奥多摩ツーリング~廃墟探訪、廃鉱と倉沢集落~  

奥多摩方面にツーリングに行ってきました。
何だかんだで、冬のツーリングは初めてだったりする。
風邪が治ったばかりだというのに。



一月程乗っていなかったせいか、エンジンのかかりは最悪。
危うく冬眠モードに入るところだったようです。。。

天気は良い。空も青い。

e0183804_0262867.jpg



奥多摩は都内とはいえ最近はもっぱら氷点下をマーク。
3日連続で快晴だったため、残雪のリスクもある程度回避できる

・・・はずだったのだが。



あまりの寒さに上下レインウェアを着込む。
渋滞気味の田無を抜け、約2時間半。


奥多摩のシンボル(と、勝手に思っている)奥多摩大橋。
e0183804_0265251.jpg


日陰には雪も残る。
e0183804_027760.jpg



現役トロッコ。
e0183804_0275138.jpg



休業する鍾乳洞。真っ白は充分見てきたよ。
e0183804_028785.jpg



巨大な工業施設。
e0183804_029685.jpg


今回は以前から行きたいと思っていた"倉沢集落"を目指します。


(今回のツーリングでは、廃村:倉沢集落と、倉沢の廃鉱、
 廃墟:奥多摩ロープウェイを目標に出立したが、ロープウェイは
 不確かな位置&道路事情で断念せざるを得なかった)



e0183804_0292975.jpg


カブでバス停:倉沢 に到着。

その後は徒歩で倉沢のヒノキに向かいます。

階段があるのは最初だけ・・・。
e0183804_0295922.jpg


分厚く積もった落ち葉と岩の道を残雪が覆う、厳しい斜面。
e0183804_0312252.jpg


The path coverd with snow is SHINDOI・・・.

e0183804_033439.jpg

e0183804_034088.jpg


中間のベンチ。ここぞとばかりに積り倒す雪。


15分ほどトレッキングさせられ、やっとヒノキのお出まし。
e0183804_0343884.jpg

ここまでの地面を見る限り、数日は誰も訪れていないようだ。


都内有数の巨木でして、5mのところで派手に枝分かれ。


熊野古道もびっくり、木漏れ日の獣道。

e0183804_0351141.jpg


ここから更に登ると・・・。

って道が無いので全くわからず当てずっぽうに斜面を登る。
滑る足元、掴むと折れる枝や根、ハードです。

その後、完全に迷い、1時間も登山に費やした・・・。

なにやら見えてきた。
e0183804_0375826.jpg


橋の残骸だ・・・。

谷の上、5~6m程。落ちたら洒落にならない、岩だし下・・。
野生の鹿が山頂付近で白いお尻を向けて走り去った。

何とか渡ると一気に開けた場所へ。
e0183804_0384385.jpg


作業所跡だ。

陽は照っても、氷は分厚い。
e0183804_0401810.jpg


e0183804_042431.jpg


巨大なわっか。かつては半分同士ペアを組んで太いワイヤーを
力強く巻き上げていたのだろうか?

e0183804_0432960.jpg


人より大きなタイヤ。175cmの僕と比べて2mは固い。

接続部品の陳列棚。

気になるのは、役目を終えて今に至るのか、それとも
何にもつながれすにここに居続けたのか、ということ。

e0183804_044976.jpg


シーリング跡も、レンチの跡も無いが、そんなの手がかりにもならない。


骨組みと、申し訳程度のトタンが残るだけの橋。
e0183804_0451471.jpg


ダイヤル式。古くなったのはボディと方式の両方だった。

e0183804_0455585.jpg


e0183804_0461875.jpg


人が去ったら新たな居住区として利用される。

夏じゃなくてよかったーーー!!こええええ!!

蜂怖すぎ。あいつらはイかれてる。怖すぎる。


ガードレールが2本。
e0183804_048844.jpg

30分ほど斜面を這いつくばって登ったが、何もない。


皮肉にも太陽が見事な南中高度を記し、雪の中で汗をかく。
e0183804_049379.jpg


暑いけど冷たくて寒い。汗で冷えるし、次に行きますか。


■続き をup致しました。



※ここまでたどり着くのは大変で、危険で、グレーです。
 下の方には稼働中と思しき施設もあります。
 また、炭鉱内部には不用意に近寄らないことが懸命です。
 結構な確率で死にます、坑道は立ち入り禁止だし。



長いので分割。次回は倉沢集落編です。



今回から一部の写真を最近手に入れたデジタル一眼レフで
撮影しています。IXYも持って行ってますが、まあ練習がてら。

コンパクトデジカメでは出来なかった撮り方が可能に。
まだまだ使い始めのPENTAX K10D ですが、楽しいです。

でも、持ち運びは大変です。とくに今回はきつかった。



[PR]

by t-r-cub | 2010-01-16 01:02 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://cubbike.exblog.jp/tb/11970440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikiーk at 2010-01-16 15:35 x
初めまして。検索でたどり着きましたが、廃墟いいですね~!ロープウェイは湖の反対側の車線?の階段登ったとこにありますよ☆
ちなみに私もK10ユーザー(笑)
Commented by 某廃墟ファン at 2010-01-17 10:39 x
倉沢を登りきったとは!お疲れ様でした!!
装備なしにあそこまで登るのは登山経験があっても
装備なしでは厳しかったのを覚えています。
倉沢集落とは違い、反対側の鉄鉱作業所へは斜面も急だし、道が無いので木と崩れやすい岩に苦しめられますし、何より、あの橋を渡ったのですか!?!?
多分下は崖というより「水の少ない滝」なので落ちたらひとたまりもないですよねコワー
この記事はおそらく倉沢に関してweb上で現時点の最新情報でしょうね。
ロープウェイもオススメですし、他の廃墟廃村にも是非脚を伸ばしてみてくださいね!(HPとかなくてすみません汗)
Commented by t-r-cub at 2010-01-17 16:05
>>miki-kさん
レアなおかたですね~こんなひっそりブログに辿り着くとはw
ロープウェイは道路の旧料金所の脇だそうですね。
階段とは盲点でした…。てっきり派手に湖を横断するのかと。
貴重な情報THXです、ちなみにK10を今回初めて持ち出した程の初心者ですが、ほんと楽しいですね~!
ブログの画像はかなり縮小しているのでアレですが。
Commented by t-r-cub at 2010-01-17 16:15
>>某廃墟ファンさん
あの作業所は感動的でした!!
山をズルズル登って、獣道を曲がると急にあの景色ですからね~!馬のしっぽのような雑草が印象的でした。
ちなみに難関ポイント「橋」ですが、近くの枝と石で足場を組んで岩から登りました。
倉沢集落は有名ポイントですが、作業所跡にいらした方はあまりいないので書き込み頂けて嬉しいです!
集落編は先程upしました。3日天下の最新情報ですが?チェックしてみてくださいね!八幡平の松尾鉱山にも行ってますんでそちらも是非☆
http://cubbike.exblog.jp/11015490
八幡平の廃墟編

おかげで廃墟熱が再燃しましたw
Commented by mikiーK at 2010-01-18 00:16 x
どうしても縮小せざるを得ませんよね~…下手したら一枚10メガくらいあるし。
なじんできたらフィルターとか広角レンズに手を出しちゃったりして☆
Commented by t-r-cub at 2010-01-18 00:27
>>miki-kさん
おお、僕もちょうどリアルタイムでコメント中でしたw
ここのエキサイトブログでは500kB以内に収めないと
いけないんですよ。あまりにでかいと見にくいし重いしで。

望遠レンズはパパスから一緒にもらったのですが、
広角レンズ(むしろ魚眼?)が気になっているところですが、
一眼のレンズってなぜこうもお高いのか…。

でも。はっきり言って、レンズ欲しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 奥多摩ツーリング~廃墟探訪、廃...    日本一周&キャンプツーリング ... >>