タグ:カブのカスタム履歴 ( 46 ) タグの人気記事

サイドバッグサポートの自作 (試作)とキャリアをちょっと強化。

長旅 キャンプツーリング ロングツーリングに

役立つかもしれない、お手軽なカスタム2点


・サイドバッグサポート
・リアキャリア(延長キャリア)の強化


車体に手を入れてツーリングへの備えが整いつつあるのですが、
肝心の私がこの時期に風邪をひき、熱が出ておるという始末・・・。
普段の行いが悪いのでしょうか、バッドタイミングな自分を戒めつつ
春の工作祭りと称し、シート張替に続き、少し前に試作したバッグサポートをば。




カッコ良さげなバイクが後部に装備しているサイドバッグを目にしては
毎度毎回、垂涎の思いで眺めております。

サイドバッグって、なんか「問答無用のカッコ良さ」があると思いませんか?
僕だけですか?いや、違うはず、僕だけじゃないはずです。

カブ界でも
「適当なバッグ装着したったww」とか
「家にあった鞄をつけてみました~」なんて方も多く、
これがまたカブのリアフォルムと相まって異様にかっこ良く見えてしまうのです。
僕だけでしょうか、これも。いや、違うはずです(二度目)



総合バイク用品問屋クレスト(※楽天AF)
【タナックス】TANAX MFK-099 サドルバッグ ...

【タナックス】TANAX MFK-099 サドルバッグ ...
価格:6,010円(税込、送料別)

やっぱりバッグは便利!!そしてやっぱりカッコイイです。
荷物を分けることで取り出し易さ収納し易さが確保できますね。
さっと取り出したいレインウェア、細々したキャンプ用品、
バッグがあれば整頓も楽ちんです。



以前、テキトウな小さめのサイドバッグを装着していましたが、
いつかはちゃんとした、しかもそれなりに大容量のバッグを
つけてみたい、と、夢見続けておりました。

いつしかやってくるかもしれない「近いうち」に備えて?今回は
サイドバッグサポートを試作してみました。

これは横にくくりつけたバッグ類がタイヤにこすれたり巻き込まれたりしない
ようにガードするための対策パーツです。
以前、ツーリングの時なんかに安い軍用バッグをつけたりもしておりましたが、
これがけっこう気をつかうのですよ、ヒモを通して巻き込み防止を図るのって。

なので、今回は据置型のガードを作ることにしました。

e0183804_4395480.jpg巻き込みやスレはないものの、
たまに不安になる工具差し。
ものは試しと、今回は右後部用
ささっと作ってみることに。



e0183804_4405825.jpg材料はコチラ。
パイプを固定するための部品らしき
Ω みたいな金具と、
ボルト位置がフリーなプレートです。
Ωは57円、プレートも108円でした。
増税もなんのそのです。



e0183804_4422343.jpge0183804_442164.jpg

イメージとしてはこんな感じ。単純明快、金具で挟んでボルトでとめるだけ。
この図で分かる方は、きっと優しいおかたです。


e0183804_4435887.jpgイメージその2
アウスタの延長キャリアは
直径約11mmだったので
適宜ゴムシートを切り貼りした
シムを咬ませてからの作業です。



e0183804_4461483.jpge0183804_446656.jpg

てことで、一気に組み上げてみました。
このブログの画像は大体ムダにクリックで拡大しますよ。

機能していないウィンカーを外していない為へんてこりんな位置取りですが。
ガードが回転しないよう、手持ちのステーをリアサスの下から伸ばして
固定しました。(なんかマジックハンドみたいですが)
とりあえず、押しても引いても頑丈です。

e0183804_4494640.jpge0183804_4493862.jpg

リアサス下のボルトと共締めするにはM10以上の隙間が必要です。
固定にはセルフロックナットを駆使しておきましたので
振動による緩みは(今のところ)大丈夫です。



以下の画像で理解を示して下さるかたは、聖人君子なレベル。
e0183804_4514559.jpg
リアキャリアに余裕がある
場合はこんな感じでも
頑丈で良さそうです。
長めのL字を確保できれば
設置も簡単かと。
私の場合はリアボックス用の
ベースもあるので今回は
泣く泣く見送りました。



e0183804_456911.jpg作業中に思いついたのですが
左の画像のように(分かるか?)
最上部にもプレートを追加してやれば
バッグなどを直接かけられるかも
しれませんね。

強度と使い勝手を確認できたら
反対側で試してみようと思います。



今回はいつもに増して分かりにくい説明が続いてしまい申し訳ありません!
でも、どーせ試作だし、備忘録代わりだし、もう、いいよね!?!?

これで大きめのバッグを引っ掛けてもタイヤに擦れる事はないでしょう!
日本一周時はサイドバッグが後輪とスれて見事な穴が空いたり、
マフラーと接触し続けてこんがり焼けてしまったりとハプニング続出。
その場凌ぎで対策をしていましたがこれでもう安心できます。

長旅に出るならば結構便利な後方のサイドバッグ、
強度や使い勝手を確認しつつ活用してみることにします!




3個バージョン
バイクブロス楽天市場支店(※楽天AF)
TANAX タナックスカーゴフック ...

TANAX タナックスカーゴフック ...
価格:690円(税込、送料別)

TANAX タナックスツーリングフッ...

TANAX タナックスツーリングフッ...
価格:766円(税込、送料別)

DAYTONAポーチ付ネットandフック

DAYTONAポーチ付ネットandフック
価格:1,243円(税込、送料別)

1…ナンバープレートを固定するボルトを荷掛けフックにしてしまう便利グッズ。
2…ナンバープレートに増設できる荷掛けバー。シートバッグ固定にもオススメ。
3…言わずと知れたゴムネット。百均もいいけどちゃんとしたネットは良いものですw







超ついでに「リアキャリアの補強」も紹介。

e0183804_542113.jpg


延長キャリアに大きめのリアボックスや重い荷物を載せる方にはオススメです。
テールランプ固定ボルトを利用して、L字金具を延ばしキャリアを支えます。


e0183804_5101528.jpge0183804_510855.jpg
色を付けてみました。分かりにくくてすみません。


取り付け位置やボルトに過度の負担が掛からないように
注意する必要がありますが、手間も掛からず、後の荷物も安心です。

ナンバープレートのボルトを利用するのが一般的なのですが、
移設したリアウィンカーや角度の問題からテールを利用しました。

この補強のおかげで

人が乗っても大丈夫なんじゃねーのか

ってくらいしっかりしています。

カブは荷物満載お仕事バイクなイメージと反して、
ノーマルだと積載量はその他のバイクとさほど変わりません。
キャリア(荷台)のある50ccスクーターとどっこいどっこいです。

なので、ワタクシも例に漏れず「アウスタ」の延長キャリア(ミディキャリア)を
装備しておりますが、重めの荷物を積むとキャリアが少したわみます。
段差を乗り越えるとフワフワと揺れてしまいます。
今回の強化でそんな不安は一気に解消されました。

ナンバープレートボルトを利用したリアキャリア強化はかなりメジャーな
カスタムで、調べればカスタム例がたくさんHITします。

長旅を控えた方には特にオススメしたいカスタムです。



ということで、(快方に向かいつつけれども)憎き風邪を撃退したら、
春の陽気を満喫できるようなキャンプツーリングに出かけたいと思います。

皆様も季節の変わり目には特に体調にはお気をつけ下さいませ!



[PR]

by t-r-cub | 2014-04-30 23:23

シート張り替え!意外と綺麗にできました。

カブのシートを張り替えてみました。


バイクのシートを張り替えるなんて・・・そんなんできるか!と思っていましたが、
やってみると意外に簡単で、なかなか楽しく、しかも綺麗に仕上がりました。

e0183804_11422957.jpge0183804_11422027.jpg
まずはこのシートをご覧くださいませ・・・。
いつだったか、リトルカブ用のリアキャリアを装着した際、
タンデムシートとセットで購入したアウスタのリトルカブ用シートです。

リトルカブ用の可愛らしいカラーリングが気に入っていたのですが、この現状。
シート表皮が破れたというより硬化してひび割れたというのが正解かもしれません。荷重がかかればシワが寄り、そこから疲労と摩耗で劣化したみたいです。

このシート、高さや硬さは申し分ないのですが、表皮素材のせいか
すっごく滑るよ状態でした。そのうえ取付角度の問題か、
はたまた形のせいなのか、全体的にちょっと前傾しているらしく、
ブレーキの度に体がケツごと前方へスライドするという機能付き。

あくまでもリトルカブ用をつけていたので、90DX用とは微妙な差異があったのかもしれません。ヒンジ(ちょうつがい)にワッシャー等を挟んで軽く前方を浮かせることで対処していましたが、随分前から劣化が気になっていたので、
潔く交換することにしました。



e0183804_1149599.jpge0183804_11485744.jpg
取り出しましたるはこのシート。
何を隠そう、我が家の奥で休眠していたシートです。
カブ購入時についていたシートで、日本一周時もコレでした。
(分解後に分かったことですが、シートベースはHONDA純正で、
後に表皮だけを社外品に張り替えた模様)

本革のような美しき風合い、しっかりとした表皮、快適なグリップ感、
非常に優れたシートで、買えばソレナリ万円するという噂もダテじゃありません。

しかし、中身が薄く硬さを感じるので長時間乗っているとお尻が痛くなる。
そのせいでステップに乗せた両足が窮屈になり定期的に膝を伸ばしたくなる。

という欠点もあります。

なので、今回は表皮を剥ぎ、中にスポンジを足してやり、
テンピュール(懐かしいw)もびっくりのハイパー快適シートを
目指そうと思います。(注:低反発ではありませんが・・・)



詰め物をすると当然シート高もアップするので、足着きが悪くなります。
現状、僕のカブは両足が地面にベッタリ着くので問題ありませんが、
オフロード車などシートが高めの場合は足着きが不安定となり、
場合によってはとってもキケンです(林道とか信号待ちとか)
その際は元のスポンジを削って(俗に言う アンコ抜き)から進めましょう。




というわけでして、今回の作業内容は
・シートの張り替え(張り直し)
・中身の厚み調節(俗にいう アンコを盛る)

の2点でございます。


e0183804_115316100.jpgまずは取り外し。
M6のボルトで固定されています。
前述のようにシートが前傾時には
このヒンジ(蝶番)にナットや
ワッシャーを適度に入れて
多少の調整を行うと改善します。
でも多少です、強度も心配ですし。


e0183804_11554356.jpge0183804_11553598.jpg
裏返して表皮の端っこを御覧ください。
ホッチキスのでっかい版みたいな金属の針が打ち込まれています。
これを全て外してやれば表皮を取り外すことができます。

右画像の様にマイナスドライバーを食い込ませ、グリグリやれば開いてきます。
その後、浮いた針をペンチなどでゆっくり引き抜いてやります。



・マイナスドライバーは 細め → 太め と段階的に差し込みました。
・ラジオペンチでも可能ですが結構なパワーを要するので大きめのプライヤーが
 あると楽です(実際ラクでした)
・どちらの工程も力任せにやると針が中で折れてしまうので、ゆっくりと!
・また、ここで表皮の端が破れたりもしますが、少しなら大丈夫(だと思います)




e0183804_1159172.jpge0183804_11591017.jpg
針を全て外したら表皮を慎重に剥がします。
スポンジ汚ねえええええええええええ
と思いましたので軽くファブリーズをかけて完全乾燥を待ちます。
梅雨時や雨天下の作業、中身が水を吸っているor湿っている場合は
完全に乾燥させる必要がありそうです(カビの原因になるとか…!!)


e0183804_1261559.jpge0183804_126742.jpg
ここで素材と工具の登場です。
東急ハンズで見つけたウレタンフォーム(50cm×50cm 厚さ2cm)をチョイス。
厚みや弾力の具合を確かめ、直感で選びました。500円以下でした。

同じくハンズにてタッカーを購入。ホチキスの親玉みたいな風貌で、
樹脂や木材にも針を打ち込める工具です。これは1100円でした。
ダイソーとかにもあるらしいのですが、安心のMAX社製をチョイス。



ネットで検索したところ、詰め物として発泡ウレタン以外にも
かの有名なゲルシート内蔵のゲルザブ(楽天AF)や、
地震対策や防音で使う衝撃吸収シート、コットン、バスマットやら
低反発クッションの中身(それこそテンピュール的な)など、
色々な方が色々な工夫をしています。好みや形状と相談しながら
ベスト素材を見つけられればこっちのもんです。



/MAX ホビーホッチキスガンタッカー

/MAX ミニタッカー
価格:1,010円(税込、送料別)

卸問屋 都築屋本舗(※楽天AF)
今回使用したMAXガンタッカーです。シート張り替え以外に、普通のホチキスとしても使える便利な逸品です。
打ち損じはほとんどなく、作業効率はかなりのものでした。
針も400本ついてます。





e0183804_1265732.jpge0183804_1264363.jpg

まずはウレタンフォームを大まかにカットしてみます。
小さすぎるとどうにもならないので余裕をもって切りました。

その後、サイズを見ながら微調整をし、切り口の角度を合わせてみました。
本来はヤスリやペーパーを使って綺麗に形成するようですが、
このシートの表皮は厚めで多少の段差はカバーしてくれるだろうという
希望的観測から普通のハサミで大雑把に。



※ここで仮止めして表皮を被せ、実際の車体と合わせ
座り心地や取付角度を確認しましょう。




実際はこの時点よりもう少し堅めになるとは思いますが、跨ってみたところ、
座り心地も高さもベストだったので、いよいよ本組みに入ります。

元々のスポンジと追加用ウレタンフォームを軽く接着します
(溶ける可能性もあるので、接着剤の注意書きを確認!)
表皮を被せ、段差や凹凸が無いか、固定できる程度に
表皮のエッジ(端っこ)に余裕があるかも確認!


e0183804_12145721.jpgさらに、緩衝材シート(ワレモノなんかを包むアレ)を全体に被せます。これは細かな段差や凹みをカバーし、表皮と中身が擦れ合って欠けたりするのを防ぐためです。ネットで調べまくった結果です。効果の程は・・・多分あります!



e0183804_12165941.jpg更に更に、シートを丸ごとビニール袋に入れちゃいます。雨が降っても湿気に晒されてもスポンジが湿ることは無いでしょう。専用品もあるみたいですが、私はウレタンフォームの入っていた袋を再利用。適度な厚みがあれば大丈夫そうです。



e0183804_12181044.jpge0183804_1218072.jpg
表皮を被せて大まかに位置を決めたら強めの洗濯バサミなどで仮止めします。

まずは最前部と最後部にタッカーを打ち込みます。
ここでは仮止めくらいにとどめておきました。

その後、横方向に伸ばししがらシワを取りつつに各部を合わせ、
少しずつタッカーでの打ち込み作業を進めていきます。

e0183804_12203378.jpg


タッカーは射出口をシートベースにグッと押し付けて打ちます。
(※ シートベースが歪まない程度の押さえで!)
上画像のの状態ならば修正可能です。
表皮側にあて布をして大きなプライヤーで挟み、ゆっくり押しこむか、
マイナスドライバーやペンチの平らな面を使って押し込むか、
あるいは金槌とかで軽くトントンしてやるか、いずれにしても針の両脚が
ある程度食い込んでいればどうにかなります。

パワーが足りない製品や押さえつけがイマイチだと上記画像のバツ印の如く
フニャリと曲がったり刺さらなかったり。その場合は潔く引き抜いてから
再び打ち込みましょう。曲面や狭い箇所は要注意です。


e0183804_12285127.jpgさすが、ホチキス界の王者と名高い
MAX社製品です。打ち損じは数える程度で、バシバシとめてくれました。国内シェア75%超という実績に恥じぬ素晴らしさ!ちゃんとしたのを買って正解だったのかもしれません。



全体が上手く留まったら打ち忘れや隙間の有無を確認し
はみ出した緩衝シートやビニールを切り取って終了です。
裏側は見た目が悪くても気にしない…。
ただし、針が飛び出してたり固定が弱い部分は見逃せません。




で、いちおう完成なのですが・・・!


e0183804_12322182.jpge0183804_12321227.jpg

なんか、思ったより綺麗に出来てしまった・・・!というのは不遜でしょうか?

当初、表皮に現れていたヘコミやスジなども綺麗に消え去り、
「何かモノを詰めたッス」的なDIY感もありませんよ、ありませんよね!?
パイピング部分も何とかラインに沿ってますし、妙なズレも見られません!
・・・よね?(再確認…)


そして、肝心の座り心地は・・・!?

もう、パーフェクト!!

心地よい弾力と適度な沈み込み、荷重を絶妙に分散してくれています。

テンピュールがナンボのもんじゃい!!

と大声で叫びたくなる座り心地、いつまでも座っていたくなる様な快適さでした。


e0183804_12354244.jpge0183804_12352934.jpg
e0183804_12362248.jpge0183804_12361172.jpg

サイズ比較。画像を並べてみましたが、なんとも言えないところ・・・。

当初は再びアウスタでシートを購入し別途カバーを掛けようとも考えましたが
結局は劣化するだろうし、座り心地もイマイチだったので気後れしていました。

90DX純正のシートは高いし高価だしエクスペンシブだし・・・
なにより、黒くてぽこぽこしたビジネス感丸出しのシート。
リトル用のお洒落っぽいシートに慣れた自分にはどうにもこうにも・・・。

なので今回、気に入ってはいたものの使わずに押し入れで
眠っていたシートを復活させられて大満足です。



零カスタム楽天市場店 (※楽天AF)

世間ではゲルザブという便利グッズが重宝されています。これは衝撃吸収ゲルが内蔵された座布団で、シートカバーのようにして使えます。また、シート表皮下に詰めて使用する内蔵型もあります。ルックスが気になる場合はコチラを。それなりに値は張りますが効果はバツグンだそうです。
また、手軽なミニバイク用シートカバーもオススメです。私も使っていましたが、ちょっとした劣化や穴ならこれで対応できます。滑らないし水も弾くし、丈夫です!




e0183804_12382857.jpg余談ですが・・・
取り付け前にバスマジックリンで
かるーく拭いてみました。
ペーパーが黒ずんでいるのが
お分かりでしょうか・・・。
(一目瞭然)

ガンコな汚れには「zippo用オイル」や「ラッカーシンナー」が効きますが、
素材や色合いによっては取り返しが付かなくなるので必ず目立たない部分で
テストしてからお手入れを!シートが汚いとバイク全体が汚く見えるし。

e0183804_1242974.jpge0183804_1242056.jpg

大雑把な作業でしたが、座り心地が大幅に改善されて驚いています。
今後もこのソファーシートが大活躍することは間違いないでしょう。

※タンデムシートも軽くヘタり始めてるのでX-DAYを迎える前に
なんとか対処したいところです。が・・・
シートカバーから自作は出来そうにありません・・・。





[PR]

by t-r-cub | 2014-04-26 20:20

カブ90とリトルカブのヘッドライト球を交換!


なんだかんだでツーリング等にも行っていないので整備やらが続きますが、
今回も備忘録って感じで、長々と記録しております・・・。

本日の記事は
・リトルカブのヘッドライトバルブ(電球)を交換
・汎用ベーツライトのバルブ交換(ハロゲンバルブに挑戦)



友人の乗るリトルカブのロービームが夏から切れっぱなし(!)だったので、
後学のためにも交換&記録させて貰いました(実験じゃないです、ほんとです)

e0183804_3224943.jpgまずは正面に立ち、時計でいうところの4時・8時方向にある2本のボルトをプラスドライバーで緩めます。するとヘッドライトのリム(銀色の枠)がレンズと共にグラグラと動くのでそのまま引きます。上部がツメで引っかかっていますので様子を見ながら少しずつグリグリと。


樹脂製の部分も多く、力任せに行うと欠けるかもしれませんので
引っかかっても、ゆっくりと丁寧に作業を進めます。




e0183804_3245163.jpge0183804_3245433.jpg
上記のリムを外すと線の繋がったコネクタ、ソケットが見えるので、
これをグイッと押し込みながら反時計回りにひねれば外れます。



e0183804_3271563.jpge0183804_3272195.jpg
ソケットが外れたら電球のお目見えです!(ヤケドに注意)
おい・・・なんかハンダが流れとりますが・・・!!
光らない原因は球切れではなく接触不良だったみたいです。
とりあえず今回は端子を綺麗にして装着したら無事に光ったのですが、
ソケット側も熱で変形しているので、近日中に交換修理をすることに。


e0183804_3294541.jpge0183804_332117.gif
使用するライトは「M&H マツシマ」のヘッドライト用ダブル球
(電球の中に発光部が2箇所あり、hi/lowを切り替えるもの)です。

友人の大事な愛車なので、規定通りの白熱球を採用。

これは純正と同じ規格で12V 30/30w もちろん信頼のMade in Japanです。
金口の型番はP15d-25-1というものです。
ハロゲン球のPH7という金口と同じ規格でもあります。

■ M&H マツシマ 金口規格の一覧
また、これはスーパーカブDX/STD 系にも適合するものです。

年式によって異なる場合もあるので、適合は確かめたほうが良さそうです。

■carparts SPARK・・・ページ下部に二輪車用の適合表あり。
メーカーから検索できて、車種、排気量、年式 などの差異も記載されています。

e0183804_3372826.jpge0183804_3373064.jpg

バルブを抜き取り、電球の突起とケース側の切り欠きを合わせてから
新しいバルブを装着するので向きを間違えることはありません(おそらく)

e0183804_3423963.jpge0183804_3224943.jpg
逆の手順でソケットをねじ込んだら、ケースの位置を合わせ、
再び最初の4時8時のボルトを閉めてやります。


エンジンをかけてライトの点灯、hi/lowの切り替えが正常かをチェック。

大丈夫そうならこれで作業終了です!!


※ちなみに、リムの真下(6時の位置)にあるボルトは「光軸(光の向き等)を調整するため」のものです。場合によっては電球の交換やリムの脱着で光が上向き過ぎたり逆にやたらと下向きになったり・・・それを微調整するのが光軸調整ボルトです。交換後に違和感を覚えたら調整してみるのも吉です。
e0183804_412010.jpg

光軸のイメージ・・・あくまでもイメージです。想像図です。

ボルトを締めれば光軸が下がる筈です(逆だっけ?自信ない) まあ、その辺りをいい感じに?しつつライトの向きを微調整します。あまりに上向きだと目先が暗いし対向車や前方車が迷惑します。その逆だと近くばかり明るくて危険です。
(向きが極端におかしい場合は取り付け方法に問題があるかハンドルに歪みがあるかです、再度確認してどうにもおかしい場合はバイク屋さんへ!!)


ウェビック 楽天市場店(楽天AF)
[リトルカブ] M&H マツシマ 白熱電球 [ヘッド球...

[カブ] M&H マツシマ 白熱電球ヘッド球
価格:473円(税5%込、送料別)

金口の形状に留意して選べば白熱球もハロゲンも装着可です。
今や500円以下のハロゲンも!楽天AFで大変申し訳ないのですが
適合をお確かめのうえぜひ色々と探してみて下さい!





ベーツライトのバルブ交換手順

e0183804_3391420.jpge0183804_4151943.jpg

で、ここからは私のカブの話なんですがベーツタイプと呼ばれる
汎用のヘッドライトがついています。これが暗くて■ワークライトを装備したり
頑張っていはいますが、ついでにヘッドライトも交換してみます。
(実は上記リトルのバルブ交換前の練習を兼ねていたり・・・w)

e0183804_4194167.jpgナップスで安くなっていたハロゲンバルブです。これは先のP15d-25-1の金口と同型であり、そのまま装着できます。
金口型番はPH7で12V 25/25w です。
金口の形状としては
PH7 ≒ P15d-25-1
と覚えておくことにします!

ハロゲンバルブは高熱を発するので、ケースの形状によっては
その熱でレンズや端子が溶けたりする危険もあるそうです。
(友人のリトル号は白熱球でも溶けかけてましたけど・・・!)

e0183804_4272734.jpgまずはライトの半分解。
リムの下部にあるボルトを回します。

固定ボルトがサビサビで恥ずかしい…
これもそのうち交換しときます。



e0183804_428751.jpgリムをグイグイッと外します。
角が立っていて非常に鋭いので
怪我には注意が必要です。

ナットがなんか細長くて特殊っぽいので
なくさないように気をつけて進めます。



e0183804_4321242.jpge0183804_432124.jpg

リムが外れたらリトルと同じ要領でソケットと分離。

上の小さな電球はハイビームインジケーター用です。
この状態でエンジンをかけるとあら綺麗!!でも電気喰ってそうです・・・。


e0183804_4334114.jpgレンズとリフレクターがコーキングでくっついています。バルブは「Stanley社の Ray Brig」というのがついています。コレに変えたのは確か4年以上前だったと記憶しています。少し煤がついていますが、耐久性に驚きです!どちらも切れていないので予備バルブとして車載バッグに忍ばせておくことにしました。




e0183804_685998.jpg■ PH-7 12V30/30W スーパーホワイト ハロゲンバルブ
【即納】【全国送料240円】

価格 360円 (税込) 送料別
お手頃価格の物も多いのでテストにも良さそう!
ヒロチーショップ楽天市場店(※楽天AF)


さて、いよいよ取り付けです。
果たしてハロゲン効果は如何程なのか!!!


e0183804_43578.jpge0183804_435044.jpg
まずは通常バルブ(白熱球 30/30w)






e0183804_435458.jpge0183804_435333.jpg
換装後のハロゲンバルブ(25/25w)

どうでしょう・・・?
デジカメ画像では分かりにくいのですが(常套句)、かなり明るくなっています。
少し白っぽくなり、光の中心に輪っかができていますが、照射範囲も改善され、
ハイビームの伸びも随分と良くなりました。

e0183804_440721.jpg対向車への配慮や反射物の目眩まし対策も考えつつ光軸のチェック&微調整を行い、作業は終了です。
ネジを締める時にずれやすいのでテープで軽く留めてから行うとスムーズかもしれません。

夜間に走行してみましたが、やはり照射範囲がぐっと広くなり適正な明るさが戻った感じ!たまに純正カブに乗らせてもらうとmy鹿の子号のヘッドが如何に暗いのかと感じていましたが今回ハロゲンバルブに換装したおかげでそんな不安も吹っ飛びました。


まあ、あとは耐久性ですね。

e0183804_4435856.jpg日本一周の際、千葉県は館山のあたりで
ロービームが切れ、急遽立ち寄った
ホームセンターカインズにて購入した
岡田商事 「MOTO FLARE」なる
バルブを装着してみた事があります。
30/30wですが60/60w級の明るさ!
と謳っていた中華製バルブです。

あれから月日が経ってしまったので詳細は不明ですが、
確かに凄く明るくて感動した覚えがあります。

しかし、その約1ヶ月半後、再びロービームが切れてしまったのです。

日本一周という状況下、振動が原因なのか、それとも取り付け作業がまずかったのか。その間、千葉県から長崎県まで走っていますし、やはり毎日の長時間点灯による正常な寿命なのか、…

中華製だったからというのも考えられなくもないけれど・・・。
交換した小糸製作所の国産バルブも日本一周を終了してちょっと経った頃に切れ、んで、前述のスタンレー製に交換したはずなので、約半年(日本一周中の2ヶ月+街乗り4ヶ月)で切れてしまったことになります。

何はともあれ、ヘッドライト切れは危険ですし、無灯火は取り締まり対象です。
たまには昼間でも手をかざして点灯しているか確かめておきましょう!!
特に交換直後はこまめにチェックしておく必要がありそうでございます。



e0183804_5401352.jpg

ちょっとコレは似すぎてませんかねえ?
言い逃れ出来るんですかねぇスクエニさんは・・・。
天下のFFキャラがですよ、まさか電球を・・・なんて、ねえ。





私的メモ:バルブのガラス部分に触れると、指の油脂などが付着するため
部分的に高温化が促進され、最悪の場合は電球が割れたりするという
おっそろしい記述をよく見かけます。が、そんな事はありませんという
あっさりした記述も見かけます。どちらが本当かは分かりません・・・
が、注意書きにも「素手で触んな・指紋付けんな」的な事が
思いっきり書かれているので、大人しく従いました。




ハロゲン球への交換は、結果的にとても明るくなって大満足です。
が、もともとが暗いライトだったから効果があったのかもしれません。

ハロゲン球にしたのに効果ねえぞ、って場合は色々なw数を試してみるか
もう、超絶テクを必要とするちまたで噂のHID化しか無いかもしれません。

ひとまずは今回のハロゲンバルブ氏とワークライト君のコンビネーションで
薄暗い住宅街から闇夜の林道まで対応できそうです・・・出来るのか!?




[PR]

by t-r-cub | 2014-03-25 23:59

カブにLEDワークライト、他約2名

お久しぶりです。突然ですが、配線を色々といじってみました。

・LEDワークライト取り付け。
・シガーソケットの配線改良。
・メーター球のLED化。

以上が今回の ゆるくも地獄のカスタム内容でございます。





1…LEDワークライトの取り付け。

僕のカブのヘッドライト(汎用のベーツライトタイプ)は、暗い。けっこう暗いです。
以前から気にはなっていましたが、すっかり慣れきってしまっていました。
が、都内でも積雪があったりで遠出することもないので、今のうちに改善を。

というわけで、やって参りました「LEDワークライト」。

e0183804_656546.jpge0183804_6562271.jpg

ここ最近はLEDも、いろんなタイプが安価で手に入るようになりました。
カブ界では今更感の漂う装備ですが、低価格&低消費電力&高輝度は
暗いヘッドライトに悩んでいる自分にとってはとにかく魅力的。

フロントキャリアの下側に設置すべく、薄型の18wタイプを選びました。

■(株)東和 楽天市場店楽天AF  多様なワークライトを取り扱っています。 





取付部分と金具一式。
e0183804_715490.jpge0183804_714519.jpg
この時点で嫌な予感がしました(そんで的中しました)
取り付け用として付属していたセルフロックナットですが、
溝の中で空回りするうえ、構造的にも工具を差し込む事も出来ません!
(セルフロックナットは普通のナットよりも外周が一回り小さいようです)

しかもボルトは六角レンチで回すタイプでしたが、
ボディの形状に加えレンチの短さもあってかまともに回すことさえ困難



e0183804_735836.jpg



e0183804_761963.jpg何をするにもそれはそれは
ストレスマッハだったので、
角度調整部はドライバーで回すタイプの普通のネジと普通の六角ナット、それにスプリングワッシャーを加える、という方法に変更して対応、それで何とかスムーズになりました。

それにしても設計の悪さとチェックの甘さに落胆&落胆…&困憊。

ただし、角度調整部分にだけ手直ししてやればあとはちゃんと使えそうです!
配線の付け根をボンドとかで埋めてしまえば防水性も完璧でしょうし、
表面積もきちんと確保されているので放熱もしっかりしてそうです(多分ね多分)





2…シガーソケットの配線改良

バイクナビの普及やらスマホの台頭で、これまた一般的なカスタムとなった
シガーソケット電源の取り付け。
我がカブも日本一周の前にシガーソケットを取り付けています。

JLJ ショップ(楽天AF)


現在シガソケはバッ直…つまり、バッテリーから直接配線している状態です。
日本一周のさなか、コタツとかに使うスイッチを咬ませてみましたが、
これが大当たりで、不具合もわずらわしさも一切なく
使い勝手も良いというパーフェクトな状態でした。

ですが、まあ、せっかくなのでキーオンの状態でのみ通電するように
してみようと思います、あくまでもなんとなく。
(場合によっては不便かも、ほら、何か充電しておきたいときとか?)
ニューイングDCステーション2コ口

e0183804_714157.jpge0183804_71481.jpg

左が現状です。んで、意味もなく分解。
中には10Aのガラス管ヒューズが入っています。
円筒部分がマイナス、ヒューズ上部の板部分がプラスに繋がっています。
今後、グリップヒーターをここから給電したいという思惑も。


日本一周をしていたある日、雨の中、暗い夜、最低限の工具で取り付けたON/OFFスイッチ(コタツ君)ですが・・・
絶縁と防水のため必要以上にビニールテープでグルグル巻きです。

「もうちょっと小さめでスタイリッシュなスイッチと交換しよう」



僕はホームセンターへ急ぎました。




e0183804_7172117.jpg人の習性というか感覚というか、
それはとっても恐ろしいものです。

あろうことか、私は全く同じスイッチを
知らずと購入していたのです。
それは、自らの意志であったのか
或いは何者かに導かれたのか…
今の僕には分かりません。


ま、シガソケはベトキャリに括りつけたバッグに入れておくので
トグルスイッチやプッシュスイッチより、このコタツ君みたいな
出っ張りの無いスライドスイッチがベストのです。
バッグの中でもみくちゃになっても誤作動しないから。

e0183804_7215293.jpge0183804_7213447.jpg

キーオンに連動して通電するなら途中のスイッチなんて要らないじゃん…
とも思われましたが、これでいいのです。
挿しっぱなしでも使わない時があるのですから・・・

というかほとんど出番がないかもしれないのですから・・・。




3…メーター球のLED化

さて、おまけ程度のメーター球LED化。
■以前 、メーターを交換した際、電球が外れたりショートしたりで散々だった
(短期間で賞味3度も交換した)ので、ムカついてミニメーター用の小さな電球(ウェッジ球でベースに固定されていたためショートも脱落もないタイプ)を
差し込んでありました。それ以来トラブルも無く光り続けていたのですが、
なにせミニメーター用、どうにも暗いのです。

というわけでここもLED化。

e0183804_7265320.jpge0183804_7264273.jpg

既存の取り付け部分と配線をぶった切って持ち帰り、
CRDをハンダ付けして組み込み。噂では「CRDに対してLED1灯で使うと
発熱や故障を招く恐れがある」と聞きますが今のところ問題ありません

※LEDの扱いに関しては、ブログ内の■こちら か、WEBSITE版の■こちら
お暇な時にでもご参照願います。

e0183804_7304882.jpg拡散キャップを被せてみました。
(LEDは白色です)


e0183804_7323173.jpge0183804_7321994.jpg

とりあえず、以前4万キロで外したメーターでテストしてみます。
拡散キャップを被せたとはいえ、やはり狭角なLEDの特性か、
一部だけがやたらと明るくなってしまいますが、
実際は速度も距離もしっかりと見えて大満足。
夜間はけっこう綺麗に光ってくれています。





さあ、ここから配線作業に移ります。

今回はリレーなる部品を使ってみたいと思います。

e0183804_7355324.jpge0183804_7354038.jpg
左が一般的なリレーで、右が小さめボディのコンパクトリレーです。
どちらも■エーモン工業製品です。リンク先に解説もあります!


e0183804_7434326.jpg
ざっくり理解したところによると、
「リレーにはコイルが仕込まれていて、コイツに電気が流れると
電磁石となって、もう一方の回路を通電してくれる役割を持つらしい」

ってノリの雰囲気な感じのイメージ的な?

詳しくは■ここ にメモっておきました。


e0183804_7453632.jpg

配線はこんな感じで行こうと思います。
シガソケのスイッチはコタツ君で、
LEDライトのスイッチはKIJIMAのオンオフスイッチを採用。
取外しを考慮し、2極カプラーで接続すつことに!
(シガーソケットDCステーションには10Aのヒューズが内蔵されているので
ここでは割愛します)

e0183804_7493753.jpge0183804_749246.jpg
何も考えずに結線していった結果。もっさり。超もっさり。
無計画に進めるとこんなモッサリ結果になってしまうと証明された瞬間です。
とにもかくにも無駄が多くてボリュームが出すぎてしまったのだ。

でも、僕は気にしないもん、平気だからそういうの(・・・コレがいけなかった




e0183804_7513076.jpg取り敢えずお馴染みの
四角い電池(9V)でテスト。
各種電装がリレーと連動しているか?
スイッチでのオンオフは正常か?
結果、連動も通電もスイッチングも
問題なし。意気揚々とカブのもとへ!!



e0183804_753571.jpge0183804_7533089.jpg
■LEDテール作成の時、戻すのが大変すぎて
二度とやらぬと心に決めた「バッテリーボックス引きずり出し行為」ですが、
目先の欲にとらわれた私は敢えなく信念を曲げました。
コードを右サイドカバー内からメインフレーム下の穴へと通してから
ハンドル方面へ這わせました。


e0183804_7582876.jpgそんで・・・
本当は全てここに収めたかったのですが・・・
ここが良かったのですが・・・


メインフレームカバーがピッタリと閉まる気配もなく、押し込めようとすると
ミチミチぃと嫌ぁ~な音を奏で始めたので一旦ストップ。
スポーツなら余裕のドクターストップ。

だから、メーター球の配線以外は、大人しく右サイドカバーに詰め込むことに。
でも、もう限界だな・・・ここも。モッサリだし・・・。

なんとか(無理やり)配線一式を収めて終了。

e0183804_813160.jpg
とってもいい感じです。
なぜだか泣けてきます。

夜は凄く綺麗です。
夏場はカップル(虫の)とかも
集まるデートスポットに。
それくらいキレイですよ。





んで、主役のLEDライトはと申しますと・・・


e0183804_845624.jpg

をんぎゃああぁ!
明るすぎぃぃぃ!!



数百メートル先の対向車の目も余裕で眩ませられそうなほど、
とにかく明るすぎる!!運転者の自分だって目が眩むくらいの明るさ。
夜どころか天気の良い昼でも、角度によっては視界が完全ににホワイトアウト。
某ムスカ大佐の眩しがり方なんて学芸会レベル、もう超ヒヨっこ。

また、色は真っ白、茶目っ気なしで真っ白です。

とにかく、可能な限り下向きに取付けて、どうかなぁってトコです。



ここからが苦労の連続でして。

e0183804_8103931.jpg上3分の1程度を白い絶縁ビニールテープで覆って、凶悪ハイビームレンジを抑えます。
さらに、「クリアファイル?というかバインダー?の表紙を切り取って作ったレンズカバー」を取り付け、少し電球色っぽい感じに。

これで兵器レベルの光量問題はクリア!
画像で見るよりずっと明るいのですが、対向車や前方車両の目にダメージを
与える恐れもなく、且つ、それなりの広範囲をある程度遠くまでしっかり照らして
くれるようになりました。いやいや、大成功・・・の類でしょう!



で、一番苦労したのは固定方法です
・どうしてもフロントキャリアの下に取り付けたい
(上に乗っけるのはNG、目立つから、あと荷物も積んでみたいから)

・下に向けすぎるとフェンダーに干渉 & 奥に追いやるとやはり干渉
でも、上向き過ぎるとやっぱり迷惑極まりない。


で、ドイトやらシマホやらHCマツキヨやらあらゆるホームセンターへ足繁く通い、
ステーやボルト類をしこたま買い込むというかなりの無駄遣いを重ね、
試行錯誤という名の失敗を乗り越えて確立した固定方法がコイツだっ!!

e0183804_821564.jpge0183804_8205036.jpg

e0183804_8221339.jpge0183804_822023.jpg

 
フロントキャリアの積載性を失うこと無く、角度調整やメンテナンスも容易な
ベストな取付け方法にやっとこさ辿り着きました。

ステー2枚でキャリアを挟み、そこへL字金具を連結するという、
至極シンプルな固定。(でも振動も無くてがっちり固定出来ています)
実は、工具箱に転がっていた手持ちの金具類でだけ事足りていたのは
ここだけの話だっ!! (猛省します)





LEDワークライト、始動す。

e0183804_8281748.jpge0183804_8281084.jpg
左がノーマルヘッドライト(ロービーム)のみ、右がLED作動時。

e0183804_8285063.jpge0183804_8284463.jpg
同上。

比較するにもデジカメの補正機能が働いてしまい、実際の見え方とは
ちょっと異なりますが、思い通りの明るさが手に入りました!!


e0183804_8295948.jpge0183804_8295217.jpg
こう見ると、奥の方まで明確に浮かび上がってますね。
(ピンぼけはご愛嬌・・・)


e0183804_831135.jpgLED&ハザード。
ワークライト点灯時でも
ウィンカーの視認性には
全く問題ありませんでした。



これにて終了です。

とにかく固定方法に苦労したLEDワークライトでしたが、
その甲斐あって満足度と謎の達成感が湧き上がってきます。

フロントキャリアは荷物を積むとヘッドライトを遮ってしまい、夜間の走行、
ましてや林道のナイトツーリングなんて出来たもんじゃありません。

私の乗る90DXはサブランプを取り付けるなどしないと
フロントへの積載はかなり厳しくてとても危険なのです。

日本一周以降形骸化していたフロントキャリアも
本日をもって再び陽の目を見る事と相成りました。

今度、かさばる冬用シュラフなんかを括ってみようかと思います。



長々とお付き合いいただきありがとうございました。
気がつけばまた約半年もの放置・・・!
今後はもうちょっと小分けで読み易い記事で更新して参る予定でおります。



e0183804_8452299.jpg忘れてました。。。
KIJIMAのハンドルスイッチです。
インチサイズ用だったので
ゴムを噛ませて左につけました。
自転車のベルを外さなくても
上手いこと取り付けられたので
けっこう気に入っています!
う~ん、スタイリッシュ!!

[PR]

by t-r-cub | 2014-03-05 00:00

夏休みの自由工作 LEDで遊んでみました。

今更ながらLEDデビューです。

ゲリラ雷雨やら停滞低気圧やらその他諸々で外に出られない期間を利用し、
夏休みの自由研究代わりにLEDとやらに手を出してみました。

LED化はもはや定番どころか今更感たっぷりのカスタムなのですが
先人達の数倍は苦労したため、記述が膨大になってしまいましたので
細かいことは■Website版 にて。


LED化したのはウィンカーテールランプです。
また、ついでにウィンカーインジケーター&ニュートラルランプも自作してみました。

備忘録として取り付け後の不具合や原因と対策も残しておきたいと思います。





きっかけは以前、リアボックスに■ハイマウントストップランプを装着した事です。
その時は市販のLEDを埋め込んだだけでしたが、省電力&明るさに興味が。

LED仕様のテールやウィンカーを購入しようと思っていたのですが、
なかなか気に入った形の物が見つからず、勉強も兼ねて自作を決意しました。





LEDウィンカー球はとにかく高い!高すぎる!!ってくらい高価です。
ひとつ千円とかします。4球&予備分を考えたら結構な出費となります。

じゃあ自作すれば安く上がるのね!?と思われた方、大きな間違いです。

ウィンカーを4つもつくればLEDもけっこうたくさん必要になりますし
持っていないならば半田ゴテやグルーガン等の工具を揃える必要もあります。

完全に興味と趣味と遊びの世界です。



■Custom LED Shop LED Factory



e0183804_10243628.jpg楽天で購入したLEDパーツが届きました。
ウィンカー用のオレンジ×たくさん
テール用の赤×いっぱい
CRD(後述)×けっこう
異様に硬い基板×数枚



LEDを扱うのは初めてです。出先での不具合が心配なので、
今回は既存のウィンカーケースを使うことにしました。

金口ソケットを流用しておけば、緊急時にホームセンターとかで
ウィンカー球を調達できますし、交換も簡単に行えますのでね。

e0183804_10253012.jpgいきなりですが
ハンダ付けが終わったら
グルーガンでコーティング。
固定はもちろんのこと、
防水と防振も兼ねています。



e0183804_10255771.jpge0183804_10254979.jpg
9Vの四角い電池で点灯テストを行いながら作業を進めました。



テールライトはケースから自作することにしました。

e0183804_10265652.jpgといいますのも、もともとは赤いレンズの
ルーカスタイプがついていたのですが
固定ボルトの周辺が割れてしまい、
再利用が厳しい状況だったのです。

雨が入ってユニットごと交換した
経験もあるので、今回は自作ケースで
ガッチガチにコーティングするつもりです。



e0183804_1029356.jpge0183804_1029273.jpg

中心部が常時点灯のテールです(拡散キャップを被せてみました)
周囲の大きなLEDがブレーキと連動しています。

下方を向いているのはナンバー照射灯(白色)です。


e0183804_10302680.jpgケースをどうしようか
考えに考えましたが、
なめらかプリン!
これに決まりです!!



e0183804_1032868.jpge0183804_10321673.jpg

プッチンプリンとの死闘を経て採用されたメイトーのなめらかプリン
どちらも美味しくて好きなのですが、底部の形状と適度な乳白色っぽい透明度、
何より取り付けサイズが専用品かと思う程ピッタリ!!

レンズの部分は綿棒の蓋と百均のファイルを使ってみました。

e0183804_10341758.jpge0183804_10343424.jpg

実物は画像よりももっと光量の差が分かりやすく明るいです。


e0183804_1035271.jpg無事に装着できました。
実はウィンカーだけは
後日作り直しました。






e0183804_103641.jpge0183804_10355446.jpg

自宅で眠っていたエレキギターのパーツを使って
ウィンカーインジケーターとニュートラルランプを
備えたユニットを作ってみました。

材料はシングルピックアップカバー&レスポール用のピックガードです。

e0183804_10365676.jpge0183804_10364868.jpg

綺麗に光ってくれました!
純正ハンドルを見る度に羨ましかったウィンカーインジケーターと
場所的に見え辛かったニュートラルランプがいい感じに装着されました。

■website版 おまけ編





この後、回路がショートしたり、ウィンカーが点きっぱなしになったり、
結局1から作り直したりと、トラブルもありました。

詳細は■コチラ トラブル対処編です。





トラブルも不具合も作り直しも喰らいましたが、何とか終えることが出来ました。
夏休みの宿題を溜め込んだまま迎えた、いつかの8月31日を思い出しました。




e0183804_10425470.jpge0183804_10424483.jpg


こんなもん誰も作んねーとは思いますが、詳しい作り方&作業内容は
■コチラ にまとめておきますので
お暇だったらぜひ覗いてみて下さいな。


e0183804_10434660.jpg


[PR]

by t-r-cub | 2013-08-30 22:22

リアボックス新調&ハイマウントストップランプを作ってみた。

市販のリアボックス(別名:トップケース)を乗っけてみました。

理由は単純明快・・・先代のリアボックスが完全に破損したからです・・・。


e0183804_4124228.jpg以前から兆候はございまして、
背面のヒンジ(蝶番)のピンが抜けてしまい
開閉が不安定というか無理やり状態に。
針金で応急対処しておったのですが、
後日そのヒンジがバキっと割れまして。

それでも使用は可能だったのですが、
先日、何気なくフタを持ち上げたら「パリッ…」
いや~な音がしまして、完全に真っ二つに
なってしまったのです。

壊れたボックスなんて、単なる巨大なハンバーガー風オブジェでしかありません。
しばらくは背面に穴を開けて針金を通して処置(皮肉にも以前より使いやすくなってたり…)

とにかく、水は入るわホコリは入るわガタガタ音がするわ…なによりみすぼらしいわで
今回の交換に踏み切ったのです。さらに、せっかくなので色々と手を加える事にしました。

やって来ました3000円ちょいで!!
e0183804_4271784.jpge0183804_427714.jpg

意外とでかい…我が家の駐輪スペースの都合から、幅が広いタイプの装着は厳しいので
とにかく小さいものを探しました。オーソドックスなリアボックスってどれも前後左右が大きくて、
コンパクトな物が少ない。希望条件は前後35cm以内・左右40cm以内・簡単に着脱可能の3つ。

根気よく探すこと数日、ユニカー工業のBy Garoo BG-061ってのが条件に収まる。
サイズは縦(前後) 33cm/ 横(左右) 36cm/ 高さ(上下) 27cm/ 総重量 2.8kg/ 容量24L
ボックス内部の手回しボルトによってベースへの着脱も簡単で便利です。
フルフェイスも入るということですが持っていないので未確認です。(ジェット+シールドは余裕)

先代はかろうじて半ヘルが入る程度、向き・角度がほんの少しでもずれるとフタが閉まらないという
頑固でシビアなボックスだったので、これは助かります。開きも大きいししい感じです。



e0183804_4293381.jpgユニカー工業(By garoo)
By Garoo BG-061です。
バイガルーって何だろう…
カンガルーみたいなもんかな?
それは、さておき・・・
ユニカー工業はバイク用車体カバーや
汎用品のミラーで有名な会社です。
中国産でちょっとバリが出ていましたが
そこもご愛嬌、安いし頑丈だし便利だし、
何よりも、バイガルーだし(謎)



e0183804_4383962.jpgあれれ~バックレストがないよ~!?
e0183804_4463729.jpg商品の画像でバックレストに見えたのは
どうやら精巧な画像トリックだった様です。
蝶ネクタイ&半ズボンの某探偵も驚き!!

バーロー!!!!!!!!



e0183804_4481078.jpgということで移植開始
先代の物を流用します。
GIVIを始めとする高級メーカーには
オプションがありますがバイガルーには皆無!
上記GIVIのオプションは本体同様非常に高価で
バックレスト一つでもこの箱が余裕で
買えてしまうという高級品ですから…



e0183804_4502134.jpge0183804_450352.jpg
本体な部からネジ留めされているだけなので簡単に外すことができます。
積年のホコリやらでとにかく汚いのでお掃除を済ませてから取り付けにかかりました。
マスキングテープを駆使し、大体の穴開け位置を決めてからハンドドリルでささっと。



e0183804_4545151.jpgしまった…段差だ…
まあいっか。
これで背もたれの移植完了!
気が向いたらスポンジでも噛ませて
水滴やホコリの温床にならないように
適当な処理をしたいと思います。



e0183804_456739.jpge0183804_4561888.jpg
その後、懲りずに取っ手をつけてみました。主にスーパーでの買い物帰りに活躍!!
(荷物が大きくてフタが閉まらない時に、ここにゴムとかを通して使います。
ただし。先代の破損原因のひとつなので、取り付ける位置には気をつけました。

リフレクター(反射板)がでっかいので、鹿さんを残して黒に塗装しておきました。
思いの外キレイに出来たのですが、クリアを噴いたら一部もわぁぁっと曇りました。
湿気のせいです。僕のせいじゃありません。湿気が、梅雨が、6月が悪いんです。本当です。





さてさて、今回の大改造のメインであるハイマウントストップランプの取り付けにかかります。

e0183804_5122242.jpg※ハイマウントストップランプとは…
ブレーキランプの視認性を高めるために
車の上部とかに付いているアレです。
(画像はダイハツ工業様より)

ただでさえ目立たないカブです。
今回の箱は前後が長いので
後続車からブレーキランプが
非常に見えづらくなっている
可能性がありますからね。

最近は二輪車の後部にもデフォルトで
後部に装備されていたりもします。

また、やはりGIVIとかにはオプションで専用品が用意されていますが、
ランプひとつでこの箱が買てし(略)……僕はイタリア人の搾取に屈しません!!

※1 既にハイマウント採用車種に、ハイマウントを追加すると法に触れるそうです。
※2 私はイタリーに何の恨みもありません。むしろ好きです、ピザとか、ほらいろいろ。





バイク用品の達人(楽天AF)
【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base ...

【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base ...
価格:3,686円(税込、送料別)

GIVI純正の背もたれはソファのように心地がいいので羨ましいです。サイズが収まればですが、工夫次第で汎用品にも装着可能です。
【000】アウトレット商品 激安 GAIO リアト...

【000】アウトレット商品 激安 GAIO リアト...
価格:2,780円(税込、送料別)

と、まあ、背もたれ一枚よりも安いリアボックスも多いのですよ。最近はデザインもサイズも豊富になってきたので嬉しいですw




e0183804_5595890.jpg買ったのはコレ
気持ちが早ってしまい取り出し後ですが。
エーモンの貼り付け式の三連LEDです。
イエローハットにて980円。
レンズと基盤を含め約2mm。
抵抗も組み込んであり、繋ぐだけでOK。
下の画像にある百均のケースをバラして
自作してみようかとも考えましたが
抵抗やら何やらがよくわからないので
今回は見送り(すぐ作りたかったし…泣)



e0183804_1075157.jpgケース&レンズはコレ
ローソン100というパーツ屋さんの
自転車コーナーにて発見しました。
(ダイソーだったかもしれませんが、
大きめの店舗ならいつでもある筈です)

高性能な尾灯ですが、何と100円でした。
本当に太っ腹なパーツ屋さんですね。

以前バークロックを取り付けた
ときにも使った覚えがあります。



e0183804_109181.jpgはい、分解です。
このLEDを流用できたらいいのですが
前述の通り抵抗値とかが理解不能で断念。

分解自体は素手と精密ドライバーがあれば
ものの1分もあればできちゃいます。
コイツに穴を開けたりぶった切ったり
ヤスリでゴリゴリやったりと。

失敗しても大丈夫!百均だから…!!



e0183804_631679.jpgユニット(笑)の完成です。
気休めにアルミテープで処理。
少しは反射を強めてくれるでしょう。
あとは絶縁とか位置に気を付けて
固定にかかります。



e0183804_623765.jpg点灯テスト
バッテリーに接続する前に
いちおうテストをしておきます。
車専用(12V DC)なので
四角い電池でテストを。
問題なく光ったので良し!!




e0183804_655918.jpge0183804_645673.jpg
こんな感じです。
ケースにはビニールテープやゴム系接着剤などで防水処理を施す必要がありそうです。
とりあえずテストと様子見が済んだら防水して銀モールでも巻こうかなと思っております。



バイク用品の達人(楽天AF)
今回使用したエーモン社製のLEDです。カラーバリエーションも白・青・暖白などがありました。専用のレンズケースもあります。その他にもLED1発タイプや光センサー内臓のものも!
【095】エーモン工業■カー用品■テープ...

【095】エーモン工業■カー用品■テープ...
価格:1,025円(税込、送料別)

同じくエーモンより。LEDテープは電球数も多く、局面に沿って曲げられるので、自作なんかには最適です。もちろん12VDC対応。装飾用だけあってカラーも豊富です。




e0183804_664328.jpg2極カプラーの夢、破れる
接続には便利なカプラーという部品を
使うつもりでした。楽だし間違えないし。
でも、どうやっても端子が抜けてしまいます。
圧着のしかた悪いのか、精度が悪いのか
僕が悪いのか、とにかく無理でした。
走行中のショートや脱落も怖いので
ここは大人しくギボシ接続に(後述)



e0183804_693095.jpge0183804_694861.jpg
テールユニットを外して…
テールのユニットはネジ2本で留まっているので簡単に外せます。
なんかいろいろと線が出ていて、怖くなってしまいました(実話)
右の画像がいきなり夜になっているのは、きっとそのためです。

簡易チェッカーを使って「メインキーON時にブレーキをかけると電流がくる線」を探します。
さすがにチェッカーを刺しながらブレーキレバーを握ったりペダルを踏んだりは大変なので
プリンとかアイスとかをさし上げて、Aさんに手伝って頂きました。助かりました。



e0183804_6181442.jpg

配線は上図ようになっていましたが、年式や車体によって違うかもしれません。
電装系に手を加える場合はショートを避けるためにも必ず確認をしてから行いましょう!



e0183804_621919.jpg前述のとおり、今回はギボシ接続です。
既存の配線にハイマウント用の線を
割り込ませて電源を確保します。
場所に余裕があればエレクトロタップという
端子を使えばもっと楽なのですがね。
エレクトロタップ■使用時の記事



e0183804_1015183.jpge0183804_10154159.jpg
鹿の子号は最初からテールランプが純正ではなくルーカスタイプとかいうカバーがついていました。
レンズカバーの下っていうか裏?に空間があるのでハイマウント用の線はそこから出しました。
本来はキャリア下の穴を使うか、バッテリーボックスから引いてくるのが正攻法の様です。

車体から引っ張ってきた電源と、LEDユニットの結線位置はボックス内部にしました。
雨風も凌げるし、リアボックスを取り外す時にも簡単に配線を取り外せますからね。

e0183804_6215571.jpge0183804_6214610.jpg
点灯式
左はブレブレ、右はついてんのかついてないのかよくわからないのですが、
いちおう完成です。追突される可能性も大幅ダウン!しかもなんかかっこいい(僕だけか?)

これで謎の中華製リアボックスもイタリア人特製高級品に負けない性能を手に入れました。
今後、街やツーリング先でイタイア製の高級ボックスを装備したバイクを見かけたら
思う存分ブレーキを踏みまくってやろうと思います。(もちろん停車時限定で)

「このアマンダ!!アマンダ! ジョルジオ!チプリアーノ~ォ…!」と呪文を唱えながら
悔しげにブレーキを踏んでいるカブを見たら、それは間違いなく私です。慰めて下さい。

さ、完成記念にピザでも食べようと思います、Meijiのだけど、冷凍のだけど。


バイク用品の達人(楽天AF)
通電確認に便利なテスターです。安いしペン型でコンパクトだし使いやすいしで、簡易的なテストには持って来いのオススメ品です。
【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base OPTION ...

【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base OPTION ...
価格:3,931円(税込、送料別)

GIVI純正のハイマウントストップランプのキットです。適合をお確かめの上。
電源の接続方法もスマートで、流石に一流品は違うわ!と実感しました(泣)電球タイプもアリ。

[PR]

by t-r-cub | 2013-06-22 18:00

【完全版】 初めてでも楽勝!カブのバッテリー交換!

ぷぇ・・・ぺぽぉ~…フヒ…ぺっふぇ~ぬ


いきなり何だって感じですが、これは私のカブの「ホーン(クラクション)の音」でございます。
これは明らかにバッテリーが逝きかけている証拠…交換時期がやってきたみたいです。




シガーソケットに繋げた機器の電源をしばらく入れっぱなしにしちゃってたせいか、
何となくウィンカーの点滅が弱々しいな、と思っていたのですが・・・
信号待ちの際、スロットルを回さないとほとんど光ってねぇ事に気が付きました(かなり危険!)

・セルボタンでエンジンがかからない(セルモーターが回らない) ・ウィンカーが光らないor弱い
・ウィンカー音(カッチンカッチンとかピーピーとか)が鳴らない ・クラクションが弱々しい
・エンジン停止時ニュートラルランプ(緑)がウィンカーと連動して弱くなる

などなど・・・上記の様な症状が続く場合はバッテリーの交換時期である可能性大です!

上記の様にスロットルを回さないとウィンカーの点滅がへぼい(停止時は特に暗くて弱い)
というサインに身を震わせながら、恐る恐る左親指でラッパのマークを押下してみましたところ…
冒頭の如く、クラクションが「ペ…ペホッ…ペッフェ~」と情けなくなったので決断に至りました。




ありがたい事に要望も幾らか頂きましたので以下にしつこいくらいゆっくりと手順を紹介いたします。
(重複する内容も多くございますが■前回の記事:別窓も合わせて参照願います)

また、最近は互換バッテリーがかなりの安価で出回っていますので、
自分で交換すればけっこうお得だったりします。(以下オススメ品:楽天AF)
脅威の低価格!
なんと480円!

YT4L-BS互換では、
おそらく楽天最安値です!
僕のカブでも使用した
CT4L-BSです。
サイズも問題なく、
コスパは良いです!
880円!
1,790円
今回使用した
バッテリーです!
純正指定メーカー
ユアサ製!
台湾製の廉価品です。
激安バッテリーじゃ
不安だという方にも
オススメ
2,980円
日本が世界に誇る
GS-YUASAの
完全純正品です。
YT4L-BSならば
これで間違い
ありません!


その他にもパーツセンター楽天市場店 ■アマカム ■アイネットSHOP
ヒロチーショップ楽天市場店 ■WAVEパーツ館
あたりでお好みのバッテリーを!
(新型カブ用や大型バイク用の物もけっこう安くてびっくりしました)

また、これはカブに限らず、DIOやJOG等のスクーターをはじめ、
特殊な構造でない限りはどんなバイクもやることは大体同じ様なもんです。
バッテリーの場所と、使用される種類(含む互換性)、元々の取り付け状態をチェックしておけば
たいていのバイクに対応できる事と思います。デジカメやメモで記録しながら行えば確実です!


が・・・必ず御自身の責任のもと安全に作業をしてくださいね!
また、バッテリーご購入の際はサイズや互換性等をお確かめの上ご検討願います!
不安な方はバイク屋さんにGOです!(近所のホンダでは工賃を含めて12,000円くらいでした)


※注意
作業は単純で簡単ですが、記事は長いです。

e0183804_1572639.jpgまずはサイドカバーを開けます。
場所は右足もとです。



e0183804_1574872.jpg大きめのポッチがあるので
これをマイナスドライバーで
回していきます。
※手が滑りやすいので注意!

巷では五百円玉のような硬貨で
開けられると、専ら噂ですが、
ドライバーの方が早いし楽だし確実です。



e0183804_158988.jpg開きました!&取れました!
蹴っ飛ばしたり踏んづけたりしないよう
注意が必要です。

硬い地面に直接置くと、表面に
キズがつくので(経験済み…)
タオルを敷くなり裏返すなりして
作業に移る事をオススメします(泣)



e0183804_158401.jpge0183804_1585132.jpg

ケースを開けたところです。
配線や意味不明なパーツにビビっちゃいますが、大丈夫!
丸で囲んだボルトを外します。(サイズは11ミリでした)



e0183804_21084.jpgちなみに、今回は右側に写っている
ソケットレンチを使用しました。


e0183804_2394550.jpg

位置的にキックペダルや
車体の膨らみが邪魔になり
工具によっては作業が
困難になるので充分に
注意が必要です。


ペンチとかで作業すると、
最悪の場合ネジが
傷んでしまいます。
なれないうちは必ず
ソケットレンチや
メガネレンチ等で
作業しましょう。
百均のでも
大丈夫なので。





e0183804_212626.jpg上記のボルトを緩めたら・・・
カバーを手前にパカっと!!

これでようやくバッテリーとご対面です。
※ボルトの紛失に注意です。
 また、元の状態を忘れませぬように!



e0183804_214893.jpg

バッテリーが出て来ました!

ここからはショートに注意しながら進めていきます。
赤い線の繋がる「プラス」が、車体の金属部分とかに触れるとショートします。

もちろん死にゃあしませんが、ヒューズが飛んだりウィンカーやテール等の
電球(バルブ)が切れる可能性もあります。(カブ90のヒューズは7Aでした)

まあ普通に作業する分には心配も要りませんが、
ドライバーを伝ってショートする事もありますので




e0183804_2327350.jpg右画像の様に電解液が別添で
予め注入されていないタイプもあります。
手元の新品バッテリーが未注入の場合は
■コチラの記事をご参照下さい。
注入の手順も追っておりますので
(大抵は注入&初期充電済みですが)



e0183804_283611.jpgバッテリーの端子です。
この接続状態をよく覚えておけば
後から苦労する事も無いと思います。



e0183804_29783.jpgボルトを回します。
プラスドライバーで回せます。

必ずマイナス(緑)から外しましょう。
 でなければ作業がしにくいので(笑)
 ショートを防ぐ意味もあります。

マイナス側(手前の緑)を外したら
バッテリーを軽く引き出してやり、
同様にプラス(奥の赤)を外します。



e0183804_294693.jpgこの2つの留め具で固定されています。
※新しいバッテリーにもこれらが
 同梱されているはずです。
 交換の際にはこれらの留め具も
 新しい方を使用するのが吉!!
 (サイズが合えば再利用も可能でしょうが
  メリットは特に無いと思われます)



e0183804_210567.jpg新旧バッテリー比較
左が外したCT4L-BSで
右が新調したYTX4L-BSです。
CT4Lの方が若干背が高い様ですが
YTX4Lの方が厚みがありました。



e0183804_2102892.jpgいよいよ組み付けです!
※まずはプラス(赤・奥側)からです
元々接続されていた状態を
思い出しながら!(向きとか)

横からブロックを差し込み…



e0183804_210544.jpgボルトを挿し回します。
グリグリやってれば自然に
うまくいきます(多分…)
ここで向きを間違えると
バッテリーが車体のケース内に
収まらない場合がありますので
その時は端子の取り付け向きを
変えてから試してみます。



e0183804_2111740.jpg次はマイナス(緑・手前側)を繋ぎます。
手順は同じです。



e0183804_2114061.jpgプラス・マイナス共に繋がったら…
ここでテストをしてみます。
メインキーを回して、電装系のチェックです。
左右ウィンカー、ブレーキランプ、
ニュートラルランプ等々が
正常に動作していればOKでしょう!




e0183804_212078.jpgバッテリーをケース内に押し込んで
フタをしめたら完了となります。

右の太い赤線はツメに掛かっていますか?
ヒューズボックスや予備ヒューズ等
細々したモノは脱落していませんか?



e0183804_2122920.jpgフタがキレイに閉じない場合は
もう一度収納から見直しましょう!
力づくで閉じると断線の可能性アリ!!



e0183804_2125742.jpge0183804_2131046.jpg
ここが意外と厄介なのですが(僕だけでしょうか??)
バッテリー収納部の下にある取ってみたいな部分に
サイドカバーのツメを掛けてやることで上手くしまる(はず)

これにてバッテリー交換は完了です!!





お疲れ様でした。

何の予備知識も無いと、ものすごく不安なんですが(僕もそうでした)
実際、やってみるととても簡単です。しかも安上がりで助かります(泣笑)

・最初の状態をよく観察しておく事(デジカメorメモ推奨)
・外す時は緑のマイナス(手前)から、入れる時は赤のプラス(奥)から


上記の2項さえ頭にあれば、作業自体はとても簡単で安全です。
しつこいようですが、「無理だ」と感じたらバイク屋さんに頼むのが安全で確実です。

また、純正品以外の互換バッテリーを使用する際は特にテスト&チェックを念入りに!!


参照 ■ 以前のバッテリー交換
[PR]

by t-r-cub | 2013-05-15 00:00

スピードメーター交換~the Curse of bulb~

スピードメーターを交換してみました。


事の経緯は、数年前の野辺山近辺ツーリングの最中。

ふとスピードメータを見てみると、徐行中にも関わらず「30km/h」を指しているではないか!!
その後、注意深く観察して分かったのは「こいつ、スピード盛りまくり」という事実。

体感で50km/hでも、メーター表示では80km/hというありさま。
そもそもこのカブが80km/hも出せるのかどうかすら怪しいレベルなのに。

しかし、数日後にはその症状がピタリと治まり、「あれは一体なんだったんだ…?」と拍子抜け。
安心してそのまま放置していたのですが、
去年の夏…遂にメーターが動かなくなってしまったのだ!!

前輪の側面にあるケーブルを留めるネジをグリグリ調整してやると復活したりもするのだが
すぐに停止してしまう。まさにザオラル状態で、もう嫌気が差してきたという事・・・。




このカブを購入した際、スピードメーターだけは新品であった。

しかし、バックライトが点かない・・・。

もともとそういう製品なのか、不良品なのか、当時の僕にはサッパリ分かりませんでした。
そもそもスピードメーターがどのようについていて、どうのように動作するのかもサッパリ。

百均のミニライトみたいなやつをつけてメーターを照らしていた時期もありましたが、
ずれる・落ちる・切れるの三拍子。それもどうにか解消したかったのです。


それでもトリップ・オドはしっかりと回っているため、ついつい遅くなりました。
メーターケーブルの断線ではなく素人判断ですが「メーター本体の故障」と決めつけ、
本体のみを交換することに。



さらには、もうすぐ走行距離が4万km、キリのいいところで交換したい!





e0183804_18134473.jpgというわけで和光の二輪館へ向かいます。
カブで行くとメーターが余裕で4万を超えるため
雨の中、光が丘駅まで電車で行き、そこからは
徒歩で向かいました。
往復10kmちょいでした。遠かったです。
ほんとうに遠かったのです。
区内のナップスでも良かったのに・・・。



e0183804_1814724.jpg買ったのはデイトナのミニメーター。
バックライトも勿論ついてます。
LEDではなくバルブ(電球)タイプ。
トリップが上段、オドは下段。


コチラが今回使用したデイトナのミニメーターです。定価は6090円ですが、通販ならば割とお買い得です!バックライトはバルブ(電球)タイプなのですが、価格は魅力的です。
コチラは同型のミニメーターですが、バックライトがLED仕様となっています。こんなのもあるんですね~(遠い目)
視認性や耐久性、メンテナンス性も良さそうです(泣)

ポッシュからはなんとも可愛らしいカラフルなメーターが出ていました!正直欲しい・・・。
こちらはLED仕様です。次に交換するときの第一候補ですわ



さっそく開封&取り付け!


e0183804_18142779.jpg付属品はステー(V字の台座)と
ワッシャー、ナット、簡易配線図です。
(簡易過ぎて困る)
電球はすでにセットされています。



e0183804_18144755.jpg検電チェッカー
エンジンを掛けた時にだけ電気がくる線を
探り当てるためにホームセンターで購入。
500円くらいですがなかなかの優れ物です。



色々と剥き出しのmyカブに関しては作業手順も意外と簡単で助かりました。
ノーマルのハンドルを開けていじる自信はありません。戻せなくなりそうだから・・・。

メーターケーブルを繋いで、照明用の配線も既存のを再利用、でなんとかいけそう。
(交換の際はケーブルも配線も一新した方がいいみたいですが)





e0183804_1816593.jpgメーターの裏側。
(コイツはケーブル・配線を外した古いほう)
ねじ込み式になっています。
プライヤーで緩めてから指で回すと
簡単に抜けます。
この状態で前輪を回してみると
ケーブル内側の軸(インナー)が
くるくると回るので、断線はなさそう。



e0183804_18162625.jpgちなみに、前輪側。
プラスネジで留まっています。
ケーブルを抜き差しする際は
タイヤを前後させながら
作業すればスムーズにいくと
思います。きっと。



e0183804_18165676.jpgカバーを外しました。
相変わらず汚いです。
照明用の配線を手探りで見つけました。
チェッカー、ここでは出番なし…。






ここでトラブル発生!!

配線をしたのに、バックライトが点かない・・・!!
またか・・・またバックライトのトラブルかよ・・・。電球に呪われてるのか!?
僕が、世の中の電球に何をしたっていうんだ・・・恨まれる様な事はしていないはずだ…!

仕方無くメーター裏の電球を引き抜いてチェックしてみましたが、切れてはいない
ぐりぐりやってたら点いたり消えたり。と、かなりの不安定っぷり。
最終的にはメーターの内部に電球が落ちてしまった

くっそおおおおおおお

振ってもぜんぜん出てこねえええええ!!!


根気よく(あくまでも優しく丁寧に)シェイクしたらコロンと出てきてくれましたが
本当に冷や汗物でした。二輪館襲撃(泣きつき)も未遂で済みました。



突然ですが、取り付けの略図です。


e0183804_18182163.jpg


端子に電球をセットし、灰色の樹脂パーツで固定してから本体の穴に差し込むという手順です。



どうやらこの「端子」が固定時に触れ合ってショートしているらしいのです。
なんちゅう大雑把な造りだ・・・。ショート時はヘッドライトも強制オフになるので危険です。

e0183804_18184979.jpg


その後、なんとか接触しないベストポイントを探り出し、
絶縁テープを巻いてから本体に装着して事なきを得ました。



e0183804_18192263.jpg

取り付け完了!!


バックライトってこんなに明るいんですね…知りませんでした、無かったから(泣)



作業自体は、現状をよく観察しそれをなぞるだけだったので
素人でも出来るかなり簡単なレベルでしたが、

電球め・・・!!

苦労して取り付けたのだから、ぶっ壊れるまで使い込んでやるつもりです。



e0183804_18203442.jpg


とりあえずお疲れ様でした

[PR]

by t-r-cub | 2012-05-11 23:59

市販のリアボックス 取り付け方法 (GIVI等 ベース付きケース)

先日取り付けた市販のリアボックスですが、もうそれはそれは非常に便利です。
ワンタッチでバイクから着脱できるタイプも多く、キャンプ地での荷降ろしや
自宅から駐輪場所までの移動の際には大活躍!とくにカブはメットインもないし。



エール(楽天AF) リアボックスがたくさん!しかもけっこう安い!




最近は大容量で便利なリアボックス(トップケース)が安く手に入る時代です。
フルフェイスが2個も収納できたり、しかも着脱可能だったり・・・すごい時代です。

んで、よっしゃ載っけてみよう!と購入したはいいけれど・・・

激安リアボックスには説明書が無いことがほとんどです。


見れば分かるよね(笑) わかんないならバイク屋さんに行くよね(笑)取説なんて要らんよね(笑)
という不親切で上から目線の激安リアボックス業界に喝だッ!!!つーわけで・・・

備忘録も兼ねて汎用リアボックスの取り付け方を記しておきたいと思います。


e0183804_22285413.jpgまずは本体とベース。
箱本体になにやら樹脂製の
土台が同梱されています。
この土台は「ベース」と呼ばれ
コイツをキャリア(荷台)に固定し
その上に箱本体を載せて使います。



※ベースが無いタイプは金具で直接キャリアに固定することになります。
■コチラを参照願います)

また、ベースが付属していても、箱本体をベースに複数箇所ネジ留めするという、
着脱がワンタッチでは無いタイプもありますのでお気をつけください、

e0183804_22291882.jpg取り付け部品です。
オーソドックスな金具として
4本のボルトにワッシャーとナット。
あとは長いコの字型の金具
同梱されている事がほとんどです。



e0183804_22293725.jpg大まかに表すとこんな感じ。
コの字型金具とベースで
キャリアをサンドして固定する
そんなイメージです。

この時、ワッシャーを忘れると
最悪ベースが割れたりします!
確実に、安全に固定しましょう!

また、コの字型の金具は
締め込みにともなって
軽くゆがんだりもしますが
多少の歪みは問題無し!



 ※ご注意!!!
 一部スクーター等、キャリアが無い車種や、飾り程度の荷台、
 あっても樹脂製で取り付けが想定されていないバイクには必ず
 専用品をお使い下さい。車種専用のキャリアやベースが
 売っているので探してみて下さい。左図はPCX専用
 リアウィング・・カウル等への固定も危険です。
 なぜならバキッと割れるから!!!




e0183804_2229595.jpg固定したベースに箱を乗せたらOKです。
形状は様々ですが、ベースには突起があり
ボックス底部の穴に合わせ押し込みます。
前方にツメがある箱はベースの溝に合わせ
正しい位置を確かめてから行います。


※固定用の突起が無いタイプは箱内部から手回しボルトで固定します。(後述)
※2 ベースとの脱着はロックを解除した状態でなければ出来ません。(盗まれるからね)


e0183804_22301344.jpg上記のコの字型金具ではなく
w型?カモメ型?の金具を使う商品もあります。
その際は図の様に極面をキャリアに沿わせて
中心部のネジでベースと連結させます。
スカスカで不安な場合はゴムシートとかを挟み
厚みを確保しましょう!(百均にもあります)



e0183804_22302228.jpgベースには沢山の隙間があります。
物によっては網目状だったり
フタがあったりしますが、
やることはみな同じです。
左図の様にボルトを隙間に。
自分のバイクのキャリアの形状と
取り付け位置を確認しながら
ベストポイントを探します。



※どうにもこうにも合わない場合はホームセンターへGO。
 プレート(ステー)が安く売っているのでそれで対処だ!!



e0183804_22303348.jpg取り付けイメージ。
余ったボルトが車体に干渉したり
逆に短すぎたりしなければOK。

飛び出たボルトも、意外に役立ちますよ。
(荷物固定用のゴムを這わせたり)

手を切ったりしないように
袋ナットとかで処理するのもオシャレ!




e0183804_22305634.jpge0183804_22304868.jpg
取り付けイメージその2
GIVI等高級ブランドの場合はこのベースにフタがあったりします。(僕のは激安だから無いけど)
このタイプは真ん中後部に突起があります。これがワンタッチ着脱の要となるのです。

ボックス底部の穴に突起を合わせて取り付けます。





e0183804_2231648.jpgツメがある場合は溝に合わせて。
位置は箱の前部だったりサイドだったり
ものによって違います。



e0183804_22311983.jpgこのボタンを押すと外れます。
前述のとおり、施錠をした状態では
外せませんので安心です。

お陰で持ち去られずに済みます。

外す場合は鍵を開けた状態で!!



e0183804_22312973.jpgボタン式じゃ無ないタイプ。
箱の内部にボルトがあります。
コイツは手で回せるので工具不要。
ワンタッチとまではいきませんが
けっこう簡単&しっかりと着脱できます。



e0183804_22314822.jpg

どうでしょうか。意外と簡単ですよ。リアボックスは本当に便利です。
郵便や新聞配達のイメージが強いカブですが、ノーマル状態では積載スペースが全くありません。
これでスクーターとかのメットインをみながらヨダレを垂らす必要もなくなります。



多くの商品は約500km走行毎に固定状態を確認せよとの注意書きがあります。
振動によるボルトの緩みや、樹脂の劣化や破損が生じた場合、リアボックの脱落という
大惨事を起こしかねません。普段からこまめなチェックを欠かさない様にしましょう!





自作ハイマウントストップランプ付きのボックスに ■載せ替えました。

お馴染み!ホームセンター箱の ■取り付け型
[PR]

by t-r-cub | 2012-04-14 00:00

【載せ替え】バイク用リアボックス

今まで延長キャリアに載せていたアイリスオーヤマBOX(■取り付け編)ですが、
市販のバイク用リアボックス(1980円の激安品)に替えてみました。


ホームセンターやバイク用品店に売っている物は、サイズの問題でパス
縦(奥行き)が長過ぎてキャリアから大きくはみ出してしまうので。

アイリスの箱は奥行きも短く、延長キャリアには丁度良かったのですが、
バイク用のリアボックスは、どれも奥行きが35cm以上もあります。

よさげなサイズ表記の物でも内寸表示だったり、
画像内の対象物と比較すると明らかに表記が間違ってたり…。

また、ヤケに艶々だったり、丸くてでっかい反射板の主張が強すぎるのも気に入らない。

しかし、ヤフオクのストアで希望通りのBOXを発見したので購入!
1980円(安すぎて不安です)、縦29×幅33×高さ20(外寸 実測)


e0183804_0313636.jpg箱本体とベース部分。
ワンタッチで脱着できる優れもの。
解錠しないと外れない仕組みです。
外す事はそうそう無いでしょうが。
希望通りの小ささにひと安心しました。
反射板もライン状で許容範囲内です。
そのうち黒く加工したいところですが。



e0183804_03249.jpg半ヘル程度なら
意外にも入ってしまいます。
お店の説明には半ヘル不可
ありましたが、嬉しい誤算でした。





もうひと手間

e0183804_0331478.jpg引き出し用の取手を装着!
ホームセンターで取手を調達してきました。
1本100円ちょい。ネジと袋ナットも同時に。
バッグの固定に使う予定です。
荷物が多い時に箱の上にバッグを載せられます。



e0183804_033397.jpg下側も同じ様に。
脱落防止のゴムを通したり、
サイドに物を括る際に役立つ(はず)。
ベースに干渉しない位置取りで。



e0183804_0335549.jpg大きな箱
しばし我が家の収納に尽力願います。
ロングやキャンプのツーリング時には
再び活躍してもらう予定です!
正直、この大容量は惜しい・・・!!



e0183804_034645.jpg取り外し
スッキリしてます。



e0183804_0342186.jpgで、取り付け
ベースを組み付けて位置の調整。
う~ん、引き締まっとる!!




e0183804_0344038.jpge0183804_0345162.jpg




リアボックスを交換したのは、イメチェン(笑)してみたくなったから。ただそれだけです。
アイリスの箱にハンドルカバーにレッグシールドというお仕事カブなルックスに対する
ある種の反動かもしれません。少しだけシュッっとしたカブにしようと思っています。
もう少し暖かくなったら一気に仕上げるつもりでいます。

関連記事  ■箱の取り付け  ■箱大&錠前

[PR]

by t-r-cub | 2011-03-28 00:52