<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏休みの自由工作 LEDで遊んでみました。

今更ながらLEDデビューです。

ゲリラ雷雨やら停滞低気圧やらその他諸々で外に出られない期間を利用し、
夏休みの自由研究代わりにLEDとやらに手を出してみました。

LED化はもはや定番どころか今更感たっぷりのカスタムなのですが
先人達の数倍は苦労したため、記述が膨大になってしまいましたので
細かいことは■Website版 にて。


LED化したのはウィンカーテールランプです。
また、ついでにウィンカーインジケーター&ニュートラルランプも自作してみました。

備忘録として取り付け後の不具合や原因と対策も残しておきたいと思います。





きっかけは以前、リアボックスに■ハイマウントストップランプを装着した事です。
その時は市販のLEDを埋め込んだだけでしたが、省電力&明るさに興味が。

LED仕様のテールやウィンカーを購入しようと思っていたのですが、
なかなか気に入った形の物が見つからず、勉強も兼ねて自作を決意しました。





LEDウィンカー球はとにかく高い!高すぎる!!ってくらい高価です。
ひとつ千円とかします。4球&予備分を考えたら結構な出費となります。

じゃあ自作すれば安く上がるのね!?と思われた方、大きな間違いです。

ウィンカーを4つもつくればLEDもけっこうたくさん必要になりますし
持っていないならば半田ゴテやグルーガン等の工具を揃える必要もあります。

完全に興味と趣味と遊びの世界です。



■Custom LED Shop LED Factory



e0183804_10243628.jpg楽天で購入したLEDパーツが届きました。
ウィンカー用のオレンジ×たくさん
テール用の赤×いっぱい
CRD(後述)×けっこう
異様に硬い基板×数枚



LEDを扱うのは初めてです。出先での不具合が心配なので、
今回は既存のウィンカーケースを使うことにしました。

金口ソケットを流用しておけば、緊急時にホームセンターとかで
ウィンカー球を調達できますし、交換も簡単に行えますのでね。

e0183804_10253012.jpgいきなりですが
ハンダ付けが終わったら
グルーガンでコーティング。
固定はもちろんのこと、
防水と防振も兼ねています。



e0183804_10255771.jpge0183804_10254979.jpg
9Vの四角い電池で点灯テストを行いながら作業を進めました。



テールライトはケースから自作することにしました。

e0183804_10265652.jpgといいますのも、もともとは赤いレンズの
ルーカスタイプがついていたのですが
固定ボルトの周辺が割れてしまい、
再利用が厳しい状況だったのです。

雨が入ってユニットごと交換した
経験もあるので、今回は自作ケースで
ガッチガチにコーティングするつもりです。



e0183804_1029356.jpge0183804_1029273.jpg

中心部が常時点灯のテールです(拡散キャップを被せてみました)
周囲の大きなLEDがブレーキと連動しています。

下方を向いているのはナンバー照射灯(白色)です。


e0183804_10302680.jpgケースをどうしようか
考えに考えましたが、
なめらかプリン!
これに決まりです!!



e0183804_1032868.jpge0183804_10321673.jpg

プッチンプリンとの死闘を経て採用されたメイトーのなめらかプリン
どちらも美味しくて好きなのですが、底部の形状と適度な乳白色っぽい透明度、
何より取り付けサイズが専用品かと思う程ピッタリ!!

レンズの部分は綿棒の蓋と百均のファイルを使ってみました。

e0183804_10341758.jpge0183804_10343424.jpg

実物は画像よりももっと光量の差が分かりやすく明るいです。


e0183804_1035271.jpg無事に装着できました。
実はウィンカーだけは
後日作り直しました。






e0183804_103641.jpge0183804_10355446.jpg

自宅で眠っていたエレキギターのパーツを使って
ウィンカーインジケーターとニュートラルランプを
備えたユニットを作ってみました。

材料はシングルピックアップカバー&レスポール用のピックガードです。

e0183804_10365676.jpge0183804_10364868.jpg

綺麗に光ってくれました!
純正ハンドルを見る度に羨ましかったウィンカーインジケーターと
場所的に見え辛かったニュートラルランプがいい感じに装着されました。

■website版 おまけ編





この後、回路がショートしたり、ウィンカーが点きっぱなしになったり、
結局1から作り直したりと、トラブルもありました。

詳細は■コチラ トラブル対処編です。





トラブルも不具合も作り直しも喰らいましたが、何とか終えることが出来ました。
夏休みの宿題を溜め込んだまま迎えた、いつかの8月31日を思い出しました。




e0183804_10425470.jpge0183804_10424483.jpg


こんなもん誰も作んねーとは思いますが、詳しい作り方&作業内容は
■コチラ にまとめておきますので
お暇だったらぜひ覗いてみて下さいな。


e0183804_10434660.jpg


[PR]

by t-r-cub | 2013-08-30 22:22

夏だ一番!うなパーキャンプ!鰻丼 強化合宿。

真夏の奥多摩某所。キャンプツーリングに行って参りました。




本当は7月中にも何度ソロキャンプツーリーングを計画していたのですが、
私自身の排出口と言いますか、ドレンのパッキン近辺と言いましょうか…
とにかくそのあたりに違和感がつきまといまして…(*今は万全です*)
座ると何となく痛い臀部に、梅雨や豪雨も相まって、出発できずにいたのです。




さて、久々のツーリング&テント泊をしてきました(高校時代からの友人と連れ立って)
今回はツーリングよりも、到着後がメインだったので記述はざっくりと。



発端は「うなぎ」


というのも、我々は毎年「土用丑の日」あたりでうなぎを食べまくるという
うなぎパーティー(通称:うなパー)を毎年開催しています(参加者2名)

調子がいい時は前夜祭・後夜祭まで実行するという、大の鰻ずきなのですが、
今年は互いの日程がつかず、ずっと(ひと月)お預けを喰らっていたのです。

以前より我々は「8月半ばでキャンプツーリングを」と計画していたので、
「どうせなら今年分のうなパーも盛り込もう」となりまして・・・





e0183804_639713.jpg6月に搭載した新ボックスのテストも兼ね、
今回は新たな積載方法で行ってみました。
タンデムシートは取り外さず。そこへ
テントと寝袋を入れたボストンバッグ
括りつけてみました。(まだ余裕アリ)

その他の用具はリアボックスに収納。
カッパや着替えといったかさばる物もも含め、
全て飲み込んでくれる、頼もしい箱です!



e0183804_6394435.jpg友人のリトルカブです。
75ccにボアアップしたお陰で
上り坂の砂利ダートも何とかクリア!
青梅の手前でエンスト&ガス欠、
林道でロービームが切れたりと
小さなトラブルもありましたが
常にハイオクを入れている
モンスターマシーンです。




e0183804_6401640.jpg着きました!
どこにテントを張ろうかと
うろついていたら・・・
スズメバチが飛び交っていたり
アブが飛び交っていたりと、
どうも地の利に恵まれずに、
結局2度も移動するハメに。
虫や蛇や熊さんはシャレに
ならんので、要注意です。


■ナチュラム 楽天市場支店楽天AF ■ 私も愛用している定番テントです。
キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテント 5,500円(送料別)




設営も終え、身軽になったところで買い出しにGO!!
青梅方面へ引き返し、日向和田駅あたりへ。ここはすごい!!
ムラウチホビー(ホームセンター)・たいらや(スーパー)・バイゴー(ドラッグストア)が
一挙に集いし聖地みたいなとこです。それぞれ規模も大きく、何でも揃います。
奥多摩近辺で物資を調達するなら、もうココしかありませんね! ■ココです■ Googleマップ


薪、炭、食材などを購入し、来た道を引き返すといい感じに夕刻。

e0183804_6404312.jpg焚き火、ON!!
石で組んだ頼りない土台に、
小さな小さな炎なのですが、
心底テンション上がりました。

周囲に誰もいないのをいい事に
僕らは奇声を発しまくりました。
もし通りかかった人が僕らの様子を見たら
何かの儀式だと思われた筈です。
それぐらい奇声を上げました。



e0183804_641999.jpgメインのうなぎ大先生(台湾産/養殖)です
炎が落ち着くと、炭も赤熱して素敵な感じに。
ダイソー特製の高級アミ(210円)の上に
大先生を乗っけて軽く炙ります。

その間、コッヘルにサトウのごはん(類似品)を
むりやり突っ込んで湯煎しておきました。
男心をくすぐる煙と香ばしさに、
僕らは奇声を(以下略)



e0183804_6413012.jpgタレを掛けたら立派な鰻丼です。
まぁ、これは本当に絶品でした。
ひとけの無い山中で鰻を食す。
しかも炭火焼きの本格派です。
そりゃうまいに決まってます。



e0183804_642545.jpge0183804_6415552.jpg

豚肉と椎茸も焼きます。
豚肉は焼き肉のタレや塩胡椒で。椎茸はバター醤油で。漂う香りは、もはや芸術。
DQNが川原で開催する謎のBBQ大会とは段違いの素晴らしさ(奇声の多さ)




この日(8/13ー14)は、前日に訪れたペルセウス座流星群の名残が観測出来るかも
…と、密かに期待しておったのですが、あいにく、夜空は厚めの雲に覆われており。

それでもテント内から幾つかの流れ星を見ることができました。大満足です。

もちろん、眠る前に再び火の始末を確認し念のため周囲にも軽く水撒きをして就寝。




ロゴス(LOGOS) BBQ 耐熱レザーグローブ【あす楽対応】
無いと困ります。というか、自炊派なら必携!炭を握っても平気な耐熱性!

キャプテンスタッグ小型ガスバーナー・クッカーセット【あす楽対応】
ガスボンベとバーナーとコッヘル(小さな鍋)がセットで破格の3,749円!かなりお得です。




e0183804_6432851.jpg朝から焼き鳥
セミの声で起床(am 6:00 前)
再び火を入れて、焼き鳥モーニングです。
タレでも塩でも。どちらも最高でした。
もっと食後の余韻に浸っていたかったのですが
早速スズメバチさんが飛び始めたので、
身を捩らせながら撤収作業。



自身のキャンプツーリング経験を振り返ると、野営地は道の駅とかが多く、
ここまで真っ暗な場所で夜を明かした事はけっこう少なかったりします。
たまにはこんな場所で過ごしたり、焚き火をしたりってのもいいもんです。

無駄に奇声を発し、謎の踊りで火の周りをグルグルまわり、ウナギ大明神を拝みましたが
旧友と炎の前で語らい、飽きること無く星空を見上げ、静けさに耳を傾けるといった
・・・そう、まるで「健全な青少年の模範的キャンプ」でしょうが!!
誰が何と言おうと、そうなのです。あとはフォークギターがあれば完璧でした。





e0183804_659974.jpg

暑い暑い帰り道。都心部へ近付くほど熱気と日差しが厳しくなります。
まだまだこの過ごしにくさは続きそうです・・・。





※帰宅後、右手だけで11箇所も蚊に刺されていました。(蚊、ちょっとは遠慮というものを知れ)
長袖&長靴の重装備だったので、手首より先だけですみましたが両手で合計18箇所でした。

帰宅するまで気づかなかったのは、いわゆるキャンパーズハイ(造語)でしょうか。
みなさも、虫や蛇、熊、などの危険生物にはお気をつけ下さい、もちろん火の始末も!!



総走行距離 154.8km
燃費 54.1km/L

[PR]

by t-r-cub | 2013-08-14 00:00