「ほっ」と。キャンペーン

タグ:カブのカスタム履歴 ( 46 ) タグの人気記事

カブ90にリトルの純正キャリアとピリオンシートを!

リトルカブの純正キャリアとピリオンシートを装着してみました。

e0183804_13491274.jpgカブ90にもリトルカブの純正リアキャリアが
無加工で付けられるということで購入。
ボディとほぼ同色!ヤフオクにて2000円。
美品だし、送料も安かったので衝動買い。



e0183804_13504770.jpg
同時にアウスタにて
リトル専用ピリオンシートを購入。
キャリアに取り付けるタンデムシート
(2ケツ用のシート)です。



e0183804_13515840.jpgキャリアを傷付けないように、
裏面と留め具ゴムシートを貼り付け。
留め具は意外に薄くてバリが出まくり。
ヤスリで軽く整えておきました。



取り付け方法はこんな感じ。

e0183804_13532715.jpge0183804_13534815.jpg

前側はキャリアの棒にツメを引っ掛ける。
後側は裏面から出ているボルトを使用。
留め具とナットでキャリアを挟んで固定。


しかし・・・ツメの高さが明らかに足りていない!!
さすがはベトナム人特製クオリティ。ペンチでグニャっと曲げてから作業開始です。

面倒ですが、最初はいろいろな物を外す必要があります。

e0183804_1358824.jpg
e0183804_13582594.jpg

取り敢えずリアボックスを取っ払います。
なんだかスッキリし過ぎて違和感…。



e0183804_1415255.jpg次は延長キャリアを外します。
寂しすぎる。慣れって恐ろしい。



e0183804_1431551.jpgリアサスをずらして取り外し。
人によっては順番が違うと思います。
この辺りのボルトは固くて一苦労。
メガネレンチやソケットレンチを使います。



e0183804_1452629.jpg既存の固定式タンデムシートを外します。
購入時から一度も外していなかったので
埃が凄いことに・・・。

リアフェンダーの裏側を押さえながら
ナットを回す必要も出てきますので、
一人でやるのはちょっと大変でした。



e0183804_1491343.jpgいよいよ仮合わせ。
穴の位置からして、そのまま取り付け出来そうです。



e0183804_14101331.jpg色合いも良し!
90ccのカラーはタスマニアグリーン
リトルのキャリアがアバグリーン?なので、
ピリオンシートを外しても違和感無しでしょう!



e0183804_1417275.jpg更に延長キャリアを。
ちなみにこの延長キャリアは優れもので、
「純正リアキャリアとの併用」が出来ます。
荷台+荷台、後部座席+荷台、が可能。
日本一周以前から使い続けていますが、
曲がったり歪んだりせず、結構頑丈です。
サビは浮いてきましたが・・・。



e0183804_14204791.jpg
ひとまず完了です。

ツーリング時は強固なキャリアとして、
普段は小粋なタンデムシートとして・・・


そんなふうにして
使うつもりなのですが・・・


ピリオンシートの取り付けが非常にめちゃくちゃマジでめんどい!!!

キャリアの下は狭くて手を入れにくくて、小さなナットを通すだけでも、
何度も失敗して落としてしまう。

蝶ナットにしてみたけれどダメ、回せない、狭すぎて。
それ以前にボルトに通せない、狭すぎて。

ホームセンターで金具とフランジナットを買ってきて
少しはマシになりましたが、これを毎回やると胃が破裂する。

わざとやってんのか!ってくらい作業しにくい。

ガンジーでも助走つけて殴るレベル

ってのは、こういうことなんだなあ…と、身を以て理解出来ました。

分かりやすく言うならば、

マザーテレサでも製造者の胸ぐら掴みにベトナムに上陸するレベル、
ドラえもんでも中指をはやしてピンと立てるレベル。
です。

気分によって脱着したいな~、などと夢見ていた自分が情けなくて泣けてきました。


※ただ、僕の場合は延長キャリアやリアボックスが付いているので
作業がしにくくなっているだけなのかも知れません。

ツメとバネ付き金具が付いているピリオンシートもあるらしく、
そちらは工具不要で取り付けられるみたいです。


輪留めと留め具代わりのプレート、フランジナットでかなりマシになりました。
狭くてレンチがちょっとずつしか回せないという問題は板ラチェで解決。

それでも、なるべくならやりたくない作業です。否、もういやです。

ガチなキャンプツーリング(長期)以外で、ピリオンを外す事は・・・

ほぼ無いでしょうね。




やってられっか!!
.,r‐--,,,_、                                   
.゙l゙'i、  `゙''-,,,,,,,,,,,,,,,,,_                         
: ゙l `'i、.,r‐-、,,`'-,、  `''ー、_                     
 ゙l ,/゛   `゙''''ミッ、   ゙゙'''-,、              
  У        `!ヽ、    ._,,i、      ,,,,,、          
 /          ゙r゙l,   / ‘i、    { ゙i、          
 |              ゙'i゙l ./    |,    ゙l、 ゙l          
 |         _,,,,_  .゙'},. |   ,/ ゚i、    ゙l  ゙l、        
 ゙l         ,r'"` `゙゙''',゙',lri、,,/  .゙l    ゙l  ヽ        
 │     .|     .彳 ゚|″    |    .|  │       
  │     .ヽ_   _,,-°  `i、    .|    .,,゙l, .゙ケ'=ッ、    
  ゙l, ,,,,,,、    ̄ ̄     .゙l,-'シ'',!.゙l  ,/゜ ゙'i、 .}i、`.゙'i、    
   `'| `'i、            ,,,rン・'゙,,,-'i| .|  .l、,,」  ゙=    |    
    .゙ヽ, .゙!,          i″ ゙''i,   .l │ /" .゚┓     .|    
     ‘'''l"        ゙'-,,、゙l、 .,,「 |  ゙l、  ゜     .|    
       ゙l'-,、       `゙''゙‐'" ./   .ヽ       .|    
          |  ゙'ヽ,、        /    '゙l      .,ノ    
       ′   .~'―--―ー¬''"         ヽ-,   |、   
                            "    .l゙


[PR]

by t-r-cub | 2011-02-10 14:53

自作断念!ナックルガード 秋の工作三昧③ ~冷却効果もあるんです~

おしゃれは足元から、寒さは指先から(いや、ホントに)

■前回の工作で、足元(膝下)の防寒は強化されました。
次は「手元の防寒」に挑戦してみました・・・それが良くなかったのです。


指先が冷えると、体感温度が急激に下がった気がしてなりません。
寒さに対する実感とでも言いましょうか、体の芯の冷たさを絶えず意識してしまいます。

これってなんか損してね?


だって、気温が同じでも手が冷えなければ割といけるのに、
手が冷えただけで凍えて縮こまってしまうのですから。


ってわけで、今回の工作は「ナックルガード」です。

e0183804_4203441.jpgグリップを覆う、樹脂製のアイテム。
風・雨・その他障害物から手を守る。
寒さだけではなく怪我を防ぐ目的も。
(オフロードや、転倒時)





素材はコレです。

e0183804_4212098.jpg
ラミネートフィルムとコピー用紙。


前職時代、廃棄する予定でしたが捨てないで正解でした。
中に黒いA4コピー用紙を挟んでラミネートします。

金具類はコチラ。

e0183804_422141.jpg
曲板とネジ一式。

長過ぎたので金鋏でカットしておきました。

e0183804_4231520.jpg
穴あけ

e0183804_4233977.jpg
ネジ締め

e0183804_424774.jpg
取り付け部分



これをミラーの付け根に通せば・・・
e0183804_425852.jpg


\ 完 成 だ ! /
e0183804_4253648.jpg


だっせえぇぇぇぇぇ!!


ひとまず、一枚あたり10円以下の激安ぺらぺらナックルガードの完成です。
当たり前ですが、怪我の防止には一切役に立ちません。でも風よけくらいには・・・






装着後インプレッション


こ・・・これは!!こりゃすごいぞ!!!
角度のおかげか、形状の成せるワザなのか、最大効率で
鋭く冷たい空気を吸い込んでくれます!!!
冷えた空気を手の甲に確実に届けて、手全体を冷やしてくれます。

ナックルガード内における体温による暖かさを無駄なく外へ逃して、
常に新鮮な冷気を送り届けてくれる。素晴らしい機能美に驚嘆だ!!


というか・・・

完全に失敗だよ!!
ドちくしょ~!!!



風防どころか送風・冷却に特化した謎のアイテムになってしまいました。
位置・角度ともに何度も何度も調整してみましたが、徒労に終わりました。

神は言っている・・・おとなしく市販品を買え と・・・

神様どころか、安西先生も松岡修造も「あきらめろ」と言っている気がしました。
っていうか実際言ってました。


なので、素直にハンドルカバーを装着しておきました。


防寒においては、「ハンドルカバー最強説」を支持しておきましょうか。
これがあれば真冬でも薄手の手袋で走れます。雨には弱いけど。

e0183804_17265776.jpge0183804_19291698.jpg

以前、雪の残る■富士山麓■奥多摩 へ行った際も何とか走れましたからね。

ナックルガードの自作には(大)失敗しましたが、冬支度は着々と進んでおります。
冬でもツーリングしたい!果たして寒さに打ち勝つ事が出来るのでしょうか?

e0183804_19301589.jpg
/てか、グリップヒーターつけろよ\

つけてみようかなあ、と考え中です。



関連記事。

■秋の自作 その①・・・100円サイドボックス(サイドパニアケース的なノリの雰囲気な感じの箱)

■秋の自作 その②・・・侵略!イカレッグ。(ベトナムのB級品、レッグシールド奮闘記)
[PR]

by t-r-cub | 2010-11-11 05:00

レッグシールド装着! 秋の工作三昧② ~イカみたいなアイツ~

秋の工作・自作期間その② レッグシールド取り付け編 です。



おもむろに取出したりまするは・・・
e0183804_3354192.jpg

アウスタのB級品で、1,700円でした。

さて、ベトナム人謹製の激安レッグシールドを入手したワケは・・・。
カブユーザーならおわかりいただけることでしょう。


e0183804_3361897.jpg
Pカッターと大量の切屑。


e0183804_3365680.jpg
破ぁーーー!
と、寺生まれのTさんばりに、速攻で三枚に下ろしました(クソ狭いベランダで…)


色も綺麗なホワイトです、生ヤリイカ色です。切り易くて助かりました。
秋刀魚は目黒にかぎる、パーツはベトナム人特製にかぎる(精度はヒドい)


e0183804_3375743.jpg
やはりイカの切り身の様な、左右のシールド部分。



不要な部分は更に切り落として、ヤスリで丸く削りました。

e0183804_339837.jpge0183804_3391996.jpg




今回は、このイカガード(以下:イカ…洒落じゃなくってね)を取り付けたいと思います。
上部はL字型の折れ金具を使用し、下部は純正の取り付け位置と同じ穴を使用する予定です。



祝日、ミナガワ君(kawasaki ZRXライダー)秩父ツーリング時の写真データを交換し、
オートバックスへ。目的はドアモールです。
大泉のM.R.さんが出先から戻られるという事でお邪魔しに行きました。




当初の予定ではちょっとした加工(手曲げ程度)で取り付けられるはずでしたが、

e0183804_3441543.jpg


位置が合わなかったりブレーキやシフトペダルに干渉したりで、大掛かりな加工に・・・。
ステーを曲げたり叩いたり削ったりぶった切ったり、色々やって頂きました・・・。


仮組み状態
e0183804_3453139.jpg
か、かかかかっこいいーーー!!!
カブの代名詞であるレッグシールドのレトロさとスマートなバーハンドルの共演とでも申しましょうかオウフwwwww、
言うなればまるで和洋折衷?ニュー・オールド?コポォwwwwwオート三輪やオールドスクーターの様にフヒヒwwww
良い意味での古臭さと斬新さとが一体にwwwwwあ、拙者は決してオタクではござらんので!フォカヌポゥwwww


上部の固定ステーをシールドの局面に沿って曲げてから仮組みし、
余った部分を火花散らして一気にカット!!

カブの固定も穴からステーを伸ばして固定。こちらも角を削り落としていただきました。



オートバックスで買っておいたドアモールを貼りつけてみました。
(硬くて大変でした、とくにカドっこ。切り込み入れても思うようには曲がってくれない)

e0183804_3502244.jpg


コツは、強い両面テープを使うこと・最初に手でグニグニとほぐしておくこと。
これだけで「単なるイカ」から「きれいでスタイリッシュなイカ」に早変わりです。




取り付け後、しばらく走ってみて気がついたのですが、
信号なんかで停車する瞬間、つま先が引っ掛かってコケそうになる

というわけで、下部を斜めにカットしてみました(近所の公園脇で)
e0183804_3531036.jpg

普通のカッターナイフでゆっくり切れば、外さなくても大丈夫。


靴にも風が当たらない・つま先も引っかからないと、いいこと尽くめです。

その後、再びドアモールを貼り直して・・・
e0183804_353538.jpge0183804_354554.jpg



完成だ!!!

e0183804_401576.jpg

e0183804_3565445.jpge0183804_3594760.jpg


なのに、デジカメのバッテリーが切れてしまい携帯の荒い画像になりました。




取り付け部分の紹介。

上部の取り付け位置
e0183804_435844.jpge0183804_45243.jpg

ここは、フレームカバーを留めるボルト2箇所にステーを合わせました。
純正のレッグシールド同様、ベトナムキャリア併用可(切り欠きが必要)


下部はこんな感じ。
e0183804_464280.jpg


穴から下方向にステーを伸ばしてボルト留め。
ある程度の角度調整も可能。各種ペダルやマフラーとの干渉に気をつけよう。




色々なステーを試しまくれば金属の加工無しで付くかもしれません。
長さ・幅・厚みといったサイズをしっかりと確認して合わせれば。

のしイカは、普通のカッターナイフで切断出来ます。
一気に切ろうとせずに、当たりをつけて同じ線を何度もなぞる感じで切ります。
直線メインの場合は、私も使用したPカッターがオススメ(300円くらい)

e0183804_4104476.jpg
/ドヤッ!?\


ライン上にドリルで穴あけする方法やヒートカッターでもいけるそうです。
(手間がかかったり高価だったりですが、最も綺麗に切れるそうですよ)


車体の年式やパーツの形状にもよりますが、どんなレッグでもつけられそうです。
スズキのバーディー90やベンリィ(CD)のレッグ流用も考えましたが、手軽なカブ用で。
ポン付けは無理でしたが、やっぱり最も手に入り易くて、何よりも安い!



走行時、スネに当たる風が軽減されました!(はみ出る膝上とのギャップが凄かった)
何はともあれ、これで冬も走れそうです。(イカの装備は寒さ対策の一環です)



精度ガタガタ・ネジ穴チグハグ・バリ出まくりのB級アイテムでしたが、
これはベトナムの皆さんが愛を込めて作ってくれたレッグシールドです。
無事に装備できて本当に嬉しいですよ。カッコイイし温かいし!

e0183804_493830.jpg
当分の間は、ホーチミンに足を向けて寝ようと思います(北枕気味で。)





■秋の自作 その①・・・100円サイドボックス(サイドパニアケース的なノリの雰囲気な感じの箱)


後日 ダート走行でグニャリ・・・(`;ω;´)
[PR]

by t-r-cub | 2010-11-07 04:34

カブのサイドボックス(パニアケース?)を自作。秋の工作三昧①


まず始めに、この写真をご覧いただきたい・・・


e0183804_152195.jpg




おわかりいただけただろうか・・・







見逃した方の為に、もう一度ご覧いただこう。


e0183804_154236.jpg
/旭風防がなんだ!どこ中だコラァ!!\
/GIVIがなんだ!なに人だテメエ!!!!\



ツーリングを楽しんでいる男性と小さなバイク。一見何の変哲もないスナップである。
しかし、写真左下に、奇妙な箱の様な物が写り込んでいるのが確認できる。
何やら罵詈雑言を撒き散らし、その表情は困惑と怒りに満ちている様にも取れる。


ってことで、サイドボックス/パニアケースを自作してみましたので・・・。

コンセプトは

「装着時でもタンデム可能」「防水」「レインウェア上下が収納出来る」「取り外しがラク」


以上の四点です。





それでは、さっそく作り方です(← 誰もつくんねーよこんなモン!)

材料は以下の物です。

e0183804_161733.jpg

ふにゃふにゃと曲がる、金属のプレートとボルト・ナットです。

本体は高級パーツでお馴染みの「キャン・ドゥ」のハイスペックボックス。
(シルクかダイソー製だったかもしれません、使わないまま部屋に転がっていました)

richでHigh Societyな私は、あろうことかゴミ箱として使っています。
ドラえもん(とガールフレンドのタマちゃん)のシールの残骸がこびりついていました。
泣く思いで、ドラの左腕とタマちゃん(ミィちゃんじゃないよ)の鈴をひっぺがしてから
いよいよ作業のスタートです。


こんな具合に取り付けます。


e0183804_17722.jpg


大まかな取り付け位置を決めて、長いプレートと本体を合わせます。
位置を決めたらアバウトに穴を開けてネジを締めます。
場所柄、ドライバーが立たないので、六角ボルトを利用しました。


内側にも補強のプレートを咬ませました(気休め)


e0183804_1122793.jpg





取り付け部分。ここでも位置の微調整が可能です。

e0183804_191084.jpg


プレートをペンチ&素手でグニッ!と曲げて、
リアキャリアに引っ掛けます(S字フックの要領で)。

脱落防止の為に、引っ掛け部分にタイラップを這わせて終了!!


e0183804_1432295.jpg


は、使わなくなったビニロン雨合羽を切って作りました。マジックテープで留めています。
これで防水性も確約された、超激安サイドボックスが完成です。


e0183804_17495.jpg



分かりにくくてスミマセン。
リアサス下部の固定部分を延長してつけたリアステップにちょうど乗る位置です。
定規代わりに使っていたデカいプレート(アングル)も通してみました。
この"アングル"を通しておくと大きな揺れにも動じなくなります。


構造・強度的に重いものは入れられませんが、ツーリングにも耐えてくれました。

折角なので近日両サイド装着に挑戦したいと思っております。

ただ、ひとつ問題が・・・

結構古い商品なので、どの百均に行けども同じゴミ箱が売ってないのです!!

似たサイズの物を2つ購入して、もう一工夫を交えたいところです、店をうろつきながら。



最後に・・・
e0183804_1331735.jpg

これが全体のビューです。
サイドに百均のゴミ箱がくっついてるとしか思えないは思えない!
むしろゴミにしか見えないとか言うヤツがいたら・・・その通りでございます。

ちゃんとしたパニアケースは旭風防などで手に入ります。


気温も下がり、めっきり秋らしくなってまいりましたので、秋の自作・工作期間の始まりです。
(誰が得すんの?まさに誰得期間ですが、気にしない。明日は祝日です、張り切ります)



余談・・・
■前回のツーリングに備えて作ってみましたが、
かなり便利です!余程重たい物を積まない限りは、割れたり曲がったりしません(きっと)
作ってみた、既に装着しているという方がいたら・・・写真送って下さい。朝晩拝みます。


関連記事
■リアボックス取り付け  ■鍵付きリアボックスに進化
[PR]

by t-r-cub | 2010-11-03 01:51

バッグ大移動。

少し前に謎の外国の人に頂いたサイドバッグですが、
取り払って、他のバッグ共々取り付け位置を変更してみました。


e0183804_6192398.jpg
ツーリング時には上下レインウェアを収納。
大きくて見栄えもいいんだけど、外しました。

e0183804_1725832.jpg
長い付き合いとなっている工具差し。
U字ロックはココに入っていないと落ち着かない。
Holtsのパンク対処用のボトルみたいなやつと、
500ccの携行缶も収納できました。




e0183804_6252176.jpg
これも見た目はいいんだけどね・・・。
サイドにつけるのはやっぱり納得いかない。
フロントキャリアにつけるのも同様で、却下。
(ライトを遮るのも理由のひとつ)


e0183804_1730179.jpg
で、行き着いた先はこんな所・・・
ベトキャリの根元?に。
シガーソケット類が入っています。
両サイドには小物入れ。工具やバルブを収納。
意外と邪魔になりません。



e0183804_1735397.jpg奥に見える網は"ガード"代わりです。
重みで内側に垂れ下がってしまうと、
バッグの端がエンジンの熱くなる箇所に
当たってしまうので、一応対策。
日本一周時にフロントキャリアで利用した
あの時の網です。
DAISOというショップオリジナルの高価な
百均アイテムです。
もちろん専用品(キッチン)です。


e0183804_17395829.jpg
これで安心です(多分ね)
反対側のバッグにも同じように。



e0183804_17411464.jpg
レインウェアはこちらに収納!
タンデム時にも邪魔にならないケースです。
これでカッパ常備という目標も達成。

ただ、そのままつけるとタイヤに擦れる!



e0183804_1744246.jpg世の中にはバッグサポートなる
便利グッズが売られています。
これはキジマのサドルバッグサポート。
車種別だし、片側だけでも数千円はするので
自作される方も多いみたい。



e0183804_17463776.jpg
なので、付属のストラップを利用してみた。
リアサスとキャリアをつなげればOK。
これでバッグがホイール側へ傾くこと無く
巻き込みも完全防止!




結局、大きなサイドバッグ(一番上の画像)は使っていません。
先着1名様に…(略)。使う人がいれば是非。

サイドバッグ取り付け時に、古いウィンカーを外したのですが、
今回のバッグ大移動で、また取り付けておきました。
(適度なでっぱりが干渉防止に一役買ってくれるので)
予備バルブ入れとしても使えそうですね。

これで再び様子を見たいと思います。
[PR]

by t-r-cub | 2010-10-16 17:55

バッグはモロッコからやってきた。 

~Bags from モロッコ~

金曜のこと。夜のコンビニ前で突然!謎の外国人が話し掛けてきました。

「カブ スキ!ワタシ バイクヤ、ソノバイクカコイイ!カブ イイ バイク!」

と、カブをべた褒めした後、「コレプレゼント」と、これを下さいました。

e0183804_6122376.jpg
タナックスのツールバッグ(左)  ラフ&ロードのサドルバッグ(右)

自転車につけていた2つのバッグをプレゼントして下さいました(お返しは缶ビール)

この辺のバッグ類は以前から「ちょっと欲しいな」と思い、チェックしていたので
物凄いタイミングでした。謎のモロッコの人!ありがとう!!

奥さん(日本の方)も呆れ返る程のハイテンションが面白かった~!



で・・・実際につけてみた。

e0183804_619831.jpg
Before

U字ロックや細々した物を入れていた、
ホームセンターの工具差しです。


e0183804_6192398.jpg
After

で…でかい…!
レインウェア上下が入っています。
常にバイクに雨具を載せておきたかったので。



う~ん…ちょっと様子を見ます。



e0183804_6251282.jpg
Before

防水を考えて入れ替えた工具入れ。
ツーリングを目前に、位置をかえたばかり。
どっかの国の軍物です。



e0183804_6252176.jpg
After

微妙…!!
物はたくさん入るけど、開け閉めがめんどい!!
ベルトタイプなので。



これも・・・様子を見ます。



そもそも、僕のカブについているものってバイク用品じゃないものばかり。
ホームセンターや百均、安いミリタリー物がほとんどです。

なのに今回は「バイク用品を規定の位置に規定の方法で取り付け」したので、
妙に煮え切らない感じが。しかも小洒落たサドルバッグやツールバッグ。
違和感の根源はそこかもしれません。(4頭身くらいのドラえもんを見ている感覚)

とはいえ、容量はUPや防水の向上は惜しい。
ツーリングが終わったらもう一度考えてみますが、
せっかくなら位置や取り付け方法を工夫してみたいところです。


今朝も強い雨が降っています。昼頃には止む予報なので、しばし待機です。

雨やまねーかなぁ。
[PR]

by t-r-cub | 2010-10-10 07:00

自作リアボックスの補強とか色々。

■先日載せた大きな箱。買い物で気づいた「横揺れ」を改善すべく、ホームセンタードイトに走る。
その他諸々リアボックス周りに手を加え。これで(一応)最終形態に。



e0183804_2256018.jpgネギは曲げないと入らない…
テストの為にスーパーで買物。
容量upでとても便利になりました。
ネギは…スーパーまで徒歩2分足らずだし
別にいいや。歩いて行くから。

重いものを積むと横揺れする
少しの揺れなので気にしなければいいのですが
センタースタンド使用時や段差の度に揺れる。
見ていて不安なので補強することにしました。



e0183804_2321849.jpg
2組のプレートで縦方向に固定してあります。



e0183804_2334494.jpg
横方向にもう1組。
長くて堅いものをチョイスしました変なイミじゃ無いよ!
既存のプレートの厚みを考慮して、ゴムシートで高さを稼ぎました。

最初の組み付けの際、プレート間の距離をもっと大きく取れれば良かったのだが、
延長キャリアの幅が狭いので、どうしても今の位置で精一杯なのです。
カバー出来る面積も小さいので、板を挟むのもありですが、大変なので…。

横に一本通すだけで、箱も歪まなくなり、横揺れもかなり軽減されました。
カブのリアボックス界(?)では定番のアイリスオーヤマ製だけあって、
強度は抜群なのですが、揺れるのはちょっと気になったので。



e0183804_2316030.jpgボックス内部で剥き出しのボルト
荷物に引っ掛かかりそうなので、ここも手直し。



e0183804_23171480.jpg化粧直し
化粧ナットとも呼ばれる袋ナットを使用。
これで安心!見た目にもきれいでしょ?



e0183804_23185854.jpg上部の金具部分にも。
6個入りで128円でした。

2個余ったから。ってワケじゃなくてね。
綺麗にしたいからね。やっぱりね。ここもね。



e0183804_23205545.jpg飛び出たボルトだらけ
かっこ悪いなあ・・・ちょっと。
こんな場所なので、あんま見えないけど。
荷物用ロープを括る時、手を切らないように、
ここにも袋ナットを装着。(これも不恰好)

ついでなので接面にはゴムシートを挟んで
保護&振動対策。



e0183804_23233863.jpg次の機会にでもネジの長さを合わせよう。
いつも慎重になりすぎてしまうため、
長いネジを買ってしまうのです。

箱とプレート2枚とキャリアを挟むから・・・
そう考えるとついつい長すぎる物を選択しちゃう。
近いうちに弄ることがあれば、その時にでも。




e0183804_2336201.jpgステッカー作り直し
頑張って綺麗に切り取りました。
近くで見るとやっぱガタガタですが・・・。

リア側はシンプルに。



e0183804_23403728.jpg色も変えてシンプルに。
荒かった画像も綺麗に処理してみました。
誰も気付かないと思いますが、楽しいです。





e0183804_23422334.jpg

メインキーの上にメインの鹿さんを貼りつけておしまい。
(コイツの切り抜きがいちばん大変でした、シカめ!!)



これでツーリングに出掛けても、揺れずに安心リアボックスへ進化!!
自作だから好きなように手を加えられるのは、やはり大きい。
特に、カブの様な小さめのビジネスバイクには、逆に似合う。

さらば、かっこいい系のカスタムよ!

実用万歳!!!
(泣)

[PR]

by t-r-cub | 2010-09-25 23:52

「自作の鍵」付きリアボックス。実用カブだからいいよね?

鍵部分を自分で追加。カブDIYの定番「自作リアボックス」がちょっぴり進化。
鍵付きボックスは使わない(売ってないから)。でもアイリスオーヤマにおんぶにだっこ。
9/23追記:MBL-45を使用と書きましたが、実際にはMBL-21でした。スミマセン。


e0183804_3392123.jpg突然ですが、ヘルメットの上部です。

リアボックスとして使っているアイリスオーヤマの
バックルコンテナ(13L)ですが、
今更ながらヘルメットが入りません(泣)
ギリギリいけそうで、結局入らないのです。
スーパーでちょっと多めの買い物をしたら
やっぱりギリギリ入らない感じ。
たまに泣きながら袋をハンドルに掛けてます。


だったら箱を大きくすればいいじゃない!

半年以上経ってるのに、今更ながらの改良計画コンセプト。
「邪魔にならない程度に大きな箱にする!」「鍵が掛けやすい様に工夫をする!」

この2つがポイントです。

e0183804_354856.jpg日本一周時に載せていた箱は、結構重く、
現在の延長キャリアには負担。
約28Lという素晴らしい容量は旅でも大活躍!
再び取り付けようかとも思ったが今回は見送り。
便利な一眼レフ用のボックスの「2段重ね」も
出来なくなってしまうので。




e0183804_21545188.jpg前回のBOX取り付け時にも使用した南京錠。
ドリルで開けた小さな穴に南京錠を通す…
これがかなりやりにくくて大変なのです。
構造上大きな穴は開けられないし。
実際、最近は全然ロックをしていません。
(何にも入れてない事も多いからね。)



e0183804_4163390.jpg普通ならコレを選ぶところでしょう。
アイリスオーヤマ「RV460鍵付き」
もはやバイク専用ボックスと言えますね。
最初っから「鍵&ベルト通し」の至れり尽くせり。
バイク乗りにも大人気の商品です。
でも、コレじゃ僕の悩みは何も解決しない。
だって…RV400とほぼ同じ形状だから…
■アイリスオーヤマRVBOX460鍵付き
(楽天AF)


ってことで、光が丘を抜けた和光市にあるバイク専門店「ホームセンター・島忠」へ。
購入後キャリアに括りつけて帰ってきましたが、重さを感じなかった。

e0183804_856384.jpg例によってアイリスオーヤマ製です。
黒いし、軽いし、重ねられるしの3拍子。
RV400(28L)には及ばないものの、
容量は約19.5Lと、充分なサイズ。
思ってたより大容量でした。

問題は上記の通り「施錠」だけです。





ってことで、鍵部分を自作DIYで何とかしましょうかね。

e0183804_4525398.jpg今回は「掛け金」を使います。

パッチン錠も魅力ではありましたが、
サイズや取り付け位置の関係で断念。
キーが一本増えるのも面倒だし。
同梱のタッピングネジは使いません。
それぞれ、長さに合ったネジを購入。
怪我しないように、ナットで留めます。




e0183804_4425942.jpge0183804_4432027.jpg


大体こんな感じです。赤丸の部分をカットし金具取り付け&青丸の部分にも金具を。
切った木を台にして蓋との高さを揃えます。(分かりにくくてスミマセン)


e0183804_4302968.jpgまずは木のカットです
島忠で88円の板です。使うのはそのごく一部。
運が良ければその辺に落ちてそうな板っ切れ。
(残念ながら僕は見付けられませんでしたが)

コレくらいの端材ならば無料でくれるお店もある。
段差・厚みを考えて購入しましょう。
(だいたい2cm厚がベストかな)
老若男女問わず大人気のノコギリで切ります。


e0183804_4345453.jpg次は縁(ふち・ヘリ)の加工
ネジが干渉してしまうので、縁に手を加えます。
最近は誰でも持ってる「金鋏」でカット。
ちょっとずつ切れば割れたりしません。
秋口のトレンド「ニッパー」でもいけると思います。

普段は見えないところなので、手抜きでもOK。
でもヤスリがけしたり、頑張って処理しました。



e0183804_514892.jpg防水も意識して
バークロック取り付けでも使った、
薄いゴムシートを一枚挟んでみました。
箱自体はパッキン付きのものなのですが、
水が穴から内側に入り込むかもしれないので。
(この程度の防水処理は、もはや気分の問題)



e0183804_55253.jpg蓋側に取り付けます。
この飛び出したネジが縁に干渉します。
箱本体の縁をカットしたのはこのため。
カット無しでも開け閉めは出来ますが、
引っ掛かったり歪んだりするので一応。
3M×10mmのネジを通し、ナットを締める。






e0183804_4591931.jpgとりあえず完成!!
木片は黒スプレーとクリアで簡単に塗装。
表面には軽くペーパーをかけてみました。
尖った角を丸めて、バリも取っておきました。
位置を確認し仮止めしてから木片と箱に穴あけ。
一気に貫通させます。勿論防水処理(もどき)も。
3M×25mmのネジを使いました(皿頭)



e0183804_5131415.jpg施錠も簡単!
工具箱に南京錠があったのでつけてみた。
めんどいので普段はダイヤル錠を使う予定です。
これで小さな穴に苦労して鍵を通すという
地味ながらも煩わしい作業から解放される。



e0183804_5241757.jpgあとは「いつも通り」に。
丁番代わりにタイラップを使います。
箱の脱落を防ぎ、開け閉めも楽になります。
(防犯を意識するならば、ここも鍵を通すべし)

ステッカーとかをとりあえず移植しました。
また作り直そうかと思いますが、
シートを使い切ったため、それはまた今度。



BEFORE→AFTER
e0183804_5272249.jpge0183804_5273886.jpg


ちょっと見えにくいのですが、比較です。こうやって見ると今回の箱はずいぶん大きく感じます。
てっきり、シリーズ最大のMBL-45を買ったのだと思っていましたが、実際にはMBL-21です。
勘違いしておりました。MBL-45は、でか過ぎて純正キャリアじゃないと厳しいかと思います。

外寸で比較。

MBL-21:幅約45×奥行約29.5×高さ約26  容量約19.5リットル
RV400 :幅約42×奥行約37.5×高さ約33   容量約28.0リットル





e0183804_5393544.jpg二段重ね
ちょっと・・・これは高い気がする。
保安基準はオーバーしないので大丈夫ですが。
一眼レフ&レインウェアは別の箱に入れたいので
ロングツーリングはどうしても2段重ねにしたい。
ちょっと様子をみましょうか。


e0183804_5471460.jpgヘルメットもすっぽり!
持ってないのでお店の売り場で試しましたが
フルフェイスでもギリギリ(無理矢理)入ります。
普段使いのものなら余裕でいけますよ~!
スーパーでたくさん買い物しても大丈夫。
お米5kgを買っても一緒に入れられそう。
夏場のテント無しキャンプツーならば
銀マットとこの箱ひとつで行けるかも。



e0183804_5532640.jpg掛け金さまさま。
(錆びて見えるけど元々の色ですからね)
「リアボックスは宝箱」とは良く言ったもんです。
この"DIYっぷり"も気に入りました。カブだし。
あとはステッカーと反射板を貼りたいところ。




全てホームセンター島忠で購入。
バックルコンテナMBL-21 1,080円
石目掛金ブロンズ60mm  298円
ネジ類2種類     2袋で250円
彫刻用木材桂板        88円
       合計 1,716円 也



アイリスオーヤマの鍵付きRV460は、定価2,480円です。
多少安くあがりましたね。(微妙なライン^^;)
今回はノコギリで木を切ったり、金鋏で縁をカットしたりと、けっこう大変でした。
楽しいからいいけど、そうでない方は素直に■RV460を購入したほうがいいかも。
ホームセンター等の実店舗ではあまり見掛けないので、通販になると思いますが。
アイリスオーヤマのサイトならば、全色・全サイズ揃っています(当たり前か?)
しかも、頻繁に「送料無料キャンペーン」を実施しているのでオススメです。
(コンテナ類は、バイク用に購入した方のレビューも多い)


何はともあれ、カブがまたひとつ便利(不安定)になりました!!
オシャレカスタムではなく、実用メインのおかたは是非どうぞ。
でっかい箱にすると、いろいろ捗りますよ。



関連記事
後日:縦揺れが気になったので ■補強しました・・・

■簡単!自作リアボックス取り付け編

■工具要らずで着脱も楽々。リアボックスを2段重ね。
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-20 07:03

ハンドルに時計を装着。自作ステッカー望郷篇。

鹿の子号にはナビがついています。しかし、地図画面には時刻が表示されません。
メニューを押せば表示されるのですが、めんどいからハンドルに時計をつけました。

カブの純正ハンドルならば、メーターとウィンカーの間に腕時計を巻きつけられるが、
生憎のバーハンドル・・・。貼り付けられる様な平面スペースも見当たらない。

バーハンドル専用のバイククロックもありますが、せっかくなので(?)DIYで。


e0183804_217732.jpgautobacksで300円くらいで投げ売りされてた。
平面でシンプル(最低限)な機能、何より、激安!
今すぐに、どうしても必要ってわけじゃないし、
それ以前に鹿の子号に付けられるかも分からない。
なので、最も安価なこいつをチョイス!!

どうしても必要になったら専用品を買うさね。


e0183804_2225598.jpg不安を煽る様な裏面。
マジックテープで着脱するタイプです。
ハンドル周りにはスペースの余裕が無い。

ブレースも円柱形なので、確実に落ちる!!
こりゃ取り付けパーツが要るな・・・。




e0183804_233478.jpgこんな感じで使うパーツもありますが…
パーツ屋さんには無いし、通販だと待ちきれないし…
あと結構高い。三千円くらいする。
(ハリケーンというメーカー?の便利そうなホルダー)


e0183804_2463027.jpgこんなんもある。
NANKAIのバークロックなる商品。
これがその辺に売ってれば苦労はしない。
こちらも通販で三千円前後。
コレつけてる人も多いのでは?
価格に加えて、送料や手数料も掛かる。
やっぱ、何よりも待ちきれないのがネック。


NANKAIのバークロックを買いたい衝動を抑えて試行錯誤。
ハリケーンのホルダーに代わるものは無いか…?安くて簡単に手に入る物は…。


そうだ・・・百均行こう。(困ったときは百均とホームセンターに限る)



e0183804_2581219.jpgまず用意致しますのがこれ。
自転車用品コーナーで見つけたライトです。
本来はサドルのポストにつけるための物。
夜間走行時なんかに点けておくアレです。

円柱に巻きつけて使うという発想なので、
バーハンドルにも確実に流用可能!なはず。



e0183804_331486.jpgとりあえず分解。
単三2本は別売りですが、さすが百均!
中身はシンプル過ぎる程すっきりしていた。
取り付け部分を固定するネジを外す。

奥に見えるのがホルダー部分です。
けっこう細かく角度調整が出来るので、
ハリケーンの商品にも劣らないかも(剛性は皆無)


e0183804_393191.jpgホルダーとスライダーは着脱可能です。
そのスライダー部分を時計の裏側に移植。
接着剤で乱雑に接着させてみました。
セメダインとアロンアルファでバッチリ!
付属のマジックテープはひっぺがして、
スペーサーとして厚めの粘着テープを挟みました。
丸い部分は電池の蓋なので残しておきました。
(電池の寿命が先か、ブッ壊れるのが先か…)


e0183804_682517.jpg
取り付けイメージ

ハンドルに"ホルダー"を固定

スライダーに時計を接着

いつでも着脱可能なバー・クロックの完成!





e0183804_3212487.jpgいよいよ取り付けです
暗くて分かりにくいと思いますが・・・。
まずはホルダー部分をハンドルに取り付け。
すごく中途半端な位置な気もしますが、
悪ぃ界王様、ここしかなかったんだ!と呟いて。
(他のパーツと干渉しない位置がね)



e0183804_330107.jpgシート側から見た図です
取り付けパーツに接着した時計をスライド!!

この後、角度と位置を微調整します。
実際にシートに座り、細かく確認。
まあ、簡単に調整出来るんですが、念のために。




e0183804_3334784.jpgひとまず完了!!
ナビやドリンクホルダーにぶつかる事も無い。
メーターも隠れないし、意外と見やすい。
雨が降ったらすぐ外せるし、こりゃいいや!

でも、暗くなると多分見えない…
あと、少し径が大きいので緩くて回る
もう少し厚くしたゴムシートでも噛ませてみます。


こんな感じで総額400円くらいのバークロックが完成です。
時計も百均で買えば合計200円で済みますが、せっかくなのでここはカー用品で。
最初は、やっぱりNANKAIのLEDバックライト付きが欲しかったのですが、
ハンドルポストと形状の関係で多分付けられない。(台座とバーの隙間に余裕が無い&干渉で)

初めて利用したカー用品店「オートバックス」のおかげでまたひとつ便利になりました。



後日・・・ダート走行で吹っ飛びました。倉沢林道のどこかにあると思います…(´・ω・`)



ついでにステッカーも新調


e0183804_3461075.jpg性懲りも無くステッカーを自作
オートバックスに行った理由は、コレなのです。
TOYOTA車のエンブレムが欲しかったのです。
でも、ありませんでした。ステッカーもエンブレムも。
で、プリンターで自作したろう!と




豊田市出身としては、懐かしさ満点!「トヨタの旧ロゴ」です。
本社に勤める父が使っているファイルや資料ケースに、昔はこのロゴがありました。
今は使われていないみたいですが、カタカナバージョンを見ると幼少期が思い出されます。
今度オトンに頼んで会社から「要らないトヨタグッズ」を持って帰ってきてもらおうか。

e0183804_3573759.jpgTOYOTA スーパーカブ
よくある!よくある!誰もが通る道ですよ。
(ハーレーのマークをつけたTODAYみたいなもん)
(docomo@ezweb.ne.jpみたいなもん)

HONDAには、特に思い入れはありません。
(自分の)カブが好きなだけです。
スズキだったらスズキだし、ヤマハだったらヤマハ。
誰も何も言わないけれど、誰が何と言おうと。


e0183804_44371.jpgリアボックスにも一発。
これで後続車にもトヨタのバイクだと思ってもらえる。
カブ=燃費がいい=プリウス!?みたいな、ね。
そっかーカブってプリウスなんだね~みたいな、ね。
HONDAってTOYOTAだったんだ!みたいな、ね。
みたいな、みたいな・・・ね。




e0183804_4113548.jpgサイドカバーとタンク部分にも。
余白が勿体無くてたくさん作っちゃったから・・・。

エーワンの保護フィルム付きシートを使いました。
自宅のプリンターで簡単にステッカーを作れます。
設定を上げておくと、ほんと綺麗に出力されます。
それもたくさん作ってしまう理由のひとつです。


e0183804_4172227.jpg一番のお気に入り
古臭くて懐かしい、このロゴが大好きです。
(本家本元は白地に赤文字なのですが)
普通にこのステッカーも売ってるみたいですね。
ハサミで切ったので、近くでみるとガタガタ…。
でも、あんまり気にしない。
これが郷土愛ってやつか!?



ステッカーを貼りまくるのは好きじゃないクセに、嬉しくてついつい。
まあいいや、僕のカブだし・・・と、妙に開き直った夜でした。

そう、手作業丸出しのバークロックでも、アレなステッカーチューンでも
何でもあんまり気にしないのよね、僕。楽しいからね。
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-17 04:59

マイ ウェイに行ってきた。 

練馬区の下石神井に在る、カブの専門店 マイウェイに行ってきました。


3年振りくらいでしょうか?HPで見た事のあるカスタム車両や、
新型の110ccのPROカスタムなど、素敵なカブで溢れるSHOPです。

e0183804_2131665.jpg


2階部分はショールーム。1階にもカブが所狭しと並んでいます!

e0183804_2135180.jpg


今日ここへ来た目的は、チェーンケースの蓋部分の購入。

e0183804_2141874.gif
知らない間に脱落していました・・・


思い付くSHOPは、どこも"取り寄せになります"という返答・・・。
なので、遊びに行くついでに「有ればラッキー」という感覚でマイウェイに
訪れたのです。

事情を話すと「この前、掃除してた時に出てきたのがあるからあげるよ」
と、奥の作業場の引き出しから探して来てくださいました。

せっかく頂いたキャップなので、落とさない様に気を付けながら走ります!!

e0183804_2144898.jpg


カブについて色々とお話を聞かせて頂き、レジ脇のシールやキーホルダーを
購入して、マイウェイを後に。

早速シールを貼ってみました!

e0183804_2154751.jpg


e0183804_215369.jpg


e0183804_2152038.jpg

[PR]

by t-r-cub | 2010-04-21 21:08