<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自作リアボックスの補強とか色々。

■先日載せた大きな箱。買い物で気づいた「横揺れ」を改善すべく、ホームセンタードイトに走る。
その他諸々リアボックス周りに手を加え。これで(一応)最終形態に。



e0183804_2256018.jpgネギは曲げないと入らない…
テストの為にスーパーで買物。
容量upでとても便利になりました。
ネギは…スーパーまで徒歩2分足らずだし
別にいいや。歩いて行くから。

重いものを積むと横揺れする
少しの揺れなので気にしなければいいのですが
センタースタンド使用時や段差の度に揺れる。
見ていて不安なので補強することにしました。



e0183804_2321849.jpg
2組のプレートで縦方向に固定してあります。



e0183804_2334494.jpg
横方向にもう1組。
長くて堅いものをチョイスしました変なイミじゃ無いよ!
既存のプレートの厚みを考慮して、ゴムシートで高さを稼ぎました。

最初の組み付けの際、プレート間の距離をもっと大きく取れれば良かったのだが、
延長キャリアの幅が狭いので、どうしても今の位置で精一杯なのです。
カバー出来る面積も小さいので、板を挟むのもありですが、大変なので…。

横に一本通すだけで、箱も歪まなくなり、横揺れもかなり軽減されました。
カブのリアボックス界(?)では定番のアイリスオーヤマ製だけあって、
強度は抜群なのですが、揺れるのはちょっと気になったので。



e0183804_2316030.jpgボックス内部で剥き出しのボルト
荷物に引っ掛かかりそうなので、ここも手直し。



e0183804_23171480.jpg化粧直し
化粧ナットとも呼ばれる袋ナットを使用。
これで安心!見た目にもきれいでしょ?



e0183804_23185854.jpg上部の金具部分にも。
6個入りで128円でした。

2個余ったから。ってワケじゃなくてね。
綺麗にしたいからね。やっぱりね。ここもね。



e0183804_23205545.jpg飛び出たボルトだらけ
かっこ悪いなあ・・・ちょっと。
こんな場所なので、あんま見えないけど。
荷物用ロープを括る時、手を切らないように、
ここにも袋ナットを装着。(これも不恰好)

ついでなので接面にはゴムシートを挟んで
保護&振動対策。



e0183804_23233863.jpg次の機会にでもネジの長さを合わせよう。
いつも慎重になりすぎてしまうため、
長いネジを買ってしまうのです。

箱とプレート2枚とキャリアを挟むから・・・
そう考えるとついつい長すぎる物を選択しちゃう。
近いうちに弄ることがあれば、その時にでも。




e0183804_2336201.jpgステッカー作り直し
頑張って綺麗に切り取りました。
近くで見るとやっぱガタガタですが・・・。

リア側はシンプルに。



e0183804_23403728.jpg色も変えてシンプルに。
荒かった画像も綺麗に処理してみました。
誰も気付かないと思いますが、楽しいです。





e0183804_23422334.jpg

メインキーの上にメインの鹿さんを貼りつけておしまい。
(コイツの切り抜きがいちばん大変でした、シカめ!!)



これでツーリングに出掛けても、揺れずに安心リアボックスへ進化!!
自作だから好きなように手を加えられるのは、やはり大きい。
特に、カブの様な小さめのビジネスバイクには、逆に似合う。

さらば、かっこいい系のカスタムよ!

実用万歳!!!
(泣)

[PR]

by t-r-cub | 2010-09-25 23:52 | Trackback | Comments(2)

「自作の鍵」付きリアボックス。実用カブだからいいよね?

鍵部分を自分で追加。カブDIYの定番「自作リアボックス」がちょっぴり進化。
鍵付きボックスは使わない(売ってないから)。でもアイリスオーヤマにおんぶにだっこ。
9/23追記:MBL-45を使用と書きましたが、実際にはMBL-21でした。スミマセン。


e0183804_3392123.jpg突然ですが、ヘルメットの上部です。

リアボックスとして使っているアイリスオーヤマの
バックルコンテナ(13L)ですが、
今更ながらヘルメットが入りません(泣)
ギリギリいけそうで、結局入らないのです。
スーパーでちょっと多めの買い物をしたら
やっぱりギリギリ入らない感じ。
たまに泣きながら袋をハンドルに掛けてます。


だったら箱を大きくすればいいじゃない!

半年以上経ってるのに、今更ながらの改良計画コンセプト。
「邪魔にならない程度に大きな箱にする!」「鍵が掛けやすい様に工夫をする!」

この2つがポイントです。

e0183804_354856.jpg日本一周時に載せていた箱は、結構重く、
現在の延長キャリアには負担。
約28Lという素晴らしい容量は旅でも大活躍!
再び取り付けようかとも思ったが今回は見送り。
便利な一眼レフ用のボックスの「2段重ね」も
出来なくなってしまうので。




e0183804_21545188.jpg前回のBOX取り付け時にも使用した南京錠。
ドリルで開けた小さな穴に南京錠を通す…
これがかなりやりにくくて大変なのです。
構造上大きな穴は開けられないし。
実際、最近は全然ロックをしていません。
(何にも入れてない事も多いからね。)



e0183804_4163390.jpg普通ならコレを選ぶところでしょう。
アイリスオーヤマ「RV460鍵付き」
もはやバイク専用ボックスと言えますね。
最初っから「鍵&ベルト通し」の至れり尽くせり。
バイク乗りにも大人気の商品です。
でも、コレじゃ僕の悩みは何も解決しない。
だって…RV400とほぼ同じ形状だから…
■アイリスオーヤマRVBOX460鍵付き
(楽天AF)


ってことで、光が丘を抜けた和光市にあるバイク専門店「ホームセンター・島忠」へ。
購入後キャリアに括りつけて帰ってきましたが、重さを感じなかった。

e0183804_856384.jpg例によってアイリスオーヤマ製です。
黒いし、軽いし、重ねられるしの3拍子。
RV400(28L)には及ばないものの、
容量は約19.5Lと、充分なサイズ。
思ってたより大容量でした。

問題は上記の通り「施錠」だけです。





ってことで、鍵部分を自作DIYで何とかしましょうかね。

e0183804_4525398.jpg今回は「掛け金」を使います。

パッチン錠も魅力ではありましたが、
サイズや取り付け位置の関係で断念。
キーが一本増えるのも面倒だし。
同梱のタッピングネジは使いません。
それぞれ、長さに合ったネジを購入。
怪我しないように、ナットで留めます。




e0183804_4425942.jpge0183804_4432027.jpg


大体こんな感じです。赤丸の部分をカットし金具取り付け&青丸の部分にも金具を。
切った木を台にして蓋との高さを揃えます。(分かりにくくてスミマセン)


e0183804_4302968.jpgまずは木のカットです
島忠で88円の板です。使うのはそのごく一部。
運が良ければその辺に落ちてそうな板っ切れ。
(残念ながら僕は見付けられませんでしたが)

コレくらいの端材ならば無料でくれるお店もある。
段差・厚みを考えて購入しましょう。
(だいたい2cm厚がベストかな)
老若男女問わず大人気のノコギリで切ります。


e0183804_4345453.jpg次は縁(ふち・ヘリ)の加工
ネジが干渉してしまうので、縁に手を加えます。
最近は誰でも持ってる「金鋏」でカット。
ちょっとずつ切れば割れたりしません。
秋口のトレンド「ニッパー」でもいけると思います。

普段は見えないところなので、手抜きでもOK。
でもヤスリがけしたり、頑張って処理しました。



e0183804_514892.jpg防水も意識して
バークロック取り付けでも使った、
薄いゴムシートを一枚挟んでみました。
箱自体はパッキン付きのものなのですが、
水が穴から内側に入り込むかもしれないので。
(この程度の防水処理は、もはや気分の問題)



e0183804_55253.jpg蓋側に取り付けます。
この飛び出したネジが縁に干渉します。
箱本体の縁をカットしたのはこのため。
カット無しでも開け閉めは出来ますが、
引っ掛かったり歪んだりするので一応。
3M×10mmのネジを通し、ナットを締める。






e0183804_4591931.jpgとりあえず完成!!
木片は黒スプレーとクリアで簡単に塗装。
表面には軽くペーパーをかけてみました。
尖った角を丸めて、バリも取っておきました。
位置を確認し仮止めしてから木片と箱に穴あけ。
一気に貫通させます。勿論防水処理(もどき)も。
3M×25mmのネジを使いました(皿頭)



e0183804_5131415.jpg施錠も簡単!
工具箱に南京錠があったのでつけてみた。
めんどいので普段はダイヤル錠を使う予定です。
これで小さな穴に苦労して鍵を通すという
地味ながらも煩わしい作業から解放される。



e0183804_5241757.jpgあとは「いつも通り」に。
丁番代わりにタイラップを使います。
箱の脱落を防ぎ、開け閉めも楽になります。
(防犯を意識するならば、ここも鍵を通すべし)

ステッカーとかをとりあえず移植しました。
また作り直そうかと思いますが、
シートを使い切ったため、それはまた今度。



BEFORE→AFTER
e0183804_5272249.jpge0183804_5273886.jpg


ちょっと見えにくいのですが、比較です。こうやって見ると今回の箱はずいぶん大きく感じます。
てっきり、シリーズ最大のMBL-45を買ったのだと思っていましたが、実際にはMBL-21です。
勘違いしておりました。MBL-45は、でか過ぎて純正キャリアじゃないと厳しいかと思います。

外寸で比較。

MBL-21:幅約45×奥行約29.5×高さ約26  容量約19.5リットル
RV400 :幅約42×奥行約37.5×高さ約33   容量約28.0リットル





e0183804_5393544.jpg二段重ね
ちょっと・・・これは高い気がする。
保安基準はオーバーしないので大丈夫ですが。
一眼レフ&レインウェアは別の箱に入れたいので
ロングツーリングはどうしても2段重ねにしたい。
ちょっと様子をみましょうか。


e0183804_5471460.jpgヘルメットもすっぽり!
持ってないのでお店の売り場で試しましたが
フルフェイスでもギリギリ(無理矢理)入ります。
普段使いのものなら余裕でいけますよ~!
スーパーでたくさん買い物しても大丈夫。
お米5kgを買っても一緒に入れられそう。
夏場のテント無しキャンプツーならば
銀マットとこの箱ひとつで行けるかも。



e0183804_5532640.jpg掛け金さまさま。
(錆びて見えるけど元々の色ですからね)
「リアボックスは宝箱」とは良く言ったもんです。
この"DIYっぷり"も気に入りました。カブだし。
あとはステッカーと反射板を貼りたいところ。




全てホームセンター島忠で購入。
バックルコンテナMBL-21 1,080円
石目掛金ブロンズ60mm  298円
ネジ類2種類     2袋で250円
彫刻用木材桂板        88円
       合計 1,716円 也



アイリスオーヤマの鍵付きRV460は、定価2,480円です。
多少安くあがりましたね。(微妙なライン^^;)
今回はノコギリで木を切ったり、金鋏で縁をカットしたりと、けっこう大変でした。
楽しいからいいけど、そうでない方は素直に■RV460を購入したほうがいいかも。
ホームセンター等の実店舗ではあまり見掛けないので、通販になると思いますが。
アイリスオーヤマのサイトならば、全色・全サイズ揃っています(当たり前か?)
しかも、頻繁に「送料無料キャンペーン」を実施しているのでオススメです。
(コンテナ類は、バイク用に購入した方のレビューも多い)


何はともあれ、カブがまたひとつ便利(不安定)になりました!!
オシャレカスタムではなく、実用メインのおかたは是非どうぞ。
でっかい箱にすると、いろいろ捗りますよ。



関連記事
後日:縦揺れが気になったので ■補強しました・・・

■簡単!自作リアボックス取り付け編

■工具要らずで着脱も楽々。リアボックスを2段重ね。
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-20 07:03 | Trackback | Comments(4)

ハンドルに時計を装着。自作ステッカー望郷篇。

鹿の子号にはナビがついています。しかし、地図画面には時刻が表示されません。
メニューを押せば表示されるのですが、めんどいからハンドルに時計をつけました。

カブの純正ハンドルならば、メーターとウィンカーの間に腕時計を巻きつけられるが、
生憎のバーハンドル・・・。貼り付けられる様な平面スペースも見当たらない。

バーハンドル専用のバイククロックもありますが、せっかくなので(?)DIYで。


e0183804_217732.jpgautobacksで300円くらいで投げ売りされてた。
平面でシンプル(最低限)な機能、何より、激安!
今すぐに、どうしても必要ってわけじゃないし、
それ以前に鹿の子号に付けられるかも分からない。
なので、最も安価なこいつをチョイス!!

どうしても必要になったら専用品を買うさね。


e0183804_2225598.jpg不安を煽る様な裏面。
マジックテープで着脱するタイプです。
ハンドル周りにはスペースの余裕が無い。

ブレースも円柱形なので、確実に落ちる!!
こりゃ取り付けパーツが要るな・・・。




e0183804_233478.jpgこんな感じで使うパーツもありますが…
パーツ屋さんには無いし、通販だと待ちきれないし…
あと結構高い。三千円くらいする。
(ハリケーンというメーカー?の便利そうなホルダー)


e0183804_2463027.jpgこんなんもある。
NANKAIのバークロックなる商品。
これがその辺に売ってれば苦労はしない。
こちらも通販で三千円前後。
コレつけてる人も多いのでは?
価格に加えて、送料や手数料も掛かる。
やっぱ、何よりも待ちきれないのがネック。


NANKAIのバークロックを買いたい衝動を抑えて試行錯誤。
ハリケーンのホルダーに代わるものは無いか…?安くて簡単に手に入る物は…。


そうだ・・・百均行こう。(困ったときは百均とホームセンターに限る)



e0183804_2581219.jpgまず用意致しますのがこれ。
自転車用品コーナーで見つけたライトです。
本来はサドルのポストにつけるための物。
夜間走行時なんかに点けておくアレです。

円柱に巻きつけて使うという発想なので、
バーハンドルにも確実に流用可能!なはず。



e0183804_331486.jpgとりあえず分解。
単三2本は別売りですが、さすが百均!
中身はシンプル過ぎる程すっきりしていた。
取り付け部分を固定するネジを外す。

奥に見えるのがホルダー部分です。
けっこう細かく角度調整が出来るので、
ハリケーンの商品にも劣らないかも(剛性は皆無)


e0183804_393191.jpgホルダーとスライダーは着脱可能です。
そのスライダー部分を時計の裏側に移植。
接着剤で乱雑に接着させてみました。
セメダインとアロンアルファでバッチリ!
付属のマジックテープはひっぺがして、
スペーサーとして厚めの粘着テープを挟みました。
丸い部分は電池の蓋なので残しておきました。
(電池の寿命が先か、ブッ壊れるのが先か…)


e0183804_682517.jpg
取り付けイメージ

ハンドルに"ホルダー"を固定

スライダーに時計を接着

いつでも着脱可能なバー・クロックの完成!





e0183804_3212487.jpgいよいよ取り付けです
暗くて分かりにくいと思いますが・・・。
まずはホルダー部分をハンドルに取り付け。
すごく中途半端な位置な気もしますが、
悪ぃ界王様、ここしかなかったんだ!と呟いて。
(他のパーツと干渉しない位置がね)



e0183804_330107.jpgシート側から見た図です
取り付けパーツに接着した時計をスライド!!

この後、角度と位置を微調整します。
実際にシートに座り、細かく確認。
まあ、簡単に調整出来るんですが、念のために。




e0183804_3334784.jpgひとまず完了!!
ナビやドリンクホルダーにぶつかる事も無い。
メーターも隠れないし、意外と見やすい。
雨が降ったらすぐ外せるし、こりゃいいや!

でも、暗くなると多分見えない…
あと、少し径が大きいので緩くて回る
もう少し厚くしたゴムシートでも噛ませてみます。


こんな感じで総額400円くらいのバークロックが完成です。
時計も百均で買えば合計200円で済みますが、せっかくなのでここはカー用品で。
最初は、やっぱりNANKAIのLEDバックライト付きが欲しかったのですが、
ハンドルポストと形状の関係で多分付けられない。(台座とバーの隙間に余裕が無い&干渉で)

初めて利用したカー用品店「オートバックス」のおかげでまたひとつ便利になりました。



後日・・・ダート走行で吹っ飛びました。倉沢林道のどこかにあると思います…(´・ω・`)



ついでにステッカーも新調


e0183804_3461075.jpg性懲りも無くステッカーを自作
オートバックスに行った理由は、コレなのです。
TOYOTA車のエンブレムが欲しかったのです。
でも、ありませんでした。ステッカーもエンブレムも。
で、プリンターで自作したろう!と




豊田市出身としては、懐かしさ満点!「トヨタの旧ロゴ」です。
本社に勤める父が使っているファイルや資料ケースに、昔はこのロゴがありました。
今は使われていないみたいですが、カタカナバージョンを見ると幼少期が思い出されます。
今度オトンに頼んで会社から「要らないトヨタグッズ」を持って帰ってきてもらおうか。

e0183804_3573759.jpgTOYOTA スーパーカブ
よくある!よくある!誰もが通る道ですよ。
(ハーレーのマークをつけたTODAYみたいなもん)
(docomo@ezweb.ne.jpみたいなもん)

HONDAには、特に思い入れはありません。
(自分の)カブが好きなだけです。
スズキだったらスズキだし、ヤマハだったらヤマハ。
誰も何も言わないけれど、誰が何と言おうと。


e0183804_44371.jpgリアボックスにも一発。
これで後続車にもトヨタのバイクだと思ってもらえる。
カブ=燃費がいい=プリウス!?みたいな、ね。
そっかーカブってプリウスなんだね~みたいな、ね。
HONDAってTOYOTAだったんだ!みたいな、ね。
みたいな、みたいな・・・ね。




e0183804_4113548.jpgサイドカバーとタンク部分にも。
余白が勿体無くてたくさん作っちゃったから・・・。

エーワンの保護フィルム付きシートを使いました。
自宅のプリンターで簡単にステッカーを作れます。
設定を上げておくと、ほんと綺麗に出力されます。
それもたくさん作ってしまう理由のひとつです。


e0183804_4172227.jpg一番のお気に入り
古臭くて懐かしい、このロゴが大好きです。
(本家本元は白地に赤文字なのですが)
普通にこのステッカーも売ってるみたいですね。
ハサミで切ったので、近くでみるとガタガタ…。
でも、あんまり気にしない。
これが郷土愛ってやつか!?



ステッカーを貼りまくるのは好きじゃないクセに、嬉しくてついつい。
まあいいや、僕のカブだし・・・と、妙に開き直った夜でした。

そう、手作業丸出しのバークロックでも、アレなステッカーチューンでも
何でもあんまり気にしないのよね、僕。楽しいからね。
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-17 04:59

自賠責とゴリラポッドとシートのお手入れ

e0183804_2249237.jpgコンビニって便利だなあと、毎度毎度思います。
セブンイレブンで自賠責保険の更新をしました。
古いシールの粘着力が強すぎて、剥がす際、
ナンバープレート軽く歪んだ気がするけど
まあいいや。あんまり気にしない。

時が経つのは早いもんだ、と、
やっぱり毎回思います。






e0183804_22523219.jpg三国峠で力尽きたゴリラポッド。
日本一周から続いた酷使が祟ったのか、
埼玉と長野の県境で天寿を全うした。
接着剤で直そうとしたら液が飛び出し、
手がアロンアルファまみれに・・・。

そのくせ折れた部分はくっつかない。
可動部分はガッチガチに固まって
完全に使用不可能・・・。




そこで。



e0183804_22574875.jpg新生☆ゴリラポッド(もどき)
楽天で、1本398円という激安っぷり。
類似品ですが作りはほぼ同じだし、大丈夫そう。
クイックシューの着脱ロックが無いのと
ちょっと重さが無いくらいです。
正規のゴリラポッドの5分の1で買える。
あまりの安さに2本買ってしまいました。
(欲しい人いる??)


ツーリング時なんかは本当に便利なアイテムなので、どうしても手放せません。
人に頼むのはちょっと恥ずかしい時もあるし、人間自体見当たらない事もあるので。



日本一周で、リアキャリアに積んでいた箱の塗料がタンデムシートにこびりついている。
出発前にスプレーで塗装したせいだ。(パリパリ剥がれてくるし、もう最悪でした)

その塗料がカステラシートに張り付いている状態で、擦っても落ちません。

座っても塗料が付着したりもしなかったので、ずっと放置していましたが、
Kさんに教えていただき、ラッカー薄め液なるを薬剤を購入。

e0183804_2332668.jpg
一応beforeです(試しに拭いちゃいました)
明らかな色の違いが分かると思います。



e0183804_236116.jpg
これがafterです。めっちゃ綺麗!!


少量を布に染み込ませて、数回に分けて拭き上げてみました。
見事に落ちるもんですね~!塗料だけでなく、うっすら黒ずんだ汚れも落ちる。
嬉しくてやりすぎたので、革の風合いも落ちている気がしますが、あんまり気にしない。
その後は縁や隅っこを念入りに拭いて、乾拭きして仕上げました。

洗車に使えるじゃん!と思い、シート下の目立たないところを軽く擦ってみたら、
ウェスがほんのり緑色に…。やめといたほうが良さそうです。

シール剥がしや壁の落書き消しにも使えて、油性ペンも消せるみたいです。


今月末か来月の頭で、友人とキャンプツーリングに出かける予定です。

そこでまたバッチリ汚れるだろうけれど、軽い洗車をして終了。

洗車をすると、「いつもありがとう」という気分になる人は
僕だけじゃなく、たくさんいる・・・はず・・・。

ちなみに、今日の作業でも5箇所も蚊に刺されました。
今年の猛暑で蚊が激減!とか書いた新聞社は潰れればいい。
O型のヤツ狙えや、O型のヤツ!!蚊よ!!
[PR]

by t-r-cub | 2010-09-13 23:30 | Trackback | Comments(4)

カブで三国峠(中津川林道) 鹿&ダートのキャンプツーリング。

数年前の事、岐阜方面へのツーリングの最中、どこかで道を間違える。
迷い込んだ先は中津川に沿う、真っ暗で険しい未舗装路でした。
引き返せば良かったのに、妙な高揚感と興味で走破。

ガードレールも街灯も無い、断崖と小川に挟まれた細い道。
野生の鹿軍団が飛び出してきてカブを囲み幅寄せをかましてくる。

そんなトラウマ峠に再挑戦!久方のキャンプツーリングです。
(ここを「走りやすいダート」とか言える人は、モトクロスとかの選手、きっと)


ひたすら長いので注意!クリック出来るものはちょっと拡大します。


8/30(月)


11:45 出発!
予定より遅れての出発です。
テント、シュラフ、銀マット、コッヘル、ストーブ、
水と袋麺と米といった食料等々、簡単な装備での
キャンプツーリング。一眼レフも上箱に積載。
練馬-所沢-飯能方面へと抜けていく。

曇ってはいるが、じっとりと暑い日です。


14時半頃 東吾野のサンクス

R299沿いのサンクスで一休み。
ここはよくバイクが停まっている。
広い駐車場や休憩用のベンチがある。
秩父方面へ向かう際はよく立ち寄ります。





e0183804_12281631.jpg秩父駅前 R140との分かれ道
15:40、出発から実に4時間も経過している。
目白通り・所沢周辺は軽く渋滞していたが、
随分と時間が掛かった様に思える。


e0183804_12354020.jpg猿がお出迎え
上の画像と同じ場所です。
こんなとこにまで出現するんですね。

この辺りには道の駅が散在しています。
ちちぶ、果樹公園あしがくぼ、大滝温泉
龍勢会館、両神温泉薬師の湯、あらかわ

R140で奥秩父へと進みます。



e0183804_12395466.jpgR140のループ橋
谷の上空をぐるりと廻る。
地図では「建設中」となっている滝沢ダムも
2008年に完成していた様です。(実用はまだ?)



青看板にも三国峠の文字が!
目標の三国峠(みくにとうげ)までもう少し。
「川上」とは長野県の川上村のことです。

三国峠は埼玉と長野を結ぶ唯一の道です。
「隣接県」というイメージが湧かないのは、
大きな国道で繋がっていないからかも。
隣接面積も小さいし。


e0183804_12584842.jpg不気味な隧道、現る…
中津川に沿って走ると現れます。
車一台通るのがやっとの狭いトンネル。
でこぼこの内側は少し不気味です。
夜中に迷い込んだ数年前、本気でビビった。



やって来ました、林道入口!
「これより先18km区間 夜間通行止め」
午後5時~午前8時は通行出来ない…
と思いきや、直前で出会った保安局の方曰く
「通ってもいいけど暗くなると危ないから
 日が落ちる前に引き返しなよ~」

とのことでした。
夜のダートは本当に危険です。やめましょうね


e0183804_13135375.jpg中津川沿い 謎のレンガ造り
趣有る建造物。堤や水門の遺構かと思いきや、
上部のレールに沿って水がぐるりと流れる。

来年の夏は川に降りて探索しようと思います。

(よく見たら全然レンガ造りじゃなかった件…
 お恥ずかしい…失礼いたしました)



ダートが始まる
いよいよ未舗装区間の始まりです。
タイヤもギアもエンジンもフルノーマルです。
しかもたくさんの荷物を後ろに積んでいます。
走行には細心の注意が必要です。カブだし。

最初の区間は小さな砂利でまだ走りやすい。
徐々に小石が岩に変わってゆくのだ!


e0183804_1325757.jpg第二の隧道…
明るいうちは爽やかなこの隧道ですが、
日暮れ以降はかなりの不気味さに!

これをくぐると本格的に山の中です。
ある種の儀式に似た感覚で
このトンネルを通過します。



e0183804_13314758.jpg断崖っぷり
砕石や落石に注意しながら進む。
拳大の石がゴロゴロ転がっている道が続く。
ハンドルを取られ、後ろの荷物が跳ねる。

一歩間違えたらマズい事になりそうな崖。
下へ転げ落ちるか、その後天に昇るか。

小石が大きくなってきて、走りにくさも増してくる。

転倒や激突は無かったけれど、かなりのスリル・ショック・サスペンス(古)

走っているうちに「おっ、なんだか慣れてきたぞ!結構スピード出せるじゃん」
と思ってメーターを見ると12km/h。(体感では30km/hくらい…の、つもり)

ダートが予想外に楽しくて、気付けば既に17時半を回っている。
日も暮れかけてきたので引き返そうかと思ったその矢先・・・

鹿だー!鹿が出たぞー!



e0183804_14121021.jpg若草を食む鹿。
あまりにも急な登場でした。
しばらく見とれてしまいました。






e0183804_142261.jpg一心不乱のお食事タイム
辺りも暗くなりかけていたので、
写真がブレまくってしまいました。
振り返りながらも草を食べる若い雄鹿。





e0183804_14224594.jpgカメラ目線
軌跡の一枚です。
張り切って一眼レフを構えたら、やっぱりブレる。
あきらめてIXYで撮影。

数年振りに再会した三国峠の鹿。

つぶらな瞳でこちらに一瞥をくれた後、
崖をゆっくりと降りて森に帰って行きました。





日も暮れてきたので来た道を急いで引き返し、入り口を目指します。

e0183804_14372322.jpg帰りの隧道
暗くなってからくぐるのは、やっぱり不気味。




e0183804_14394657.jpg夜のループ橋
両サイドに配備された照明が綺麗です。
霧っぽい夜、急激に冷え込んできました。
レインウェアを忘れてきた事を悔み、
身を縮めながら道の駅へと走る。



前日は徹夜状態だったため、即眠れました。
大きな庇に温泉完備という快適な場所。
秩父近辺で野営するにはここが最適かも。
ダート走行で筋肉痛に・・・腕と足が。

温泉に入って即就寝。

走行距離は164.7kmでした。






8/31(火)


朝の大滝温泉
5時半起床。霧掛かった道の駅の朝。
ひんやりするが、快晴。
爽やかな朝、筋肉痛と共に。


e0183804_15223399.jpg滝沢ダム
2008年に完成した滝沢ダムの奥に連なる山々。
霧と雲にも朝日が当たる。気温も上昇してきた。



e0183804_15272182.jpg戻ってきました、入り口の隧道に
昨日は13km地点でリターンしたので、
今日は走り切って長野側を目指します。



e0183804_15315656.jpg無残!ガードレール。
落石注意の看板の後を見れば嫌でも分かる。
防止ネットや金網も基本的には全てズタボロ。



ゲート?
何やらゲートらしきものが見えてきました。
そろそろ終わりが近いということでしょうか?



e0183804_1543658.jpg登頂!
三国峠の看板と共に。
1時間半程で登頂できました。
鹿はいなかったけれど、楽しかった~!



e0183804_154608.jpg最後の上り坂!
ここを越えれば長野県です。
天気も良く、雲や山も綺麗でした。



e0183804_163374.jpg標高もすごいぞ!
快晴の山はとても気持ちが良い。
三国峠の標高は1828mとなっています。



e0183804_1652882.jpg長野県へ
ここからは佐久郡川上村になります。



懐かしの舗装路
下りはしっかりとアスファルトで舗装される。
まるで滑り降りるような感覚でした。



e0183804_1675469.jpg川上村のレタス畑
数年前は夜中だったこともあり、
ほとんど見えませんでしたが、
美しいレタス畑が広がっていました。
(キャベツじゃなかったのね)



e0183804_1695322.jpg鳥居を発見。
ここからはR68から県道2号線で北上します。

夏の山の中にひっそりと佇む鳥居。
山の神様への奉納具が出土したという場所。
冷たい湧き水が勢い良く吹き出す。



e0183804_16145290.jpg山の神様
これまでの無事故とこれからの安全を。



e0183804_1619194.jpg南相木ダム
川上村から南相木村へと進みます。
道を間違えたが、素敵なダムが見られました!
石灰岩がふんだんに使われた綺麗なダムです。



e0183804_16195287.jpgびびるわ
案山子。
よくある光景ではあるんだけれども、
ちょっとヒヤっとする。



e0183804_16205314.jpg県境
県道124号の走る北相木村へ。
ぶどう峠から県境へ!
群馬県上野村を進みR299へ。



道の駅 上野
道の駅へ立ち寄る。
店員さんが観光で来たお客さんに
三国峠は道が悪いからお勧めしません!
と言っていた。
ちょこちょこ買い物をして外へ。



e0183804_16335798.jpg埼玉県に
群馬もすぐに終わり。埼玉県小鹿野町に入る。
ここからはひたすらR229で西へ。
秩父を越えて入間市まで伸びています。



果樹公園あしがくぼ
秩父を走る際は、必ず寄っている気がする。
開いている時間に来たのは初めて。
美味しそうなものが大量に売っていた。
荷物が少なければ色々買い込みたかった…。
たらし焼き、お団子、おにぎり、麦茶を購入。
軽くつまんで、残りは晩ご飯に!



最後の給油
入間-所沢-東村山と抜ける。
練馬のスタンドで給油して。



到着!!
渋滞気味の道を抜けてやっと帰宅!!
天候にも恵まれた心地良いツーリングでした。
ダートを走ったり鹿と再会したり、
温泉に入って静かな夏の夜を過ごし、
東京・埼玉・長野・群馬の4県を走る。
非常に充実したバイク旅に感謝!








総走行距離 422.3km  燃費 57.8km/L
渋滞や計44kmのダート走行があったにしては良い燃費。



汚れが酷いので、近々洗車したいところです。
酷使し続けたゴリラポッドが遂に逝く・・・。
タイラップで無理矢理直して使っていました。
こちらも新調しようかな。



e0183804_17433145.jpg


e0183804_1744213.jpg

[PR]

by t-r-cub | 2010-09-01 17:46 | Trackback | Comments(4)