はガッチガチに固まって
完全に使用不可能・・・。




そこで。



e0183804_22574875.jpg新生☆ゴリラポッド(もどき)
楽天で、1本398円という激安っぷり。
類似品ですが作りはほぼ同じだし、大丈夫そう。
クイックシューの着脱ロックが無いのと
ちょっと重さが無いくらいです。
正規のゴリラポッドの5分の1で買える。
あまりの安さに2本買ってしまいました。
(欲しい人いる??)


ツーリング時なんかは本当に便利なアイテムなので、どうしても手放せません。
人に頼むのはちょっと恥ずかしい時もあるし、人間自体見当たらない事もあるので。



日本一周で、リアキャリアに積んでいた箱の塗料がタンデムシートにこびりついている。
出発前にスプレーで塗装したせいだ。(パリパリ剥がれてくるし、もう最悪でした)

その塗料がカステラシートに張り付いている状態で、擦っても落ちません。

座っても塗料が付着したりもしなかったので、ずっと放置していましたが、
Kさんに教えていただき、ラッカー薄め液なるを薬剤を購入。

e0183804_2332668.jpg
一応beforeです(試しに拭いちゃいました)
明らかな色の違いが分かると思います。



e0183804_236116.jpg
これがafterです。めっちゃ綺麗!!


少量を布に染み込ませて、数回に分けて拭き上げてみました。
見事に落ちるもんですね~!塗料だけでなく、うっすら黒ずんだ汚れも落ちる。
嬉しくてやりすぎたので、革の風合いも落ちている気がしますが、あんまり気にしない。
その後は縁や隅っこを念入りに拭いて、乾拭きして仕上げました。

洗車に使えるじゃん!と思い、シート下の目立たないところを軽く擦ってみたら、
ウェスがほんのり緑色に…。やめといたほうが良さそうです。

シール剥がしや壁の落書き消しにも使えて、油性ペンも消せるみたいです。


今月末か来月の頭で、友人とキャンプツーリングに出かける予定です。

そこでまたバッチリ汚れるだろうけれど、軽い洗車をして終了。

洗車をすると、「いつもありがとう」という気分になる人は
僕だけじゃなく、たくさんいる・・・はず・・・。

ちなみに、今日の作業でも5箇所も蚊に刺されました。
今年の猛暑で蚊が激減!とか書いた新聞社は潰れればいい。
O型のヤツ狙えや、O型のヤツ!!蚊よ!!
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-13 23:30 | Trackback | Comments(4)

夏バテ気味のセンタースタンド、頑張れ!

半年くらい前からだろうか、センタースタンドの戻りが悪い。
ずっと誤魔化しながら乗っているが、最近は気にならなくなってしまった。
これはあまり良くない気がする・・・。サイドスタンド使わない派だし。


スタンドを立てた状態から車体を押してやればautomaticallyに

ガコンッ!!

という、小気味よい音を伴って跳ね上がり、在るべき場所へ戻る。
それがカブのセンタースタンドというものだ。

しかし、最近はもっぱら半自動。

跳ね上がりの音も、コキッ ・・・ 程度の控えめなものに。

e0183804_217218.jpg
本来は、立てた状態①から 上がった状態②まで、バネの力で勝手に戻るはずなのだ。
しかし、赤丸部分とマフラー側の同じ部位に錆が溜まってしまい動きが悪くなっている。


車体を押す→シートに跨る→スタンドを左のアキレス腱に引っ掛けて押し上げる

そのレッグカールにも似た負荷の掛かり方は、最初こそキツイものだった。

しかし、しっかり跳ね上げておかなければ、色々と具合が悪いのだ。

段差の度に   ゴッ!!

カーブの度に ゴガガガガ!!


そこでKURE 5-56という、※日本人なら一人一本は持っていると言われる万能薬を用意。
(※ 最近は小型化も進み、小学生が持ち歩いているのも当たり前の時代に。
  別サイズの"2本持ち"をする人も珍しくはない)


e0183804_205927.jpg
どんな物にでも使える!というイメージで、なぜかどこの家庭にも1本は置いてある5-56
これは実家から出てきたかなり古いタイプだ。工具ケースの奥底から出土した。
用途に ミシン、自転車、戸車、リール、テレビ、猟銃、とある。

古いタイプは、わざわざテレビに繋げて使っていたのだろう。
今やワンセグが当たり前の時代だ。ハイビジョンだって端末で視聴できる。


さて・・・サイドスタンドで車体を立てておき、これを滝の様に吹き掛け
上画像①-②間を往復させる要領でセンタースタンドを動かす。

すると、錆色の液体が尽きること無く流れるのだ。(M.R.さん直伝)

しばらく続けると、スコン!と②まで戻る様になる。

5-56の効力は、錆落とし・防錆だ。スタンドはスムーズな動きを取り戻した。


しかし慣れとは恐ろしいもの。しっかり戻っているのに・・・それなのに・・・
アキレス腱に一度引っ掛けてから発進せねば不安で仕方ない。


そして最近また、動きが非常に悪くなってきました。湿気と熱で錆が浮いてきたらしい。
もうここまで来たら金具を磨くしかなさそうです。
(M.R.さんによると、マフラー外して行うそうです。僕じゃ怖いから無理です。)

先日、近所のスーパーでゴーヤを買いました。夏バテに効くそうですね!
ワッシャー代わりに、ゴーヤのスライスを組み込んでやりたいとこです。


5-56を盲信しがちなThe Japaneseですが、場合によっては症状を悪化させる事があります。
殊に、チェーン等の駆動部分は命に関わります。(切れて事故に繋がるケースも)
必ず正しい知識の下、専用品をご使用にごおなりになってご下さい。


いろんなサイズのKURE 5-56 CRC(ペンタイプなんて初めて知った)

e0183804_22145757.jpg
この画像ですが、それは使用例じゃないだろ・・・!
じゃあなにか!? 5-56は出し入れするためのアイテムか?なんていやらしいんだ。

[PR]

by t-r-cub | 2010-08-19 22:26 | Trackback | Comments(2)

誰にでも出来る、カンタン!カブのバッテリー交換方法!

2013年5月 ■ バッテリー交換手順【完全版】 をアップ致しました。
このエントリよりも画像や説明が増えたぶん回りくどくなっていますが、ご参照下さいませ。



春らしく暖かな日が増え、バイクの出番も多くなってくる季節です。

冬場は文字通り"冬眠"させていたバイクなんかは特にバッテリーが弱っている事も多く、
心配です。かく言う私も、週1程度、乗るか乗らないかって感じの状況でした。

・ウィンカーが光りっぱなしで点滅しない(点きっぱなしで点灯状態)
・ホーン(クラクション)が鳴らない、途切れ途切れ。
・セル(セルスタータ セルモーターとも)が回らず、エンジンが掛からない。


さあ、どうです!?思い当たる項目は有りませんか!?上記の症状が現れた場合、
その殆どはバッテリーの消耗か、アース等の断線が原因と考えられます。

エンジンを掛けて数分間アイドリングして直るのならばいいのですが。

走行中は大丈夫でも、停止時(特にブレーキランプとウィンカーを同時に点ける時なんか)に
ウィンカーのリズムが乱れたり、点滅しなくなったりする様ならば、バッテリーを疑うべき。

どうやら鹿の子号のバッテリーも主に日本一周で酷使した事で弱ってしまった様です。
(普通に乗ってれば3年くらいは大丈夫だったりしますが)

というワケで、ここでバッテリー交換方法を!
まさかのシリーズ化!!

ちなみにバイク屋さんで頼むと、工賃も合わせて10,000円以上します。
(純正品と確実性、安心を買うと考えれば安いもんだ)

ただ、意外と簡単にできちゃうもんなんですよ、バッテリー交換って。カブなら。

バイクのバッテリー程度で感電死なんかしません。
感電しても気付かない位の弱いレベルの感電です。
安心して作業しましょう(ショートさせると故障の可能性はありますが)




バッテリーは、ホームセンターで探せば4,000~8,000円程で手に入ります。
楽天をはじめとする通販では2,000~3,000円の謎のメーカー製品が手に入ります。

スーパーカブもリトルカブも、(行灯カブ等 6V車以外は)

YT4L-BS(GSユアサ) or FT4L-BS(古河電池)

の製品を使用します。

通販で安く手に入るものは、上記製品の互換商品です。
■参考:楽天市場
とにかく激安で、魅力的。品質的にも問題無い様ですね!
(ただ、記載された寸法と微妙に違ったりするので、今回はダイクマでユアサ製を購入
 アウスタの激安バッテリー S-06MF は、サイズが大きくてつけられませんでした。)

さて、用意しましたYT4L-BSバッテリー。

e0183804_2327350.jpg


電解液が注入されていない物だったので、帰宅後に作業。
(普通、注入された状態で売られていることがほとんどです)

マニュアルに従って作業を進めて参ります。

シールを剥がして・・・

e0183804_23272356.jpg


液を装填!!

e0183804_23281474.jpg


勢い良く本体に流れていきます。ここで20分程放置。

蓋を合わせて・・・

e0183804_23283653.jpg


ゴムハンマーなどで叩いて密着させましょう。

e0183804_23293336.jpg

(持ってないので、貫通式ドライバーの握り部分で代用)




それを持ってカブのもとへ!!


車体右側のサイドカバーを開けます。
大きめのマイナスドライバーで。硬貨でも開けられますが・・・。

e0183804_2330832.jpg



外すと、何やら難しそうなゴチャゴチャした配線が露出。
これは無視して下図の印を付けたボルトを外します(10mm)

e0183804_23321343.jpg


すると、パカっと開いてバッテリーの側面が見えます。

e0183804_23325219.jpg


上から見た図、見にくいけど手前の緑がマイナス・奥の赤がプラスです。

e0183804_23332368.jpg
その他の線はシガソケの物なので気にしないでください!


外す手順はマイナスを外してから、少し引き出して、プラスを外す
(ショートを防ぐためです。先に手前を外さないと作業しにくいし。)

線が繋がっているネジを外します(小さな部品を無くさない様に注意!)
マイナス(緑・手前)を外したら、バッテリー本体を引き出して、
プラス(赤・奥)も同様に外します。




そしたら、同じ要領でプラス→マイナスの順に繋げて、
バッテリーケースの蓋をしめてサイドカバーを戻します。

これで完了!!


ウィンカー、ブレーキ、ニュートラル、それぞれのランプを点けてテスト。
エンジンを掛けて、同様にテスト!

e0183804_23361497.jpg
ものすごい力強い点滅!!明るいし!!


越冬してバッテリーが弱っている方、意外と簡単なので挑戦してみて下さいね!

心配な場合はバイク屋さんへGO!!


おすすめの激安バッテリーです



楽天で最安値!
カブ(50cc/90ccリトルカブ等)に使われている
YT4L-BSの互換品バッテリーです。
価格はナント480円という激安っぷり。
初めての交換にチャレンジする方にもオススメです。
(ご購入の前には必ずスペックや互換性をご確認下さい)




こちらは僕のカブでも使用したCT4L-BSです。
上と同様、互換バッテリーです。
アウトスタンディングの激安バッテリーは
僕のカブにはサイズが大き過ぎて入りませんでしたが
このCT4L-BSはキレイに収まってくれました。
シガーソケット装備で消耗が激しい鹿の子号でも
2年強はもちましたよ。
(ご購入の前には必ずスペックや互換性をご確認下さい)




ホンダ指定メーカーであるユアサの台湾製品。
YTX4L-BSCT4L-BSです。
激安のノーブランドは不安・・・
でも純正品は高い・・・
そんな方にオススメの台湾ユアサ!



これぞ正真正銘の純正品!!
GS-YUASAのYT4L-BSです。
ホームセンターなどでは3~5000円くらいで売られていますが
保証付きの完全純正品がこの価格・・・!!





スーパーカブ110の方はコチラ!
YTZ-7Sの互換バッテリーです。
(ご購入の前には必ずスペックや互換性をご確認下さい)




関連記事

■カブにナビを!

■カブにリアボックスを!

■ウィンカーあれこれ!


2013年5月 ■ バッテリー交換手順【完全版】 ☆NEW
[PR]

by t-r-cub | 2010-04-09 23:45