「ほっ」と。キャンペーン

スピードメーター交換~the Curse of bulb~

スピードメーターを交換してみました。


事の経緯は、数年前の野辺山近辺ツーリングの最中。

ふとスピードメータを見てみると、徐行中にも関わらず「30km/h」を指しているではないか!!
その後、注意深く観察して分かったのは「こいつ、スピード盛りまくり」という事実。

体感で50km/hでも、メーター表示では80km/hというありさま。
そもそもこのカブが80km/hも出せるのかどうかすら怪しいレベルなのに。

しかし、数日後にはその症状がピタリと治まり、「あれは一体なんだったんだ…?」と拍子抜け。
安心してそのまま放置していたのですが、
去年の夏…遂にメーターが動かなくなってしまったのだ!!

前輪の側面にあるケーブルを留めるネジをグリグリ調整してやると復活したりもするのだが
すぐに停止してしまう。まさにザオラル状態で、もう嫌気が差してきたという事・・・。




このカブを購入した際、スピードメーターだけは新品であった。

しかし、バックライトが点かない・・・。

もともとそういう製品なのか、不良品なのか、当時の僕にはサッパリ分かりませんでした。
そもそもスピードメーターがどのようについていて、どうのように動作するのかもサッパリ。

百均のミニライトみたいなやつをつけてメーターを照らしていた時期もありましたが、
ずれる・落ちる・切れるの三拍子。それもどうにか解消したかったのです。


それでもトリップ・オドはしっかりと回っているため、ついつい遅くなりました。
メーターケーブルの断線ではなく素人判断ですが「メーター本体の故障」と決めつけ、
本体のみを交換することに。



さらには、もうすぐ走行距離が4万km、キリのいいところで交換したい!





e0183804_18134473.jpgというわけで和光の二輪館へ向かいます。
カブで行くとメーターが余裕で4万を超えるため
雨の中、光が丘駅まで電車で行き、そこからは
徒歩で向かいました。
往復10kmちょいでした。遠かったです。
ほんとうに遠かったのです。
区内のナップスでも良かったのに・・・。



e0183804_1814724.jpg買ったのはデイトナのミニメーター。
バックライトも勿論ついてます。
LEDではなくバルブ(電球)タイプ。
トリップが上段、オドは下段。


コチラが今回使用したデイトナのミニメーターです。定価は6090円ですが、通販ならば割とお買い得です!バックライトはバルブ(電球)タイプなのですが、価格は魅力的です。
コチラは同型のミニメーターですが、バックライトがLED仕様となっています。こんなのもあるんですね~(遠い目)
視認性や耐久性、メンテナンス性も良さそうです(泣)

ポッシュからはなんとも可愛らしいカラフルなメーターが出ていました!正直欲しい・・・。
こちらはLED仕様です。次に交換するときの第一候補ですわ



さっそく開封&取り付け!


e0183804_18142779.jpg付属品はステー(V字の台座)と
ワッシャー、ナット、簡易配線図です。
(簡易過ぎて困る)
電球はすでにセットされています。



e0183804_18144755.jpg検電チェッカー
エンジンを掛けた時にだけ電気がくる線を
探り当てるためにホームセンターで購入。
500円くらいですがなかなかの優れ物です。



色々と剥き出しのmyカブに関しては作業手順も意外と簡単で助かりました。
ノーマルのハンドルを開けていじる自信はありません。戻せなくなりそうだから・・・。

メーターケーブルを繋いで、照明用の配線も既存のを再利用、でなんとかいけそう。
(交換の際はケーブルも配線も一新した方がいいみたいですが)





e0183804_1816593.jpgメーターの裏側。
(コイツはケーブル・配線を外した古いほう)
ねじ込み式になっています。
プライヤーで緩めてから指で回すと
簡単に抜けます。
この状態で前輪を回してみると
ケーブル内側の軸(インナー)が
くるくると回るので、断線はなさそう。



e0183804_18162625.jpgちなみに、前輪側。
プラスネジで留まっています。
ケーブルを抜き差しする際は
タイヤを前後させながら
作業すればスムーズにいくと
思います。きっと。



e0183804_18165676.jpgカバーを外しました。
相変わらず汚いです。
照明用の配線を手探りで見つけました。
チェッカー、ここでは出番なし…。






ここでトラブル発生!!

配線をしたのに、バックライトが点かない・・・!!
またか・・・またバックライトのトラブルかよ・・・。電球に呪われてるのか!?
僕が、世の中の電球に何をしたっていうんだ・・・恨まれる様な事はしていないはずだ…!

仕方無くメーター裏の電球を引き抜いてチェックしてみましたが、切れてはいない
ぐりぐりやってたら点いたり消えたり。と、かなりの不安定っぷり。
最終的にはメーターの内部に電球が落ちてしまった

くっそおおおおおおお

振ってもぜんぜん出てこねえええええ!!!


根気よく(あくまでも優しく丁寧に)シェイクしたらコロンと出てきてくれましたが
本当に冷や汗物でした。二輪館襲撃(泣きつき)も未遂で済みました。



突然ですが、取り付けの略図です。


e0183804_18182163.jpg


端子に電球をセットし、灰色の樹脂パーツで固定してから本体の穴に差し込むという手順です。



どうやらこの「端子」が固定時に触れ合ってショートしているらしいのです。
なんちゅう大雑把な造りだ・・・。ショート時はヘッドライトも強制オフになるので危険です。

e0183804_18184979.jpg


その後、なんとか接触しないベストポイントを探り出し、
絶縁テープを巻いてから本体に装着して事なきを得ました。



e0183804_18192263.jpg

取り付け完了!!


バックライトってこんなに明るいんですね…知りませんでした、無かったから(泣)



作業自体は、現状をよく観察しそれをなぞるだけだったので
素人でも出来るかなり簡単なレベルでしたが、

電球め・・・!!

苦労して取り付けたのだから、ぶっ壊れるまで使い込んでやるつもりです。



e0183804_18203442.jpg


とりあえずお疲れ様でした

[PR]

# by t-r-cub | 2012-05-11 23:59

山のふるさと村 カブとジュリオで奥多摩キャンプツーリング

久しぶりの奥多摩キャンプツーリング!

この夏、オシャレなスクーター「ホンダ ジュリオ」を入手した練馬区在住のA子さん(仮名)、
ツーリングに出掛けた事も無く、キャンプも未経験とのことでしたが、連れ立って奥多摩へ!!

e0183804_17343585.jpgパッキング!
この日の為に購入した寝袋。
ボックスに入らないので、
蓋の上にネットで固定。

ジュリオのキャリアは
飾りみたいなもんなので
けっこう苦労しました。
荷締めベルトとゴムを
併用してガッチリと!!



e0183804_1734556.jpgたくさん入って羨ましいと思っていた
スクーターのメットインなのですが、
意外や意外!キャンプ用具で満杯に。

フロントに荷物用のベルトを掛けて
リュックサックを前部に固定。

フロア(足元)のスペースの確保と
ハンドリングへの干渉に注意して、
うまい具合につけてあります。



今回は新青梅街道を利用した、単純なルートで進みます。

e0183804_17352075.jpg奥多摩駅
日曜、さらにはお花見シーズンだったため
御嶽~奥多摩駅周辺は人でいっぱいでした。

路線バスも満員で、大変そうでした。



e0183804_17353253.jpg水と緑のふれあい館
トイレ休憩がてら、初めて入りました(笑)

中には展示コーナーや軽食堂、自販機も。
縄文土器の展示が熱い!!

マスツーのバイク集団もたくさんいました。



e0183804_17354557.jpg時間があったので、日原方面へ。
一枚岩や渓流が見事な白妙橋付近。
空を往くトロッコは停止中でした。



e0183804_17355881.jpg吊り橋
川まで降りる足場の草が刈られ、
降りやすくなってみたいです。









e0183804_173698.jpg山のふるさと村
今回はオーソドックスにキャンプ場を利用!!
奥多摩湖湖の対岸にある施設で、テント泊です。
16時までにチェックインしないといけないらしく
時間が迫るとオジサンから電話がくる様です。
料金も1人200円と、リーズナブルでした。



この山のふるさと村は、「要予約」ですが、それがけっこう手間なのです。
一度、電話で仮予約をしてから、「ハガキで」正式な予約を取らねばなりません。
その後、施設から利用券が郵送されてくるという、謎の2度手間3度手間システム・・・!!!

僕らは、「すいません、ちょっと急なんですけど~、大丈夫ですかねえ~。あの~日にちがぁ~」と、
弱気にお願いしたら、「あ、電話だけで大丈夫ですよ」と、あっさり快諾。

だったら、最初から
電話だけで予約できるシステムにしとけや!!


と言ってしまうのは野暮なのかもしれない。
奥多摩町が運営する「公共の施設」だから、無駄も多かろう。


ただ、現地に着いてみたら「予約されていないかった」という、これまた面倒な事態に。

その場で用紙に記入し、手続き完了・・・。

もう事実上、予約無しでもいいんじゃん・・・。
と言ってしまうのは野暮なのかもしれ(略




e0183804_17362465.jpg利用時間は限られているものの、
売店や無料のシャワーまである。

非常にわかりにくい説明を受け、
非常にわかりにくいマップを貰い、
受け付け棟を後にした。



e0183804_17363637.jpg我々の他にも数名の利用者がいたが
割り当てられたテントの第3区画は
嬉しいことに貸し切り状態でした。

下の炊事棟は、水道、カマド、ゴミ箱完備。
道の向こうには水洗トイレもある。



e0183804_17364897.jpg自由に使えるスノコを敷いて
テントや食事用のスペースを作る。

「キャンプ臭」が染み付いたテント内に
消臭力スプレーを噴霧しまくって体裁を保つ…。



e0183804_17363765.jpg夕食
事前に買っておいたカップ麺がメイン。

ツマミやお菓子もばっちり準備済です。

前日になかなか寝付けなかったので、
この日は日が暮れてすぐに睡眠(笑)







e0183804_17371965.jpg

この日の外気温は6℃程。練馬に比べるとまだまだ寒いけれど、それでも、深夜で6℃。
春どころか初夏の香りがうっすらと漂い始めた気がします。

ちなみに、新しいシュラフは快適でした!寒さは微塵も感じず、熟睡できました。
ただ、深夜、鹿さんらしき動物が近くまできていたらしく、鳴き声で数度目が覚めました。







e0183804_17374181.jpg2日目!
テントの脇までバイクを移動させ、
荷物をパッキングして出発。

ただ帰るのももったいないので、
釣りでもして帰ろうという運びに。



e0183804_173728100.jpg氷川国際ます釣場
ここで半日券で釣りをするのが好きです。



e0183804_1738850.jpg数日前の雨もあって流れは早くて濁り気味…
落ち葉も多く、なかなか食いつきが悪い。
けれど、お互いに釣り上げる事ができたので
大満足です!



e0183804_1738194.jpg



e0183804_17384569.jpg



食堂が思いの外早く終了してしまったので、釣った魚は処理して持ち帰り。
氷を購入して、ジュリオのフロントメッシュに入れて帰りました。

A子さん(仮)のジュリオは非常にお洒落なスクーターなので、
魚の生臭さ垂れ流しはいただけません。急いで帰路に就きました。




復路も同様に新青梅街道を使って帰りました。

奥多摩周辺の桜は4月中旬からが見頃らしいのですが、まだ満開とは言えませんでした。
それでも所々に見られる桜はなかなかの見応えだったし、賑わっていました。

いつもの野宿ではなく、キャンプ場を使ったツーリングもいいものだなあ。

新調したシュラフも良い感じなので、冬場のキャンプも視野に入れつつ・・・!

総走行距離 198.7km  燃費 65.3km/L

e0183804_17391396.jpg

[PR]

# by t-r-cub | 2012-04-16 23:59

市販のリアボックス 取り付け方法 (GIVI等 ベース付きケース)

先日取り付けた市販のリアボックスですが、もうそれはそれは非常に便利です。
ワンタッチでバイクから着脱できるタイプも多く、キャンプ地での荷降ろしや
自宅から駐輪場所までの移動の際には大活躍!とくにカブはメットインもないし。



エール(楽天AF) リアボックスがたくさん!しかもけっこう安い!




最近は大容量で便利なリアボックス(トップケース)が安く手に入る時代です。
フルフェイスが2個も収納できたり、しかも着脱可能だったり・・・すごい時代です。

んで、よっしゃ載っけてみよう!と購入したはいいけれど・・・

激安リアボックスには説明書が無いことがほとんどです。


見れば分かるよね(笑) わかんないならバイク屋さんに行くよね(笑)取説なんて要らんよね(笑)
という不親切で上から目線の激安リアボックス業界に喝だッ!!!つーわけで・・・

備忘録も兼ねて汎用リアボックスの取り付け方を記しておきたいと思います。


e0183804_22285413.jpgまずは本体とベース。
箱本体になにやら樹脂製の
土台が同梱されています。
この土台は「ベース」と呼ばれ
コイツをキャリア(荷台)に固定し
その上に箱本体を載せて使います。



※ベースが無いタイプは金具で直接キャリアに固定することになります。
■コチラを参照願います)

また、ベースが付属していても、箱本体をベースに複数箇所ネジ留めするという、
着脱がワンタッチでは無いタイプもありますのでお気をつけください、

e0183804_22291882.jpg取り付け部品です。
オーソドックスな金具として
4本のボルトにワッシャーとナット。
あとは長いコの字型の金具
同梱されている事がほとんどです。



e0183804_22293725.jpg大まかに表すとこんな感じ。
コの字型金具とベースで
キャリアをサンドして固定する
そんなイメージです。

この時、ワッシャーを忘れると
最悪ベースが割れたりします!
確実に、安全に固定しましょう!

また、コの字型の金具は
締め込みにともなって
軽くゆがんだりもしますが
多少の歪みは問題無し!



 ※ご注意!!!
 一部スクーター等、キャリアが無い車種や、飾り程度の荷台、
 あっても樹脂製で取り付けが想定されていないバイクには必ず
 専用品をお使い下さい。車種専用のキャリアやベースが
 売っているので探してみて下さい。左図はPCX専用
 リアウィング・・カウル等への固定も危険です。
 なぜならバキッと割れるから!!!




e0183804_2229595.jpg固定したベースに箱を乗せたらOKです。
形状は様々ですが、ベースには突起があり
ボックス底部の穴に合わせ押し込みます。
前方にツメがある箱はベースの溝に合わせ
正しい位置を確かめてから行います。


※固定用の突起が無いタイプは箱内部から手回しボルトで固定します。(後述)
※2 ベースとの脱着はロックを解除した状態でなければ出来ません。(盗まれるからね)


e0183804_22301344.jpg上記のコの字型金具ではなく
w型?カモメ型?の金具を使う商品もあります。
その際は図の様に極面をキャリアに沿わせて
中心部のネジでベースと連結させます。
スカスカで不安な場合はゴムシートとかを挟み
厚みを確保しましょう!(百均にもあります)



e0183804_22302228.jpgベースには沢山の隙間があります。
物によっては網目状だったり
フタがあったりしますが、
やることはみな同じです。
左図の様にボルトを隙間に。
自分のバイクのキャリアの形状と
取り付け位置を確認しながら
ベストポイントを探します。



※どうにもこうにも合わない場合はホームセンターへGO。
 プレート(ステー)が安く売っているのでそれで対処だ!!



e0183804_22303348.jpg取り付けイメージ。
余ったボルトが車体に干渉したり
逆に短すぎたりしなければOK。

飛び出たボルトも、意外に役立ちますよ。
(荷物固定用のゴムを這わせたり)

手を切ったりしないように
袋ナットとかで処理するのもオシャレ!




e0183804_22305634.jpge0183804_22304868.jpg
取り付けイメージその2
GIVI等高級ブランドの場合はこのベースにフタがあったりします。(僕のは激安だから無いけど)
このタイプは真ん中後部に突起があります。これがワンタッチ着脱の要となるのです。

ボックス底部の穴に突起を合わせて取り付けます。





e0183804_2231648.jpgツメがある場合は溝に合わせて。
位置は箱の前部だったりサイドだったり
ものによって違います。



e0183804_22311983.jpgこのボタンを押すと外れます。
前述のとおり、施錠をした状態では
外せませんので安心です。

お陰で持ち去られずに済みます。

外す場合は鍵を開けた状態で!!



e0183804_22312973.jpgボタン式じゃ無ないタイプ。
箱の内部にボルトがあります。
コイツは手で回せるので工具不要。
ワンタッチとまではいきませんが
けっこう簡単&しっかりと着脱できます。



e0183804_22314822.jpg

どうでしょうか。意外と簡単ですよ。リアボックスは本当に便利です。
郵便や新聞配達のイメージが強いカブですが、ノーマル状態では積載スペースが全くありません。
これでスクーターとかのメットインをみながらヨダレを垂らす必要もなくなります。



多くの商品は約500km走行毎に固定状態を確認せよとの注意書きがあります。
振動によるボルトの緩みや、樹脂の劣化や破損が生じた場合、リアボックの脱落という
大惨事を起こしかねません。普段からこまめなチェックを欠かさない様にしましょう!





自作ハイマウントストップランプ付きのボックスに ■載せ替えました。

お馴染み!ホームセンター箱の ■取り付け型
[PR]

# by t-r-cub | 2012-04-14 00:00