「ほっ」と。キャンペーン

リアボックス新調&ハイマウントストップランプを作ってみた。

市販のリアボックス(別名:トップケース)を乗っけてみました。

理由は単純明快・・・先代のリアボックスが完全に破損したからです・・・。


e0183804_4124228.jpg以前から兆候はございまして、
背面のヒンジ(蝶番)のピンが抜けてしまい
開閉が不安定というか無理やり状態に。
針金で応急対処しておったのですが、
後日そのヒンジがバキっと割れまして。

それでも使用は可能だったのですが、
先日、何気なくフタを持ち上げたら「パリッ…」
いや~な音がしまして、完全に真っ二つに
なってしまったのです。

壊れたボックスなんて、単なる巨大なハンバーガー風オブジェでしかありません。
しばらくは背面に穴を開けて針金を通して処置(皮肉にも以前より使いやすくなってたり…)

とにかく、水は入るわホコリは入るわガタガタ音がするわ…なによりみすぼらしいわで
今回の交換に踏み切ったのです。さらに、せっかくなので色々と手を加える事にしました。

やって来ました3000円ちょいで!!
e0183804_4271784.jpge0183804_427714.jpg

意外とでかい…我が家の駐輪スペースの都合から、幅が広いタイプの装着は厳しいので
とにかく小さいものを探しました。オーソドックスなリアボックスってどれも前後左右が大きくて、
コンパクトな物が少ない。希望条件は前後35cm以内・左右40cm以内・簡単に着脱可能の3つ。

根気よく探すこと数日、ユニカー工業のBy Garoo BG-061ってのが条件に収まる。
サイズは縦(前後) 33cm/ 横(左右) 36cm/ 高さ(上下) 27cm/ 総重量 2.8kg/ 容量24L
ボックス内部の手回しボルトによってベースへの着脱も簡単で便利です。
フルフェイスも入るということですが持っていないので未確認です。(ジェット+シールドは余裕)

先代はかろうじて半ヘルが入る程度、向き・角度がほんの少しでもずれるとフタが閉まらないという
頑固でシビアなボックスだったので、これは助かります。開きも大きいししい感じです。



e0183804_4293381.jpgユニカー工業(By garoo)
By Garoo BG-061です。
バイガルーって何だろう…
カンガルーみたいなもんかな?
それは、さておき・・・
ユニカー工業はバイク用車体カバーや
汎用品のミラーで有名な会社です。
中国産でちょっとバリが出ていましたが
そこもご愛嬌、安いし頑丈だし便利だし、
何よりも、バイガルーだし(謎)



e0183804_4383962.jpgあれれ~バックレストがないよ~!?
e0183804_4463729.jpg商品の画像でバックレストに見えたのは
どうやら精巧な画像トリックだった様です。
蝶ネクタイ&半ズボンの某探偵も驚き!!

バーロー!!!!!!!!



e0183804_4481078.jpgということで移植開始
先代の物を流用します。
GIVIを始めとする高級メーカーには
オプションがありますがバイガルーには皆無!
上記GIVIのオプションは本体同様非常に高価で
バックレスト一つでもこの箱が余裕で
買えてしまうという高級品ですから…



e0183804_4502134.jpge0183804_450352.jpg
本体な部からネジ留めされているだけなので簡単に外すことができます。
積年のホコリやらでとにかく汚いのでお掃除を済ませてから取り付けにかかりました。
マスキングテープを駆使し、大体の穴開け位置を決めてからハンドドリルでささっと。



e0183804_4545151.jpgしまった…段差だ…
まあいっか。
これで背もたれの移植完了!
気が向いたらスポンジでも噛ませて
水滴やホコリの温床にならないように
適当な処理をしたいと思います。



e0183804_456739.jpge0183804_4561888.jpg
その後、懲りずに取っ手をつけてみました。主にスーパーでの買い物帰りに活躍!!
(荷物が大きくてフタが閉まらない時に、ここにゴムとかを通して使います。
ただし。先代の破損原因のひとつなので、取り付ける位置には気をつけました。

リフレクター(反射板)がでっかいので、鹿さんを残して黒に塗装しておきました。
思いの外キレイに出来たのですが、クリアを噴いたら一部もわぁぁっと曇りました。
湿気のせいです。僕のせいじゃありません。湿気が、梅雨が、6月が悪いんです。本当です。





さてさて、今回の大改造のメインであるハイマウントストップランプの取り付けにかかります。

e0183804_5122242.jpg※ハイマウントストップランプとは…
ブレーキランプの視認性を高めるために
車の上部とかに付いているアレです。
(画像はダイハツ工業様より)

ただでさえ目立たないカブです。
今回の箱は前後が長いので
後続車からブレーキランプが
非常に見えづらくなっている
可能性がありますからね。

最近は二輪車の後部にもデフォルトで
後部に装備されていたりもします。

また、やはりGIVIとかにはオプションで専用品が用意されていますが、
ランプひとつでこの箱が買てし(略)……僕はイタリア人の搾取に屈しません!!

※1 既にハイマウント採用車種に、ハイマウントを追加すると法に触れるそうです。
※2 私はイタリーに何の恨みもありません。むしろ好きです、ピザとか、ほらいろいろ。





バイク用品の達人(楽天AF)
【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base ...

【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base ...
価格:3,686円(税込、送料別)

GIVI純正の背もたれはソファのように心地がいいので羨ましいです。サイズが収まればですが、工夫次第で汎用品にも装着可能です。
【000】アウトレット商品 激安 GAIO リアト...

【000】アウトレット商品 激安 GAIO リアト...
価格:2,780円(税込、送料別)

と、まあ、背もたれ一枚よりも安いリアボックスも多いのですよ。最近はデザインもサイズも豊富になってきたので嬉しいですw




e0183804_5595890.jpg買ったのはコレ
気持ちが早ってしまい取り出し後ですが。
エーモンの貼り付け式の三連LEDです。
イエローハットにて980円。
レンズと基盤を含め約2mm。
抵抗も組み込んであり、繋ぐだけでOK。
下の画像にある百均のケースをバラして
自作してみようかとも考えましたが
抵抗やら何やらがよくわからないので
今回は見送り(すぐ作りたかったし…泣)



e0183804_1075157.jpgケース&レンズはコレ
ローソン100というパーツ屋さんの
自転車コーナーにて発見しました。
(ダイソーだったかもしれませんが、
大きめの店舗ならいつでもある筈です)

高性能な尾灯ですが、何と100円でした。
本当に太っ腹なパーツ屋さんですね。

以前バークロックを取り付けた
ときにも使った覚えがあります。



e0183804_109181.jpgはい、分解です。
このLEDを流用できたらいいのですが
前述の通り抵抗値とかが理解不能で断念。

分解自体は素手と精密ドライバーがあれば
ものの1分もあればできちゃいます。
コイツに穴を開けたりぶった切ったり
ヤスリでゴリゴリやったりと。

失敗しても大丈夫!百均だから…!!



e0183804_631679.jpgユニット(笑)の完成です。
気休めにアルミテープで処理。
少しは反射を強めてくれるでしょう。
あとは絶縁とか位置に気を付けて
固定にかかります。



e0183804_623765.jpg点灯テスト
バッテリーに接続する前に
いちおうテストをしておきます。
車専用(12V DC)なので
四角い電池でテストを。
問題なく光ったので良し!!




e0183804_655918.jpge0183804_645673.jpg
こんな感じです。
ケースにはビニールテープやゴム系接着剤などで防水処理を施す必要がありそうです。
とりあえずテストと様子見が済んだら防水して銀モールでも巻こうかなと思っております。



バイク用品の達人(楽天AF)
今回使用したエーモン社製のLEDです。カラーバリエーションも白・青・暖白などがありました。専用のレンズケースもあります。その他にもLED1発タイプや光センサー内臓のものも!
【095】エーモン工業■カー用品■テープ...

【095】エーモン工業■カー用品■テープ...
価格:1,025円(税込、送料別)

同じくエーモンより。LEDテープは電球数も多く、局面に沿って曲げられるので、自作なんかには最適です。もちろん12VDC対応。装飾用だけあってカラーも豊富です。




e0183804_664328.jpg2極カプラーの夢、破れる
接続には便利なカプラーという部品を
使うつもりでした。楽だし間違えないし。
でも、どうやっても端子が抜けてしまいます。
圧着のしかた悪いのか、精度が悪いのか
僕が悪いのか、とにかく無理でした。
走行中のショートや脱落も怖いので
ここは大人しくギボシ接続に(後述)



e0183804_693095.jpge0183804_694861.jpg
テールユニットを外して…
テールのユニットはネジ2本で留まっているので簡単に外せます。
なんかいろいろと線が出ていて、怖くなってしまいました(実話)
右の画像がいきなり夜になっているのは、きっとそのためです。

簡易チェッカーを使って「メインキーON時にブレーキをかけると電流がくる線」を探します。
さすがにチェッカーを刺しながらブレーキレバーを握ったりペダルを踏んだりは大変なので
プリンとかアイスとかをさし上げて、Aさんに手伝って頂きました。助かりました。



e0183804_6181442.jpg

配線は上図ようになっていましたが、年式や車体によって違うかもしれません。
電装系に手を加える場合はショートを避けるためにも必ず確認をしてから行いましょう!



e0183804_621919.jpg前述のとおり、今回はギボシ接続です。
既存の配線にハイマウント用の線を
割り込ませて電源を確保します。
場所に余裕があればエレクトロタップという
端子を使えばもっと楽なのですがね。
エレクトロタップ■使用時の記事



e0183804_1015183.jpge0183804_10154159.jpg
鹿の子号は最初からテールランプが純正ではなくルーカスタイプとかいうカバーがついていました。
レンズカバーの下っていうか裏?に空間があるのでハイマウント用の線はそこから出しました。
本来はキャリア下の穴を使うか、バッテリーボックスから引いてくるのが正攻法の様です。

車体から引っ張ってきた電源と、LEDユニットの結線位置はボックス内部にしました。
雨風も凌げるし、リアボックスを取り外す時にも簡単に配線を取り外せますからね。

e0183804_6215571.jpge0183804_6214610.jpg
点灯式
左はブレブレ、右はついてんのかついてないのかよくわからないのですが、
いちおう完成です。追突される可能性も大幅ダウン!しかもなんかかっこいい(僕だけか?)

これで謎の中華製リアボックスもイタリア人特製高級品に負けない性能を手に入れました。
今後、街やツーリング先でイタイア製の高級ボックスを装備したバイクを見かけたら
思う存分ブレーキを踏みまくってやろうと思います。(もちろん停車時限定で)

「このアマンダ!!アマンダ! ジョルジオ!チプリアーノ~ォ…!」と呪文を唱えながら
悔しげにブレーキを踏んでいるカブを見たら、それは間違いなく私です。慰めて下さい。

さ、完成記念にピザでも食べようと思います、Meijiのだけど、冷凍のだけど。


バイク用品の達人(楽天AF)
通電確認に便利なテスターです。安いしペン型でコンパクトだし使いやすいしで、簡易的なテストには持って来いのオススメ品です。
【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base OPTION ...

【430】デイトナ GIVI Top Cases with Base OPTION ...
価格:3,931円(税込、送料別)

GIVI純正のハイマウントストップランプのキットです。適合をお確かめの上。
電源の接続方法もスマートで、流石に一流品は違うわ!と実感しました(泣)電球タイプもアリ。

[PR]

by t-r-cub | 2013-06-22 18:00

<< 夏だ一番!うなパーキャンプ!鰻...    C90DX 順調メンテ!前後輪... >>