「ほっ」と。キャンペーン

C90DX 順調メンテ!前後輪新調&プラグ交換。

・ツーリングに向けて色々と整備を!

誰でも出来る・5分で出来る(慣れれば)・ワンコインでお釣りがくる・という楽勝なプラグ交換と、
自分じゃ出来ない・時間も場所も技術も不可欠・お店で頼むべき夕イヤ交換の2本立てです!

しばらく遠乗りから離れていたこともあり、要整備な箇所がたくさん・・・。
このままではツーリング先も運が良くても病院という状況なのでメンテを遂行!




まずは夕イヤ交換!以前の交換から、何と3年半も経っていました!!)

e0183804_195212.jpge0183804_110944.jpg
左がフロント(前輪)で右がリア(後輪)です。
どちらもヤバいのですが、特に後輪はとっくに限界を超えています
なんか 「見たことも無い繊維みたいなの」 まで出てきています。
某サイヤ人さんの如く、限界を超えてパワーアップとかができたらいいのですが、
僕のカブはサイヤ人では無いので、さっさと交換することに致しました。


と、言っても、自分じゃとても出来そうにないので、お馴染みM.R.さんにて交換していただく事に。

e0183804_111439.jpgさすがプロフェッショナルです。
店主殿にかかればものの数分で完了!
ちなみに、カブクラスのチューブ入り夕イヤを
前後同時に交換した時の工賃相場は
17,000円前後が最安値っぽいのですが、
こちらのプロショップM.R.さんでは
夕イヤ代・廃夕イヤ処理代金、工賃、調整を含め
相場を遥かに下回る料金で行なっておられます。
お財布とおバイクとおライダーに優しいお店です。
ありがとう…本当にありがとうございますいつも。



練馬区や大泉学園近辺はもとより、都内・埼玉近郊でショップをお探しの方には
出張サービスにも対応のM.R.さんを強くお勧め致します。
修理・販売・オークション買付・出張・カスタム・その他諸々、何でも相談できるSHOPです!




e0183804_1191188.jpgちなみに、リッターバイクで日本一周を終えた
ミナガワ氏が、ちょっと会わない間に
なんとカブ乗りになっていました!
以前の愛車であるZRX1200と較べると
排気量差1110ccの小さな車体ですが、
ベトキャリにダブルシートといったカスタム、
そして何よりも彼の左手のピースから
楽しさ(勢いw)が伝わってきます。






e0183804_1215656.jpge0183804_12288.jpg
左がフロント、右がリアです。
ものすごいブロック!ものすごい溝!ものすごい新品感!!!
当然ですが、制動性が非常に良くなりました。なんかもうバイクがヒラヒラします!

「マンホールだ・・・ふえぇえ・・・怖いよー」「曲がり角だ・・・ふぇえ(略)」
というセリフもしばらくは吐かずにすみそうです。
結局、瀕死の状態で仙豆を食った某サイヤ人どもの気持ちを理解するハメになりました。
こうならない様に、夕イヤを始め、メンテナンスはこまめに行いましょう(自戒)




スパークプラグの交換

タイヤを交換していただいたので、次は自分で出来るパーツ交換を。
それはスパークプラグという数百円のパーツですが、エンジン始動の要。
(カブ90DXを始めとする旧カブ(悲しい響き)や、リトルカブも同じ手順です)


・キックペダルを何度も踏み込まないとエンジンが始動しない
・(バッテリーは弱っていないのに)セルボタンを押してもかからない。
・信号待ちとかでやたらとエンストする。

といった症状がみられる場合はスパークプラグの劣化もチェック!


e0183804_1261733.jpg

スパークプラグというのは多分文字通りスパーク(点火)するプラグ(栓)だと思います。
きっとそうに違いありません。(上はあくまで想像図です)
エンジン内で圧縮された混合気に対し、電極で発生させた火花をもって点火し、
爆発させてエンジンを回すんだと聞きました(風の噂で)

再びサイヤ人さん達に登場願いますと、要は電流がで爆発・回転が超サイヤ人化
というところでしょうか。さしずめ、プラグはクリリンさんの死といった感じか?

カカロット氏、怒る → クリリン死 → クリリンのことかー!(怒り爆発)→ 超サイヤ人化
めでたしめでたし

クリリンさんに効率よく死んで頂くためにも、プラグのメンテナンスは非常に大切な事なのです。
また、イリジウムプラグという非常に良いタイミングのクリリンさん(プラグ)もあります。

正直(お察しの通り)僕もよく分かっていないので、詳しく説明できませんが、
アイドノレスクリューやらキャブレ夕ーの調整は難しそうなので、とりあえずプラグを!

ちなみに僕の場合はなんか尋常じゃなく錆びまくってたからというのが交換理由です。
約3,000km走行したら新品のプラグに交換することが推奨されています。

e0183804_1305561.jpgカブ90DXのプラグはCR6HSAです。
■NGKの適合表で確認を。
パーツ屋さんにも表がありますし、
分からなければ訪ねてみて下さい。

ちなみに、CR6HSACR6HAという
よく似た型番のプラグがありますが
芯の素材が違うだけで、どちらを使っても
実は問題は無いそうです。
(が、念のため指定の型番を装着しましょう)





パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)
NGK CR6HSA
今回、私も使用したNGKのスパークプラグ「CR6HSA」でございます。リトルカブ・カブ90・プレスカブ・ジョルカブもコイツです。
イリジウムプラグ
CR6HSA装着車に対応するイリジウムプラグCR6HIXに相当するデイトナ製の高精度プラグです。加速性やトルクのアップ、燃費の向上が望めるとの声多数!他車種のプラグはパーツダイレクト楽天市場店にて!


カブ110や新型カブ(2012年以降製造)の適合プラグは
【5,250円以上で送料無料!】NGK スパークプラグ CPR6EA9S ネジ型
となっています。
詳しくはNGKの適合表をご覧ください。排気量ごとに検索出来ます(便利ぃ~!)





e0183804_132574.jpge0183804_1332180.jpg
まずは右の足もとです。
手順はリトルカブでも全く同じです。レッグシールド装着車は矢印部分の小さなカバーを外し、
その穴から作業。鹿の子号はシールドが無いので作業しやすい分、錆びやすい・・・。



e0183804_136619.jpge0183804_136169.jpg
プラグキャップと呼ばれるカバーみたいなのがあります。
そいつを手でクイクイっと引っ張ってやればスポンと外れます。



e0183804_13816.jpgここで登場「プラグレンチ」
車載工具に入っているはずです。
抜き差し可能なドライバーの軸を
ハンドルにする、例のアレです。
無くしていても数百円なので
コレを機に買ってしまうのも手です。

僕は車載工具を持っていないので
数年前にパーツ屋さんで買いました。
車載品より長くて回しやすいので便利です。





調べたところ、プラグレンチには数種類のサイズがあり、アルファベットで表されている様です。
CR6HSA ならば Cタイプ(またはC型)(六角寸法16.0mm)が適合レンチとされています。




パーツダイレクト楽天市場店(楽天AF)
カブを始めとするC型(16.0mm)はもちろん、B型(20.8mm)やD型(18.0mm) にも対応している3WAYのプラグレンチです。これ一本あれば代表的なプラグの大半をカバーできるという優れ物です。けっこうコンパクト。最新型のカブ50/110、ベンリィ110などに採用されているCPR6EA-9Sも前述のとおりC型なので、バッチリ対応しています。純正車載工具のレンチよりも使いやすく、回しやすいかと思います。色々なタイプがありますのでパーツダイレクト楽天市場店にて探してみるのも一興!!






e0183804_144577.jpgプラグの挿入し、左へ回します。
強固な錆やら積年のススが付着して
ガチガチにかたい時でも
無理矢理は厳禁です。ぜったいに。
穴ってのはデリーケートゾーンなので
紳士的に、極めて優しく扱いましょう。
もちろんプラグとかの話です。



e0183804_153850.jpge0183804_1511037.jpg
出て来ましたよ。どっちが新品かは・・・言うまでもなさそうです・・・。
焼け具合うんぬんとか以前に、錆び!サビ!これはもう純然たるサビサビ状態(そのまま)です。
これでもキック一発でエンジンが掛かってたんだから驚きです。ありがたくも恐ろしい。



e0183804_1564265.jpg新しいプラグを挿れるのですが、
必ず、最初は手でねじ込みます。
プラグレンチは非常に力が入りやすいので
もし取り付け位置がずれていたり
歪んでいたりすると大変です。
最悪、エンジンを分解するハメになるかも。
なので最初は手で優しく回します。
いきなりじゃなくて、まずは優しく指で…
その後、満を持して、挿入…。
満を持して、です。Manにも色々ありますが
いい加減しつこいのでやめます・・・




e0183804_1585240.jpge0183804_1585989.jpg
指で回らなくなったら、やっとこさプラグレンチの出番です。
まずはハンドル(棒)の端ではなく筒あたりを持って右に回します。
同じく、手で回らなくなったらハンドルを使い、ゆっくりと90~180度くらいの間で回します。
ここもオイル交換時のドレンボルトと同じく、決して力んではいけません。

e0183804_221059.jpg元通りにキャップを被せたら
晴れてプラグ交換の完了です。

試しにエンジンを掛けてましょう。
気持ち良くスムーズに回れば大成功です。



これから雨が多くなり、湿気や水滴でプラグの劣化が進みやすい季節がやってきます。
エンジンの掛かりが悪かったりエンスト回数が気になる場合は一度チェックしてみましょう。
ワンコイン&ものの5分もあれば可能ですからね!!




250CC以下の二輪車は、車検が無い分、メンテナンスは乗り手次第になってしまいます。
だからこそ、普段から愛車の状態をチェックし、こまめにメンテをする事が大切になります。

タイヤから繊維が出たり、プラグが錆の塊と化したりなんてことはご法度です。
今回は強き自戒の念も込めて太字にしておきました ↑ 皆様も気をつけましょう(懺悔)


なにはともあれ?これで安心してツーリングに出掛けられる状態となりました。
問題は梅雨。関東は梅雨入り宣言からしばらく経つのに雨が降りません。
それどころか数日後には台風が接近するとかいういや~な情報も。

車体と僕自身は万全なので、
後は天候とタイミングです・・・。

[PR]

by t-r-cub | 2013-06-11 00:00

<< リアボックス新調&ハイマウント...    【誰でも出来る】 カブのオイル... >>