カブ90で行く!奥多摩 廃墟 探訪記その2 ~未来・宇宙編~  

前回からの続きです。



予想だにしなかった雪山トレッキングを終え、鳩ノ巣駅に戻ります。

次の目的地は「奥多摩湖ロープウェイ」、正式名称:川野ロープウェイ
奥多摩周遊道路方面へ向かいます。


腹ごしらえの為に立ち寄った、東京最西端のコンビニ。

e0183804_20512815.jpg





奥多摩周遊道路の旧料金所のそばに、錆色をした巨大な鉄塔が立つ。

e0183804_20525369.jpg


ロープウェイ三頭山口駅だ。

e0183804_20531835.jpg


脇の階段を登るのだが、雪に埋もれた斜面はなかなかの難所。

e0183804_20534494.jpg

e0183804_20541473.jpg


全景が見えてくる。

e0183804_20544736.jpg


既に2組の先客がいる。都内のわかりやすいスポットなので人気。

中に入ると、意外にすっきりとした内装が迎えてくれる。

e0183804_20551452.jpg


e0183804_20553457.jpg


e0183804_20555095.jpg



 .__
し| ゚Д゚| 配電盤だよ。
 |__|フ
  | |


e0183804_20574952.jpg


昭和の描く近未来ってこんな感じだったと思います。
e0183804_20581068.jpg



機械室という札の付いた部屋の中には、機械然とした内容物。

e0183804_20593583.jpg


巨大な調車。

e0183804_20595860.jpg


e0183804_2101292.jpg


e0183804_2103194.jpg


e0183804_213733.jpg




この駅のアイドル、ゴンドラの「みとう」。

e0183804_21431.jpg


50年近くワイヤーにぶら下がっています。
e0183804_2163568.jpg



寂しそう、物哀しい、という感情を超越したこの表情。

e0183804_2165354.jpg



屋上の様子。

e0183804_2171941.jpg


対岸には片割れの「川野駅」があり、生き別れの「くもとり」がいる。

e0183804_2194856.jpg


真っ直ぐに見据える。

e0183804_21124839.jpg


e0183804_21171862.jpg


記録の上では1962-1966年の4年間の稼働。

44年間、向こう側のくもとり君とすれ違っていないことになる。

e0183804_21202668.jpg




次回、対岸の「川野駅」編。

続きます。
[PR]

by t-r-cub | 2010-02-09 21:28 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://cubbike.exblog.jp/tb/12120710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikiーK at 2010-02-10 07:26 x
ロープウェイいいですね!
私が行ったのは真夏だったので蚊がすごかった(笑)
配電盤君がキュートです☆
Commented by t-r-cub at 2010-02-10 23:46
>>miki-kさん
初冬~春先までがシーズンですね。鉄塔には巨大なスズメバチの
巣がありました。以前の倉沢というところにもありましたし、蚊、蛇
毛虫なども危険ですよね。
配電盤は明らかに顔でしたよ。
Commented by 某廃墟ファン at 2010-02-11 22:00 x
次の最後の記事まで見事にドラえもんタイトルを貫き通しましたね(笑)
白黒写真が切ないですね。ゴンドラが未だにぶら下がっているのは、造りがしっかりしているからなのか、その技術には驚きです。
コンクリ系の廃墟は長く残ります。木材系とは違う雰囲気も好きです。
Commented by t-r-cub at 2010-02-12 00:31
>>某廃墟ファンさん
新ドラを快く思っていない私はドラえもんファンを
名乗る資格もありませんがね。
ワイヤーのテンションをコンクリの重石で保っていたのは
驚きでした。それともそれが一般的なのかな?
木造の廃屋も減ってるんでしょうねー。
コンクリで、鉄塔やら動力機械やらと撤去するにも一苦労でしょうね。
解体が先か植物に飲まれるのが先か、どっちでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< カブ90で行く!奥多摩 廃墟 ...    カブ90で行く!奥多摩 廃墟 ... >>