山梨 ホタルツーリング 遂に決行!!

さんざん■天気予報に弄ばれ、延びに延びていた「山梨 ホタルツーリング」ですが…
非常にイマイチな曇り空の下、思い切って出発してみました。けっこう不安でした。


予報によると、

今日(28日
東京(練馬)…終日曇り  山梨(身延)…午前中雨

明日(29日)
東京(練馬)…夜から雨  山梨(身延)…朝方に雨


こんな感じでした。てことで、現地での一泊を諦めて「根性の日帰り」に変更。
荷物もコンデジとレインウェアぐらい、ひたすら軽装で臨みます。



出発 正午過ぎ
e0183804_4392813.jpg


いつ雨が降ってもおかしくない様な空の色
e0183804_435718.jpg




立川の辺りで小雨が。(気付かない程度ですが)
e0183804_4395972.jpg


日野駅を過ぎると一気に山の中
e0183804_4402041.jpg


国道20号、雨も上がり心地良い空気でした。
e0183804_5155153.jpg


高尾山を過ぎ、神奈川県へ!14時半過ぎです。
e0183804_4412446.jpg


このドライブイン、営業してるのを見たことが有りません
e0183804_44153100.jpg


ここで休憩しながら携帯より更新。少ない交通量と適度なアップダウンのためか、
ロードサイクルがビュンビュン通ります。自転車が余裕で車を抜かしていました。

すぐに山梨県へ入りました
e0183804_4421641.jpg



「日本三大奇橋 猿橋」という看板を発見。すぐ近くだったので寄り道してみました。

e0183804_442524.jpg


橋はとっても風情が有って良いんですが・・・


    ∩_∩     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
   / \ /\   < すごい微妙感を感じる。今までにも見てきたイマイチ感を。       >
  |  (゚)=(゚) |   < 橋・・・なんだろう架けられている確実に、着実に、相模川の上に。  >
  |  ●_●   |   < 的外れな期待はやめよう、とにかく歴史を味わってみようじゃん。   >
 /        ヽ  < 他県の川の上にも2橋の仲間がいる。決して1橋じゃない。      >
 | 〃 ------ ヾ |  < さあ戻ろう。そして時計台とかを思い出そう。               >
 \__二__ノ  < 観光バスや看板で賑わって見えるけど、絶対に流されるなよ。    >
              YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

■元ネタ参照


と、まあ、橋は素晴らしいんですよ。趣もあるし、渓谷の眺めも素敵だし。

e0183804_443434.jpg


e0183804_444877.jpg


ただ、周辺の雰囲気がね…暗いし淋しいしうらびれてるしって事でして、ほんと。


道の駅 甲斐大和にて休憩と更新。
e0183804_4442620.jpg


道の駅 とよとみ。数年前にベンチで仮眠を取った事を思い出した。
e0183804_4444884.jpg


納豆の自販機…ちょっと凄い根性だと思った。
e0183804_4453682.jpg


出発から150km程走って、給油。
スタンドの爺ちゃま「ホタルねえ、まだいるとは思うけど。最近天気も悪いし寒いしねえ」
不安になるも、ホタルのよく飛ぶ場所を教えていただきました。

一色川への橋。この先が件のスポットだが、まだ明るすぎる
e0183804_4462718.jpg


先にこっちへ。温泉街を抜けると湯町ほたる公園があります
e0183804_4473894.jpg


e0183804_448448.jpg


19時前に到着したホタル公園。交通整理まで出動している。
話を聞くと、麓の宿からマイクロバスがわんさかやって来る、との事でした。
まだシーズン中という事だろうか。勧められた掛け流しの足湯でリフレッシュしながら更新。


20時手前、ホタルがふわっと光るのを確認


ご使用のモニターを拭いてから御覧下さい!
非常に微妙な写り方なので、場合によっては
スクリーンの汚れにも見えます(泣)


クリックで拡大します。

お手数ですが、原寸表示ではページが激重になるので
クリック前は320×240表示になっております。

よ~く探してみて下さいね。

e0183804_450287.jpg
見えます?画像中央の上部寄りの点なんですが…



e0183804_4512674.jpg


e0183804_452560.jpg
増えてきた!


e0183804_4525053.jpg


e0183804_4534677.jpg


e0183804_454656.jpg


e0183804_4543024.jpg


e0183804_4551370.jpg


e0183804_4554750.jpg


数年前に来た時より随分多い。適度な湿気と気温。この時期にしてはかなり良い状況だそうで。
充分 自分の目で楽しんでから撮影。ペラいIXYでも長時間露光で何とか撮れました!

その後は、スタンドで教わった一色川方面へ。ホタル公園から10分くらいの場所です。


ここは歩道が川から遠く、背の高い草にも遮られてよく見えません。ホタルも低く飛ぶ。
しかし、水田に映るホタルの光は、やはり見事。二週間前に"ホタル祭"が行われたそうだ。

e0183804_4562526.jpg


e0183804_4564036.jpg


シーズンど真ん中においては、何と百匹単位で飛びまわるそうです!!次は狙ってみようか。




いやーホタルはいつ見ても良いもんです。力強いカエルの声を背に受けながら帰路につく。

東京へは、脇目も振らずに突っ走りました。途中で小雨が降り出しましたが大事には至らず。

一気に到着!! 午前1時でした。

e0183804_4594145.jpg


往路 6時間半  復路 4時間ちょい
総走行距離 335.9km 燃費59.2km/L
 カブ優秀過ぎて怖い!


愛知の実家から車で20分程のところに、ホタルが舞いまくる田園地帯がありました。
観光スポットでもなんでもありませんでした。水路には幼虫とエサになるカワニナ。
突っ立っているだけで、何匹も止まってきました。鞍ヶ池までの林道にもいました。

夏の風物詩と称えられるのに、実際に天然のホタルを見るチャンスは、なかなか有りません。

暗い森も綺麗な水流も、田舎に行けばどこにでもありそうですが、実は無いみたいですね。

北関東辺りでは、これからがホタルシーズンです。
見た事が無いというハイパー都会っ子達には特にホタル見物に出かけて欲しいものです。
ファイナル蛍チャンスのタイミングを調べておけば大丈夫!

闇夜の森にフワリと浮かぶ緑の光は、幻想的という言葉が安っぽく感じられる程です。

これから毎年、初夏はホタルを見に行こうと心に決めたツーリングでした!!
[PR]

by t-r-cub | 2010-06-27 23:59

<< スーパーカブで帰省ツーリング ...    久しぶりに再会  >>