ちょっと日本一周してくる。 

というわけで、勢いにまかせて日本を一周して参ります。

バイクはHONDAの誇るスーパーカブ90DX。
外装はいろいろと手が加わっていますが、エンジン系統は
いたってノーマル。スプロケやキャブの設定もノーマルのままです。




バイク歴。

高校卒業あたりに初めて購入したリトルカブ。

e0183804_20511373.jpg
初ツーリングの出発時。バッグは昔、楽器の展示会で頂いた物


大学進学で上京。リトル君はもっぱら通学専用でした。
2006年、初めてツーリングというものに出かけました。
場所は奥多摩。

それを機にツーリングにはまってしまいます。
奥多摩、秩父、群馬、長野、山梨、新潟その他に出かけました。



急な上り坂、山越え。さすがにパワー不足を感じます。

リトルカブも、ド☆ノーマルだったのです。3速。
山の中の上り坂、時速10kmがやっとだったり。

そこで考えたのがボアアップです。

要はエンジンに手を加えて50ccから75ccとかに排気量をアップしてパワーを上げます。
しかしそんな技術やノウハウも無ければ、お金もかかります。

第一、50ccを超えると二輪免許が必要になります。
(原付免許や車の免許では乗れません)

どの道、原状ではこれ以上のものに乗ることは出来ないので
とりあえず免許を取得しました。これで400ccまでOKになります。

一時期はスズキのスカイウェーブが気になっていましたが、
カブに乗りたいが為に取得した免許だ!カブに乗らないでどうする!
と、カブ熱がバーニングした。


池袋のバイク屋さんで、カスタムされた中古のカブを購入。

こんな感じ。

e0183804_2050967.jpg


某有名ショップのモデルが基になっている様です。ここっぽい。

画像ではシートカバーやくくりつけたバッグなどで見えませんが、
シートは前後ともにキャメルカラーのレザー。(可愛いんだコレが)
明らかに"カントリー"を参考にしていますね。かっこいい~!


90がうちに嫁いできてから行った場所は、
リトルで行った場所に再び行ったり、飛騨、愛知、山形などにも
足を伸ばしたりしました。


主なカスタムポイントは、バーハンドル、タンデムシート、
カットレッグ、フロントキャリアくらいです。
スタイリッシュです、さすがに。

その後は有名なカブパーツ専門店「アウスタから、
ベトナムキャリア(通称ベトキャリ)、ミディキャリア、ナンバープレートベース
などを取り付け、工具入れやバッグを工夫して無理やりつけました。


あとは今回の日本一周にむけて、ハンドルブレースを取り付けました。
ナビを搭載するためです。ガーミンのnuvi205という、
比較的安価なポータブルナビです。取り付け方は■コチラ■

先立ってバッテリーからシガーソケット電源を取っています。
ニューイングというメーカーのもので、取り付けも簡単。ヒューズ内蔵。
ケータイやデジカメも充電できます、一応。

最近テールランプのユニットが逝ってしまったので、バイク屋にて
交換。なぜかテールがクリアタイプになっていました。
以前の赤は自宅で冬眠中。

どうやらテールがクリアになるのは何かの因縁があるようです。
以前のリトルもテールが割れてしまい通販で探したらクリアしか無かったので
赤い電球とクリアカバーを購入したことがあるので。

カスタムのまとめは■コチラ■


以前からやってみたいと思っていた日本一周・・・。

そんな感じの車体で挑戦します。
[PR]

by t-r-cub | 2009-07-24 20:55

<< 準備編         現カブ90DXと前リトルカブ ... >>